スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバイバル・キャンプを実施

  • 2012/06/16(土) 22:51:47

月15日は何の日かご存知ですか? 普通は知らないと思うけれど、千葉県民は知っていなくちゃダメですよ〜。そう、「千葉県民の日」なんです、6月15日は。明治6年のこの日に千葉県が発足したようです。「だからって、学校まで休みにするのか! 怠け過ぎじゃん、千葉県民!」って、勤勉が売りの元新潟県民は思ってしまうのでした。

それはさておき、という次第で、千葉県の小学生はおよび大多数の幼稚園生も3連休となりました。たまたまうちのお父さんもお休みだったので、この3連休に何をしようかという話になり、結局キャンプとなりました。場所? 我が家の庭です。つまらないとも言えるし、節約できて助かるとも言えます。

テントと寝袋を購入したスポーツショップのお姉さんにも、「あら、キャンプなんて素敵ですね。どちらに? 海はまだ寒いのかな。山ですか?」なんて親切に訊かれたけれど、「うちの庭です」って答えました。お姉さんは一瞬面食らったものの「まあ、それも素敵ですね」って営業スマイルで答えてくれました。


でも学びと結びつける傾向のある私たち夫婦は、ただのキャンプではつまらないと、今回のキャンプを地震に遭った状況と想定しての「サバイバル・キャンプ」と命名しました。

つまりは、前回の記事でも述べましたように、地震遭遇時は夫がいない確率が高いので、母子3人でサバイブする必要があり、今回もできるだけ夫の力を借りずにテントの組み立てなどを行おうという主旨です。


ントは定員が4〜5人で、フロアサイズは300×250センチ。長男と私とで何とか組み立てられるぎりぎりの大きさです。キャノピーって言うんですか、雨よけがついた前室もあるタイプです。

↓ じゃじゃーん、夫の手伝いが半分ほど入ったけれど(今回が初めてなので仕方がないですね)、無事組み上がったテント。
サバイバル・キャンプ テント


↓ とりあえず寝袋にもぐってみる。私も子供も初体験!
サバイバル・キャンプ 寝袋


↓ 夫が購入しておいてくれたコンロを使って調理中。って、ごはんパックを温めているだけだけど。
サバイバル・キャンプ 調理

この食事のことで事件が発生。保管してあったはずの尾西食品のアルファ米ごはんがなくなっていたのです。我が家は広くないから、しまえる場所って限られていて、見付からないってことは捨てたってこと? いやいや、そんなはずはない。

まあとにかくお腹も減っていたので、普段はチンして食べるパックご飯を食べることにしました。電気は使えないという状況設定ですから、お湯で15分間ボイルします。子供たちは「ま〜だ〜?」って何度も催促。「電気って便利なんだねえ」と少しは理解した様子でした。

他に、鯖の缶詰とインスタントラーメンを食べました。子供たちは大喜びで、普段と違うごはんを食べていました。


インイベント3番目の就寝です。ちなみに、1番目はテントの組み立てで、2番目は食事。
寝袋は冬使用のマミータイプを選びました。6月にはちょっと暖かすぎかとも思いましたが、テントを閉め切らずに寝たら、ちょうど良かったです。

そして、文明人になり下がってしまった妻だけ、厚さ4センチほどのエアーマットを寝袋の下に敷いてもらいました。テント内に入ると私の寝袋だけ上がっているので、殿上人みたいで偉そうでした(苦笑)。だってさー、背中がゴリゴリして眠れないんだもん。

夫と子供はインナーマットもなく、家のシーツを敷いただけの所に寝袋に入って、もしくは寝袋を掛けて寝ます。夫は登山が趣味だからこんなことは何度も体験済みで問題ないとしても、子供たちから「でこぼこして痛い」などと文句が出るかと思いきや、全然気にならない様子で寝入ってしまいました。さすがは田舎っぺたちであります。

私はエアーマットのお陰で、テント下のゴツゴツを全然感じずに済みました。が、そのマットは幅が50センチ足らずなので、寝返りを思い切り打てないんです。マットから落ちないように、いや、落ちてもいいんだけど、夫もすぐ隣りにいるから迷惑を掛けないようにと、狭い場所でちょっとずつ寝返りを打つ動作ってすごく大変。熟睡はできませんでした。

それから物音。
テントの壁というか生地をカリカリと音を立てる何かが外にいたのが気になりました。でもあとは問題なし。普通の家に暮らしている人にとっては、やはりテント内はダイレクトにいろいろな音が耳に入ってきて気になるのかもしれませんが、マモ家はガラス戸1枚で仕切られただけのような家に住んでいるので、普段から物音には慣れているんです。5月の初めだと蛙の大合唱で、さすがにうるさくは感じるでしょうが、今ぐらいの時期は蛙も鳴かず、虫の声もあまりなく静かな夜でした。


〜。妻は当然のことながら、起き上がると身体が痛い。夫は慣れていると思いきや、久しぶりのテント&寝袋体験で、やはりちょっと身体が痛いとか。そうそう、寝袋、特にマミータイプの足がギュッと絞まっている寝袋はやはり慣れないと熟睡できないらしく、登山に行く数日前から家でも寝袋を使って慣れておくのだそうです。山では睡眠不足が一番良くないですからね。

うちの田舎っぺの子供たち? 元気そのもの。心配するだけ損ってぐらいです。ホントに子供のエネルギーとかパワーって感心してしまいます。


局今日は早朝からずっと雨が降り続き、テントの撤収ができなかったので、ずっと庭に張りっ放しでした。子供たちには絶好の秘密基地になり、暇さえあればテントにこもって2人できゃあきゃあ騒いでいました。といいつつ、梅雨寒の時には、あの寝袋のホカホカさが妻には心地良く、私も昼寝をしにテントに行ったんですけどね。

そして今晩。またまた子供たちがテントで寝たいと言い出し、「お母さんと一緒に寝たら?」と夫は振ってきたけれど、「いやいや、山を追想しながらまたあっちで寝て下さいよ。私は今日はちゃんと寝返りを存分に打てる布団で寝る」と夫に戻しました。という次第で、今私がこの記事を書いている現在、夫と子供たちは雨が降る中、庭のテント内で眠っています。お疲れ様〜。

家族4人でお金も掛からず、楽しく過ごせて、花丸の休日でした。サバイバル〜と名前を付けたからには、これから春夏秋冬と年に4回体験しておけば、いざっていう時に慌てずに済むな、とは夫の言葉。はい、これを今後のマモ家の年中行事に取り入れることにしましょう。そして、ついでに装備や備蓄品の見直しもできますね。よく防災の本に、やはりこういったキャンプの勧めが書かれていますけれど、実際に体験してみて頷くものが大いにあります。皆さんも是非どうぞ。


追記(6月22日):この記事を書いていた夜は雨天で、さらに夜中には土砂降りとなりました。雨音がうるさくて、テントから家に戻ってくるかなあと父子3人を待ちましたが、結局3人はテントで夜明かしをしました。子供たちは雨の音に全然気付かなかったんだって。大したもんだ。

夫は私がその前の晩に使っていたエアーマットの上に寝て、「いやー、使うと使わないとでは、天国と地獄の差だね」としみじみと言っていました。いやー、その地獄の床?で寝て、雨音にも気付かない我が家の子供たちって、ホントすごいねぇ!




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

池ができました

  • 2012/06/22(金) 12:01:00

しぶりの庭についての記事です。雑草が生え放題ということ以外、全然話題にならない我が家の庭。夫の頭の中には既にグランドデザインはできているようですが、ほとんどが老後の楽しみらしい。雑木林風にしてみるとかの希望もあるんだけど、今のスペースは子供たちがいる間は取っておきたい様子。実際、この間みたいなキャンプは、雑木林にしてしまうとできなくなりそうです。


、今回夫が動き出しました。金魚が大きくなり過ぎたので、水槽から池に移すことに決定! その池を自作することを決定!!


↓ 丸1日かかってつくり上げた完成品がこれ。
池 アップ

モルタルだとか生コンクリートを作る時に使われる「トロ舟」を池にしています。地面に穴を掘ってこの舟を埋めるだけの簡単作業かと思いきや(妻はいつものことながらノータッチ)、水平を取る作業が一番大変だったとのこと。水平じゃないと舟が傾いて水が出て行ってしまいますからね〜。

で、その一方で、四隅のうちの一角だけから水がチョロチョロと流れ出るように、微妙に角度をつけてあるのがミソとのこと。自慢げに語る夫だけれど、「なるほどね。ハイ、お疲れ様でした!」の二言で済ます関心のない妻でした。 

写真右下に金魚たちが見えますか〜? 鯉といいますか色の着いたフナにも見える正真正銘の金魚です。一番大きいヤツは唐揚げに使う豆アジよりは確実に大きいです。購入した時は女性の親指サイズの普通の金魚だったんですよ。我が家で飼われる生き物って、マモ(イエメン猫)といい、どうしてこう肥大化が激しいのでしょう。人間はみな細いんですけどね。


↓ 井戸から水が取り込めるようになっています。子供たちは「流しそうめんしようよ〜」と騒いでいます。
池 全体


↓ 玄関の近くに作りました。
池 全体

金魚たちにえさをあげるのは子供たちの仕事で、それは忘れられることはほとんどないんだけど、水槽の掃除は夫か私の仕事。先日夫が出張で長期間留守にした時、私が面倒くさがって掃除をさぼっていたら(「どうせもうすぐ帰ってくるし」と一日一日先延ばし・・・)、とうとうガラス全面が藻に覆われて水槽の中の金魚の姿が見えなくなってしまいました。

こうした玄関前ならば、人目につくこともあり、ずぼらな私でもちゃんと掃除をする気を起こすだろうという夫の策略です。さぁどうかなあ、私はイヤなものを見えないことにするの得意だしぃ。


まけ。
去年の失敗にもめげずに今年もグリーンカーテンに挑戦です。いや、本当はめげそうになったんですよ。夫も最初は「今年どうする?」っていう乗り気でないというか弱気な台詞でしたし。

↓ 去年はプランター植えだったところ、今年は地植えにしてみました。でもこの辺りの土壌は粘土質で、どうかなあって思うんですよね。勿論30センチほど掘り起こして園芸用の土は入れましたけど。
2012年6月 グリーンカーテン

左から、長男が学校から持ち帰ったひまわり(ネット脇)、ひょうたん2種、ゴーヤ、そして右端にイタリアンパセリです(何の脈絡もない取り合わせ・・・)。今年は謙虚に種植えではなく、苗を買ってきました。長男がどうしてもひょうたん水筒が欲しくて、今年こそとリベンジです。「お母さん、今年は花を摘まないでね!」ときつく言われています(去年の悲惨な話はこちら)。

我が家の動物は巨大化するんだから、植物たちも頼むよ〜!!




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

2012年6月のマモ家の生き物

  • 2012/06/23(土) 20:05:56

相変わらず有象無象の生き物に囲まれて暮らしているマモ家です。

本日はさくっとそれらの生き物を紹介しましょう。

↓ 糸とんぼ。きれいなブルーグリーンの体です。
イトトンボ

↓ おたまじゃくしから蛙になりたてのチビチビ蛙。ペットフードの粒と変わらない大きさです。
小さい蛙

↓ 尺取り虫。毛虫の類いは見付け次第速攻で抹殺するのが、この家の掟ですが、う〜ん、この尺取り虫は愛嬌があってなぜか踏みつぶせません。でも翌日には鳥に食べられちゃった。
尺取り虫

↓ スーツケースに鎮座する「一緒に連れて行って」と言わんばかりのマモ。あんたがいると荷物が入り切らないからだめ。
スーツケースの中のマモ


おまけ。
↓ 子供の背丈ほどに伸び放題の雑草。
生い茂る雑草

夫が出張で不在の間、敷地内のそこら中がこんなで、たまたま遊びに来た母が「無人の家みたい」と呟いたほどでした。写真ではブランコも雑草に埋もれていて、遊びにくる子供のお友達が「ブランコに乗れないから草刈りして下さい」と頼みに来ました。ごめんね〜。

↓ お父さんが帰って来て草刈りをした後、子供たちはなにやらこんなものを・・・。
子供自作の塹壕
秘密基地のようですが、あなたたちは自衛隊員ですか?




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。