スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブのありがたみと廃材

  • 2011/12/01(木) 21:57:35

今日の千葉県は最低気温が6度ぐらいで、日中も7度ぐらいにしか上がらないと聞いていたので、「今日は一日中蟄居だ!」と決めていました。実際は11度以上になったようですが。それでも雨も降ったりやんだりとすっきりしない天気が続きました。

今の時期のこんな天気の時には薪ストーブ様さまであります。暖房は言わずもがな、お湯は沸かしてくれていつでも熱いお茶を飲めるし、寒い田んぼ道を歩いて帰ってくる長男のために熱々の焼き芋を用意して待ってあげられるし、乾かない洗濯物も薪ストーブの脇に干しておけばあっという間だし。ストーブの上に鍋を置いておでんなんぞを作れば最高ですが、今日はおでん種を買いに行くのが面倒 > <; 。

今年の薪はちょっと変わり種です。
↓ わかります? 廃材です。ホゾとか仕口が残っています。
ストーブの廃材薪
前の家の納屋を壊した廃材です。我が家に声を掛けて下さいました。もう嬉しくてホイホイ戴きました。

さはさりながら、チェーンソーなどで切る作業の時に釘などが邪魔になるそうで、夫は難儀をしていました。それでも1月分ぐらいはありそうで、とっても助かります。廃材って名前は悪いけれど、材木として使われている間に20~30年も乾燥されているわけだから、とてもよく燃えます。無垢の木で建てられた昔の家ってホント無駄にならないのねと感心してしまいます。

今年は他に耕木社からも大量に戴きました。神明建設もそうなんですが、無垢材を扱っている工務店の端材ってヒノキとかあり、燃やす時にとても良い香りがするんです。ヒバなんかあるともう最高。部屋が森林浴状態。

今年は暖かい日が続き、初めて火を入れた日が11月も半ば近くでした。そんな次第もあり、用意してあるたくさんの薪が存分に残っています。去年は薪の入手にお金をかけてしまいましたが、今年はゼロかも!




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

ドイツ語検定1次試験結果

  • 2011/12/14(水) 20:04:51

日午後に、11月23日に受けた独検準1級1次試験の結果が郵送されてきました。長男が学校から帰って来て「お母さん宛てに郵便が届いているよ」と。予想よりも早い結果通知で、ドキドキしながら開封しました。妙に薄い中身で、2次試験についての案内が同封されていない気がして、ダメだったか・・・と思いながら。

結果は・・・






合格!


私の得点は100点満点に換算して69.82点。合格最低点は55.03点だそうです。合格最低点から見れば余裕の得点数だけど、やっぱり8割は取っておきたいところ。ま、合格は合格だし。ありがたく合格とさせて頂きます。

それにしても、独検事務局はお金がないのか、通知の紙は白黒の1色刷りだし、どの文字のフォントも同じで、合否結果がわかりにくい! せめて合格か不合格の文字を大きくしてほしいものです。


の2次試験(口述試験)は1月29日。ここ7年間話すとか書くというアウトプットを全くしていないので(ドイツ人の友人にメールを書く時ですら英語になっていたんです)、ちょっと不安。

2次試験対策コースを用意している語学学校もあります。さはさりながら、準1級は何かの専門的なトピックについて論じあうというようなものではなく、一般的な会話レベルらしいので、2万円近くするこの対策コースを取る必要があるのかどうか悩んでいます。なんて余裕をかましていると(別に余裕があるわけではないのだけれど、相変わらず「私の本来の実力であれば・・・」と過去の栄光にしがみついている部分があるのであります)、痛い目に遭いそうだし・・・。う~ん、とりあえず、今日からまたぼちぼちと勉強を再開します。


回もまた家とは関係のない記事ですけれど、このブログって遠く離れている友人たちへの近況報告代わりともなっていて、友人たちが結構気にしてくれているんです。ですので、個人的な話の記事もお許しを!




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。