スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントに「建てます詐欺」になってます(涙)

  • 2008/04/10(木) 21:42:59

先日このブログを開設したものの、家づくりそのものがさっぱり進展せずに、これでは「建てます詐欺」になってしまう危惧を書きました。

その記事を書き終えてまもなくのこと。
自宅の電話が鳴ったので受話器を取ったところ、1秒にも満たないあの独特の間(ま)があり、「お、国際電話だ。でも誰だろう?」と思っていたら、案の定国際電話で、イエメンのホダさんからでした。

マモ家は2000年4月より3年間イエメンで暮らし、ホダさんはその時に一番お世話になった方です。イエメン人男性と結婚している日本人女性です。

で、ホダさんは開口一番、

「家づくりで忙しくしているんだろうけれど、手紙も電話もないから、どうしてるかと思って電話してみたの」。

さらに、「住所や電話番号もそろそろ変わるんじゃないの?」と追い打ちを掛けてきます。

ひょえーと思い切りばつの悪い思いを味わいました。

そして、昨日。再び電話が鳴り、聞き慣れない声に身構えていると、なんと新居予定先の幼稚園からでした。

そうなんです、妻は去年の9月にA社とプランニングを始めてから(結局A社とは年末に縁を切ります)、とっとと新しい幼稚園の手続きも済ませていたのです。だって、その時は普通に家づくりが進むものと思っていたんだもの(涙)。

長男は現在年中さん。引越するのはきっと今年の夏休み前と当時はにらんでいて、2年保育の途中入園は、2年保育の募集人員が少ないこともあり、予約の意味も兼ねて最初から申し込んでいて下さいと、転園先の幼稚園から言われていたのでした。

で、今回「その後どうなっていますか?」という電話だったわけ。

「引越予定は未定です」と答えるしかありませんわな。勿論、予定が立たないことの謝罪の言葉も添えて。

「建てます詐欺」の実質的被害が出始めて、いよいよ心中穏やかでない妻ですが、夫は「相手がある物事だし、その相手が動かないことには仕方がないよ」といたって冷静というか達観中。

そうそう、タイミング良くというか悪くというか、不動産屋さんから昨日電話が入り、

「売主さんはあの土地を売らないということでは全くないのですが・・・」と思い切り言い訳から始めるし。

要するにまだ売買契約の準備は整っていないと。一体どれぐらい時間が掛かるんだ!!

「他に良い土地ありませんかね?」と8割本気モードで訊きましたよ。

辛抱、辛抱。一休さんじゃないけれど「あわてない、あわてない」って自分に言い聞かせています。

↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。皆さんにとってもつまらない記事でしょうが、私自身一番つらく感じているはずです。申し訳ないです・・・。クリックにて応援して頂けるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。