スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗面所の計画

  • 2008/12/16(火) 02:57:09

この間の土曜日の打ち合わせで、結構いろいろなことが決定されました。これにより、トトロの家の細かい部分が見えてきました。2回にわたりキッチンを除く水廻り、つまり洗面所とトイレの設備などを紹介します。

まず、今回は洗面所。夫の強い強い希望でダブルシンク(または2ボウルとも言う)となりました。朝の混雑が許せないそうです。収納アドバイザーの芳賀さんたちからは、必ずしも2ボウルは必要ではなく、カウンターだけ広くして1ボウルでも良いと言われましたが、夫は2ボウルに固執。

私は2ボウルではなく、幅100センチぐらいの大きい洗面ボウルを提案しましたが、ーこれからは汚い話になるのでご容赦をー隣りで「ガーぺっ」としたブツが1つしかない排水口目指して流れていくのを見るのが嫌なんだそうです。

じゃあ、テレンス・コンランの本にも紹介されていたようなコンクリートの打ちっ放しの洗面台をオリジナルで作ってもらい、排水口も2つにしてもらえばいいじゃんと新たに提案しましたが、トトロの家には合わないと却下。

で、夫が選んだものがこれ↓。大サイズを注文したところ、結構な大きさで洗顔は全く問題なさそうです。
白ホタル
このボウルでの夫なりのこだわりが、オーバーフロウ排水口とでも呼ぶのでしょうか。貯めた水が溢れ出ないようにするための上部に付く穴。これがない点です。普通は床が水浸しにならないようにつけましょうとなるのでしょうが、夫はあの穴に黒カビなどが発生し、しかも排水口付近は掃除できてもその奥は汚れたままというのが許せないんだそうです。ま、これはそれぞれの家庭の使用方法によっても賛否が分かれるところでしょうね。参考までに夫の意見を紹介しました。


そして水栓が、以前キッチンのところでちらっと言及したキッチン用水栓のもの。
水栓 TKF51PR
この水栓を1つは洗面ボウルの向こう側に設置し、もう1つは横に設置します。横に設置するのは子供、ひいては低身長となる次男の手が届きやすいようにという考えです。


なぜキッチン用水栓を洗面所に持ってきたか? 一応理由がちゃんとあるんです。
当初工務店から提案されていた洗面ボウルと水栓の組み合わせはこれ↓。
TOTOの洗面ボウルと水栓

私たちは最初この水栓の根元に水垢がたまることがイヤで、壁出し水栓も考えていました。が、結局はおしゃれな壁出し水栓は価格が高過ぎて却下。で、夫の選択の白ホタルになりました。

そこへ工務店の社長から「こういった置き型のものは水栓の位置や種類によっては、掃除が非常にしにくいですよ」という指摘がありました。確かに考えてみれば、ボウルに直接水栓を載せられないということは、通常はボウルの後ろに水栓が来ます。→用事が終わり濡れた手で蛇口を締めようとすると、必然的に水はボウルの後ろに垂れます。→ボウルの後ろは普通は狭いスペースで掃除がしにくい。工務店提案のものより掃除がしにくいじゃん!

そこで、水栓の開閉が奥ではなく、ボウル上になるあのキッチン用水栓と相成った次第です。ここで1つ問題が昨晩判明。水栓の高さが頭を入れるのに十分ではなさそうだという点です。夫は寝癖がひどいので、毎朝のお湯かぶりが必須です。水栓にシークレットブーツを履かせる案も浮かびましたが(可否はともかく)、あまり吐水口の位置が高いと水はねがひどそうですしね。う~ん。TOTOのこれ(シャンプー水栓)になるんやろか。


以上、マモ家の洗面所におけるこだわり?の紹介でした。ちなみに、「台所は君の好きにしていいから、洗面所は俺の好きにさせて」という一言で、洗面所は夫の領域となっています。ま、結果的には白ホタルも定価30,000円のところを22,000円で購入できましたし、天板は無垢板を工務店が譲ってくれると社長自ら約束して下さったので、結構節約できました。以前TOTOで洗面ボウル&カウンターをやはり2ボウルで見積もってもらったところ、定価で50万円近くてびっくりしましたもの。ま、見るからに高そうなクリスタルカウンターでしたけどね。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。