スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軒天と化粧垂木の塗装、終了!

  • 2008/11/15(土) 23:16:41

16日(日)が締め切りと言われていた軒天と垂木の塗装作業が本日無事終わりました。
Mission completed !! と晴れやかな気分にようやくなれました。今日も弟に手伝いに来てもらいました。家族サービスが減って、奥さんとの仲が悪くならなければいいけど・・・と心配しつつも、切羽詰まった状況だったのでお手伝いをお願いしました。

結局、11月3日(月、夫婦&弟)、5日(水、夫が休みを取って夫婦で作業)、8日(土、夫婦)、12日(水、妻一人)、14日(金、妻一人)、そして今日15日(土、夫婦&弟)という作業時間となりました。

それにしても今週はコマのようにぐるぐると忙しい週でした。月曜日は長男の学芸会の衣装作成のため夜なべをし、水曜日と金曜日に子供を連れて妻一人で塗装作業に行き、その合間に子供たちは風邪を引いて、長男が耳が痛いと言うからすわ中耳炎かと耳鼻科へ連れて行き(結局おできだった・・・)、次男の咳が止まらずにお医者さんをはしごし、車も定期点検に出し、長男の七五三の準備もし・・・。ブログを更新する気力なんて全然起きませんでした。

えっと、愚痴はここまでとし本題に戻ります。
軒天の3分の2ほどを黒色に塗りましたが、残りの軒天と化粧垂木他は柿渋のみとなりました。当初は外壁の下見板を黒と決め、それに合わせるように軒天も黒に塗りましたが、下見板だけ黒にして、屋根材は全部柿渋色のみでも良かったのかなあと、終わった今は思います。ま、自分たちも少しは家づくりに加われたことは本当に良い思い出となるので問題なし。組み上がった後にどのように見えるのか、本当に楽しみで仕方がありません。

隅木(すみき)と言うのかな? 桁の上に乗る材にも柿渋を塗ったのですが、これがですね曲線を描いている材なのです。 ↓下の写真。つまりこの隅木で屋根の反りを出すらしいのですが、職人技は凄い! 写真だとこの反りがうまく写らないのが残念。ちなみに後ろに写っている材が化粧垂木です。
隅木


作業そのものも良い経験となりましたが、それに付随して面白いこともいくつかありました。まず、作業場が大工さんたちの隣りだったので、休憩をご一緒させて頂いて興味深い話を聞けたこと。本などでよく読むように、こういった手間暇掛けての家づくりは本当に少なくなり、またできる大工もどんどん減ってきていることを大工さんたち自身実感しているそうです。「今は弟子を連れている棟梁なんて見ないよなあ」ですって。

ある時は材木の話から棺桶の話になり、昔は今のように寝かせる棺桶ではなく、文字通り「桶」で、遺体を坐位で桶に入れていたこと。また、大工さんが子供の頃は海辺で薪を組んで火葬していたとか(ちなみに昭和20年代の千葉房総地域です)! 「桶が安物だとすぐ底が抜けて死体が落ちて来るんだ。子供心に怖かったよなあ」だそうです。インドのバラナシ*みたいな光景です。
*インドのバラナシ:ガンジス川流域にある有名なヒンズー教の聖地。遺体は河畔で荼毘に付され、灰はガンジス川に流されるのです。

次男だけを連れて作業をしていた日は、工務店の敷地内の草刈りが行われていました。せっせと化粧垂木に柿渋を塗っていると、「柿渋かぁ? 今時珍しいなあ。昔は漁師が網に柿渋を塗っていたもんだがなあ(網を丈夫にするらしいです)」とか「まーた、立派な垂木だなあ」と請け負い業者のおじいさんたちが草刈り作業の合間に見物しに来ます。一人で遊んでいる次男には「大将、ひとりでえらいなあ」とあめ玉をくれた方もいました。

・・・とまあ、いろいろな豆知識が増えました。たまに理解できない単語(方言)もありましたが、それは追々暮らしを始めるうちに勉強できるでしょう。

そんなこんなで、塗装作業に掛かり切りになっていた2週間でしたが、家の方も着々と進んでいました。私は合間を縫って現場に出掛けていたものの、夫はいつも作業が終わるのが日暮れだったこともあり、今日久し振りに現場を見ました。そして変わり様にびっくりしていました。
2008年11月15日
屋根瓦はとっくに下ろされ、野地板なども剥がされて、ほとんどすっぽんぽん。足場もいつの間にか組まれているしー。工事現場らしくなりましたね。瓦を下ろした作業の様子は、神明建設の業務日誌をご覧下さい。

軒天&垂木の塗装作業という大きな宿題を終えましたが、まだまだ休憩はできません。キッチンもいい加減決めなくてはいけないし、配線や照明もとても大切。寝不足の日が続きます。頑張ります。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お疲れ様でした。

きっといい思い出になりますね。

トトロの家もかなり工事が進んでいるんですね。丸裸にされて恥ずかしそうです。

照明のプランは面白そうですね。古家なのに現代的な照明なのか、やはり古家らしい照明にするのかでも迷いますよね。
いかにも楽しそうな作業、うらやましいです。どんどん悩んでください、そして楽しんでください。

季節の変わり目です。体には十分ご自愛ください。

  • 投稿者: ペンキ屋
  • 2008/11/16(日) 22:27:07
  • [編集]

** ペンキ屋さま**

いつもながらの優しいコメントをどうもありがとうございます。
ペンキ屋さんのブログ中の月参りの記事を読んだところ、親子写真が載っていましたよね。いかにも優しそうな雰囲気のお父さんで、毎度の気遣いのコメントにも納得がいきました。

塗装作業ですが、昨日トイレを借りに工務店に寄ったところ、塗り残しの部材があることが判明! 大した量ではなかったのですが、再度頑張る気力がなかなか湧いてきません(涙)。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/11/18(火) 08:24:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。