スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定するということのプレッシャー

  • 2008/12/03(水) 21:29:15

いやー、皆さんは当たり前のようにしていることなので、取り立ててトピックにするようなことではないんですけどね・・・。でも私にとってはかなりきついというか大変なことで・・・

何がって、決断することです。現在トトロの家づくりは決定することが目白押し。

今週末までに決めなくてはいけないことは以下の通り。
・床板
・洗面台と水栓
・床暖房敷設場所 → 給湯器(号数など)
・下地補強の場所
・照明器具(ダウンライトなど工事が必要なタイプのみ。場所など)
・屋根(ガルバリウム鋼板)の色

これらと平行して、工務店が配線図を検討してくれているのでコンセントや分電盤、LAN配線なども近いうちに決めなくてはなりません。また、大きなところではキッチンのつくりなど。これはまあ、クニナカさんの力を借りて何とかまとまりつつありますが。

つい最近はサッシ窓を決めました。で、昨日になって台所の窓の位置と種類を変えたいと思い立ち(低い所から高い位置へ。それに伴い、外すべり出し窓から引き違い窓へ)、今朝一番に工務店に連絡を取ったのですが、サッシ窓は既に搬入されているそうで(この間決めたばかりなのに、もう?!)、位置の変更はできてもモノの変更は無理となりました。

十分悩んで下した結論のはずなのに、やはりあれこれ迷いが生じたり、「やっぱりこうしたい」という思いが出たりします。これまでは、「変更しても紙の上のことだし、図面を書き直しすればいいや」という具合にいきましたが、そうはいかない地点までとうとう来てしまいました。いつの間にやら家づくりは進んでいます(当たり前の話なんだけど・・・)。

目に留まる家などについて夫とあれこれ好き勝手な感想を述べてみたり、自分の家の空想を勝手に極限まで広げていましたが、いよいよ現実の到達点を決める時です。この決定が今後の住み心地を決めるのかと思うと、本当にプレッシャーで、ものによっては胃も痛くなる始末です。今週いっぱい、夫と連夜の会議が続きます。皆さん、この道を通ったんですね。えらいなあ。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

オーダーキッチンにされるんですね!良かった(^O^)
やはりトトロの家にメーカーのキッチンは何か似つかわしくない気がしていました。楽しみです。

私は給湯器を中心とした設備機器メーカーで10年ほど勤務してました。フルオートではなくオートタイプで十分だと思いますが、号数はやはり24号にしておいたほうがいいかと。
床暖房は、主暖房として使う場合は部屋面積の7割の敷設が必要です。あまりたいしたアドバイスは出来ませんが頑張ってください。
決断…ドキドキしてきました!

  • 投稿者: さちらん
  • 2008/12/03(水) 23:07:19
  • [編集]

** さちらんさま **

オーダーキッチンでも私たちのセンスが問われるところで、これまた各種の細かい決断に胃が痛くなる思いです。キッチンがあの家にどうはまるのか、まだうまく想像できないんですよね。それって失敗への道筋のような気もして・・・。

我が家は薪ストーブも設置する予定なので、床暖房は一応サブの暖房となるはずですが、いかんせん低断熱・低気密の家なのでどうなることやら。給湯器は台所と床暖房用に16号1台と、お風呂(別棟)と洗面所用に16号1台を今のところ予定しています。この組み合わせで問題ないといいのですが。

さちらんさんのところは、設計士というプロ中のプロがついているのですから(我が家にも工務店の設計士さんが勿論いますけど、独立した設計士というものとはタイプ・仕事の内容が異なる気がします)、決断についてもそんなに迷わなくて済むのでは? 適切なアドバイスの存在って本当に大きいですよね。さちらんさんも頑張って下さいね~。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/12/04(木) 09:55:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。