スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わくわく広場と原発事故

  • 2011/08/12(金) 12:21:01

が家から自転車で5分程のところに「わくわく広場」という野菜の産直売りのお店があります。そこは安くて、そして産直とうたっているだけに新鮮な野菜が揃っています。朝採られたばかりのとうもろこしやたけのこが並ぶのですから、贅沢です。

↓ある日の買い物。
わくわく広場の野菜
奥のざるに入っているバジルは選別したらあのざる1杯分になりましたが、袋から出した時はボウル2杯分。これで100円。バジルぐらい自分で育てられるじゃんってお思いでしょうが、そして実際栽培していましたが、そこはデビル・フィンガー(悪魔の指)の持ち主なので、こんな量の収穫には至っていません。

右奥からさつまいも280円、枝豆200円、アスパラガス130円、オクラ100円。ブルーベリーはいただき物です。なすを載せるのを忘れましたが、5本入りで120円。この日の夕食は野菜の天ぷらでした。

食べ物ではないけれど、ほおずきもバラで6個入ったものが80円かそれぐらい。ほおずきは子供たちが揉んで揉んでフニャフニャにしたものを上手に皮だけ取って、それでブーブー鳴らすおもちゃにします。


くわく広場はとにかく安いのです。もともとこの辺りは普通のス―パーに行っても都会に比べると安いなあと感じますが、その地元スーパーよりも2~3割ほど安いのです。

千葉県は農業県でもあり、その恩恵を存分に受けている感じです。野菜のみならず果物も旬のものが並び、今はスイカや瓜が多く並んでいます。トウモロコシもおいしいよ! モロヘイヤも袋一杯に詰められて100円でしたね~。みょうがも形は不揃いですが、10個ぐらい入ってやはり100円。きゅうりも申し訳ないほどのお値段。

たまに今回のバジルのように、普段置いてあるわけではないけれど、その時にたくさん収穫できたものが突如出現するものがあります。春先にはよもぎが1袋60円でした。道端のよもぎは犬で汚されている気がして「う~ん」と思っていたところだったので、「こんなものまで売られるんだ!」と飛びついて、子供たちとよもぎ団子を作りました。夏先には赤紫蘇が出ます。梅干しに使うのでしょうが、赤紫蘇ジュースもおいしそうですよね。

我が家の周りは農家(兼業だったり、趣味的なものだったり形態は様々)が多く、その畑を眺めていると「今はこの季節なのね~」と感じているものが、わくわく広場には並べられていて、本当に食生活と季節が密着していることを感じます。

わくわく広場でもう1つ気に入っている点は、有機農法だとかで頑張っている生産者のものが多く揃えられていることです。お米も合鴨農法で育てられたものが売られているんですよ。卵も放し飼いの鶏のものがあります。


のように書いてきて、返す返すも残念なことは福島原発の事故です。一時期は千葉県でも北部を産地とするほうれん草などから放射性物質が検出されて出荷停止になったこともありました。その後は検出されなくなり、今に至っていますが、やはり「検出はされない程度だろうけれど、影響がないはずがない」という思いは拭い切れず、どうしたものだかと悩みました。新鮮でおいしい地場のものを普通に食べることをできなくする原発事故って!!!

幸いなことに最近は、政府・民間の調査結果が詳細に公開されるようになりました(それらをどのように取捨選択するかという難問はあるものの)。私は以下のサイトなどを参考にして、この近辺の野菜は問題ないと判断するに至りました。
千葉県産農産物の放射能モニタリング検査結果

9日には千葉県多古町でお米の放射性物質の検査が行われました。収穫前の予備検査で、とりあえず「不検出」。
YOMIURI ONLINE の記事「コメ農家一安心 多古『不検出』」

多古町は千葉県でも北寄りに位置し、千葉県内での米どころでありますし、また自然農法などに取り組んでいる農家の方が多い地域で、実は私も気になっていたのです。

私もひとまずほっとしましたが、農家の方たちが一番胸をなで下ろされたことでしょうね。自分たちが一生懸命丹誠込めて作った作物が、空から降ってくる放射性物質に汚染されるという不可抗力でだめにされるなんて、どんなにか無念なことでしょう。

心に何のわだかまりを持たないで、おいしく全ての作物を感謝しながら戴ける日が早く来ますように。





にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。