スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古屋の再生を請け負う「神明建設」です =後編=

  • 2008/10/20(月) 09:36:58

そんなこんなの時期を経て、打ち合わせを重ねるごとにお互いの信頼関係を少しずつ築いてきたように思います。

・・・というのが前回のお話でした。

今日は、「どういう点で神明建設に対し信頼を持つに至ったのか?」ということを列挙してみたいと思います。

1.レスポンス(反応)が速い。
何か質問などをこちらがメールで送った時に、すぐに返事が来ます。その時すぐに我々が期待する答えを得ることができなくても、「しばらく時間をください」とか「○日までに返事します」というレスポンスが必ず返ってきます。

2.打ち合わせ及びやり取りの内容を必ず文書で残す。
一度、いくつかの質問を書いたメールを送信した後に、私から電話をしてその回答を聞いたことがありました。私としては返事のメールを書く時間も惜しいだろうと気遣ったつもりだったのですが、電話の後に電話と同じ内容のメールをわざわざ送ってくれました。これはやはり後々の「言った、言わない」事故を防ぐための基本であると再認識させられました。

3.本物を知っている。
皆さん日々たゆまぬ努力をされてきた(また現在進行中でもあるのでしょうが)結果だと思います。工務店側の知識と対比して、こちら側の無知さ加減に恥ずかしい思いをすることも多々ありますが、それでも軌道修正してもらえるのは有難いことです。さらに有難いことは、本物と言っても例えば何百万円もするような銘木とかではなく、私たちの力の及ぶ範囲内での本物を探し出して提示してくれる点です。

4.社長にカリスマ性がある。
これの善し悪しは見解が分かれるところだと思います。また相性というものもあるでしょう。私たちはこの社長に出会って運が良かったと心から思っています。若輩者の私たちが芯の通った家づくりに取り組めるのも、社長の存在に負うところが大きいです。さはさりながら、やはり個々の社員の方々の能力の高さが前提になっていることは当然です。

以上、少しは他の工務店の方々にもお役に立つ情報でしょうか?
上から目線的な書き方になってしまいましたが、勿論私たち施主も真摯で謙虚で誠実な姿勢が求められているのは間違いありません。家づくりに当たっての書籍・資料に10万円単位でつぎ込んでいる私は中途半端な知識を貯えていて、工務店側としては非常にイヤなタイプで扱いにくい客だと思うんですね。そんな私に根気よくお付き合い下さっている神明建設の皆様にひたすら感謝です。

工事が無事終わってから再び工務店との関係を総括してみたいと思っています。どんな感動の言葉、はたまた反省の言葉が並ぶのでしょうか? 私自身とても楽しみです。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、そのカテゴリーの他のためになるブログがたくさん出てきます。
「古民家再生」のカテゴリーが新しくできたんですね。そちらにも登録してみました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

分析結果?

是非!! 我が社の総監督お願いします!!・・・<m(__)m>


なにもかも お見通し・・・

  • 投稿者: オオカントク
  • 2008/10/23(木) 22:49:38
  • [編集]

** オオカントクさま **

いやー、すっかり偉そうなことを書いて恥ずかしい限りです。でも、信頼関係とはこういった小さなことの積み重ねなんだろうなあと思うこの頃です。

さて、これからオオカントクさまのところへお邪魔しに行きます。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/10/24(金) 00:21:40
  • [編集]

これ、本当に必要な事

しかし、改めて読ませて頂いて、ここまで事を分析して正しい事を

言える人が、はたしてプロの中にいるだろうか??

そう思ってしまうほど完璧な分析結果ですよ。v-87


よく セミナー等でかなりな経験者が経営者たち等の研修に用いられる

内容の言葉です。  本当です!!


さらにすごいのは、自己分析と相手の間隔を図りつつ ずばりと言い切る。

今度、現場での工務店側とのやりとりの 生の声など聞こえたら

リアルな現場の様子がわかり易いけど?・・・  いや 失言ですょ。

  • 投稿者: オオカントク
  • 2008/10/25(土) 21:11:05
  • [編集]

** オオカントクさま **

こんばんは。イヤー、褒め過ぎです。

「ずばりと言い切る」←これはアラフォーになった年齢のせいです。巷でいわれる通り、年を重ねるごとに図々しく断言するようになってきました(断言する根拠は薄いのに)。

機会があれば、リクエストを戴いた現場での生の声も中継してみたいと思います。打ち合わせの時は、私たち(といっても主に私が)「これってできますか?」的に間抜けな質問をし、担当者二人組が「う~ん」と答えかねていると、社長が「それはこの家には合いません。それより○○した方が良いと思いますよ」と鶴の一言を発し、夫がそれに賛同する。場がまとまる。この繰り返しです。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/10/25(土) 22:04:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。