スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン計画 その設備

  • 2008/12/12(金) 14:48:58

予定されているキッチンを紹介するシリーズも今回で3回目となりました。正直なところ、目玉である本体とミーレの食洗機の紹介が終わった今、あまり大したことはないのでつまらないとは思うのですが・・・。

簡単に羅列しますね。
レンジフード: 
富士工業 NSR-3M901
富士工業 NSR-3M901

あるいは

アリエッタ BET-902S
アリエッタ BET-902S
富士工業のものは一番オーソドックスなタイプです。アリエッタは中身は富士工業でも一応イタリアデザインを謳っています。やはり富士工業の NSR よりは格好良いです。その分お値段も3万円少しアップです。ちなみにアリエッタはアリアフィーナの妹版だそうです。


コンロ: 
ハーマンのコンロ
ハーマン 60センチ幅 DW371WASKST 
写真の商品と品番が違いますが同じものです。DW で始まる商品は新規購入用で、C3Wで始まるものは取り替え機種だそうです。でも中身は同じ。

コンロも凝り出すときりがない部位ではあります。最初はリンナイやハーマンが最新機種で売り出している丸いボタンのものが素敵と思っていましたところ、他に機能があるとは言うもののそれで30万超の定価はきつく、最後は温度調節ができ、グリルが両面焼きであるという2点の機能に絞り込み、上記の機種となりました。
夫はハーマンの +do という商品に惚れました。確かに五徳は頑丈そうだし、ステンレストップだしで、いかにも実用本意で男心をくすぐるものではあります。でも点火つまみが上部にあるって汚れやすいのでは?と心配になる妻です。


水栓: 
水栓 TKF51PR
TOTO TKF51PR ミキシング混合栓(先端開閉式)
水栓も国産品から輸入品までありとあらゆるものに目を通した気がします。当初は格好良い壁出し水栓を求めて輸入品に走りましたが(国産品の壁出し水栓って垢抜けないものばかり!)、結局子供たちが台所に立つことを考えた時に、壁出しだと蛇口が遠すぎると思い、やめました。上記の商品だと開閉栓が手前についているので、背の低い次男でもあまり苦労せずに使えるのかなと。自動水栓も一時は考えましたが、そこまでする必要もなかろうと。

そして、蛇口の先端がホース状に伸びるタイプも当初は希望でしたが、シンクが65センチと大きくないので、あれば便利ではあるけれど、必須ではないと判断しました。国産品のホースタイプは先端がプラスチックやゴムなどで黒くなっているのもデザインとして許せず、かといってデザインに優れている輸入品は水がホースを伝って下にたれるとかで水受けなるものが必ず付いていて邪魔です。

・・・という次第で、先端クリックの上記商品に決まったのですが、ここにきて心変わりが生じています。というのも、この水栓を夫が洗面所に使うことに決め(洗面所は夫の領域なので、夫に決定権あり)、なんだかキッチンとかぶるのがイヤになってきた妻です。で、ARWA の水栓がいいなあと。トーヨーキッチンでも「USAGI」という名称で採用されているあれです。価格はTOTOのものの2倍以上するのが悩みどころですが・・・。

そうそう、オーダーキッチンだとトラップ(恐らく排水升のことだと思う)の形状も選択できるのですよ。最初はオーソドックスに床にまっすぐ下ろす形のものをお願いしていたところ、これだとシンク下にゴミ箱などがきちんと収まらないかもしれないということで、横引きのものを提案してもらいました。ただし、この横引きは垂直に下ろすものと比べて瞬間排水量が少なく(形から想像はできますよね)、一度に大量の水を流すと逆流と言いますかゴミ受け皿とかが浮く感じになるのだそうです。それを了承した上で使って下さいと言われました。ま、一度に大量の水を流すのってパスタを茹でた後のお湯を捨てる時ぐらいしか思い付かず、少しずつ流せば問題ないだろうと判断しました。

シンク: シゲル工業
当初は松岡製作所というところの手作りもので見積もりされていました。が、一番価格を落としやすいところでもあったので、上記の既製品となりました。シゲル工業も既製品とは言え、ステンレスの厚みは1ミリありますし、下手なシステムキッチンよりしっかりした造りだとクニナカで請け負ってくれています。この辺りはお任せというところ。

ステンレス製品ではトップの品質を誇っていた辰巳工業の廃業はこういったオーダーキッチンの会社には大きな痛手のようですが、クニナカの弥生さんによれば手板金の松岡製作所も辰巳工業に劣らない仕事をする会社だそうです。予算に余裕のある方は是非どうぞ。


以上です。おっと、実は最後にもう1つ紹介したいものがあるのです。まだ見積もりは貰っていないので価格次第では却下になる可能性は高いのですが、一目惚れしたものがあるのですよ。でも、またまた長い記事となってしまったので、それは次回にしたいと思います。「一体どれぐらいキッチンで引っ張るつもりだ~!」という方は、逆説的に拍手ボタンをクリックして頂けますと、嬉しいです。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

今日も読み応えのある内容ですね~。
予算に余裕は全然ないですが松岡製作所のサイトを見ていーなーなんて思っていました。エッジのきいたシャープな形のシンクを希望しているので、オーダーでしか無理なようです。
最近のコンロは本当にすごいですよね。IHに対抗するためにどんどん新しい機能なども出ていますが、私も温度設定と両面焼きの機能があれば充分だと思います。
一目惚れの品早く教えてくださいね~。

  • 投稿者: さちらん
  • 2008/12/12(金) 21:20:32
  • [編集]

** さちらんさま **

毎度のご訪問ありがとうございます。今日はまともな時間帯の投稿だったので、ちょっと安心しました。

松岡製作所、いいでしょ~。トーヨーキッチンと同じような2D、3Dシンクの写真を見付けました? 私は実はあれと同じものの見積もりを頼んだのです。が、手板金でもともと高い上に、このオプションの増額もなかなかで早々に諦めた過去があります。

ガスコンロの選択基準が、元プロの方と同じで嬉しく、ひとりでニヤリとしてしまいました。

一目惚れの品は明日アップの予定です。でもこんなに煽ってしまったので、がっくりするかもです。期待しないでいて下さい。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/12/13(土) 01:19:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。