スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪置き小屋、その他の小屋

  • 2011/07/01(金) 15:10:50

もなく3回目の夏をトトロの家で迎えます。3年目ともなると、庭関連のモノたちは増え続け、それらを収納する小屋を夫が自作しました。


ずは、薪置き小屋。薪ストーブを使う家では必須ですよね。薪は結構長い期間庭の片隅に積んであるだけで、ちょっと格好悪いし、薪にとってもよろしくない環境。

でもただ面倒で放置していたわけではなく、どんなデザインの小屋がいいのかなあなどと研究していたのです。自作できるのかなあ、それとも神明建設に頼まなくちゃいけないのかなあ、ということも。

結論。ずっと雨ざらしになっているよりは、見てくれは二の次でとりあえず屋根付きの小屋を作ろうと、一念発起。一念発起のきっかけになったブログの記事は、煙突掃除でお世話になった川原さんのこの記事
で、一念発起の結果がこれ↓
薪置き小屋全景

夫が製作の薪棚は、川原さんのように全ての角がきちんと直角が取れているとは思えないけれど、とりあえず自立するので良しとしましょう。

↓これは屋根のついていない製作途上の薪置き小屋。シンプルな造りであることがお分かり頂けるかと。
薪置き小屋近景


の薪置き小屋で自信を得た?夫は、続いて自転車小屋と物置小屋を作りました。両方ともなんちゃってモノではあるけれど、機能は果たします。

↓奥が物置小屋で、手前が自転車小屋。
自転車小屋と物置小屋

自転車小屋は段差があるので、子供たちにとって自転車を出し入れしにくいことが難点。でもこの場所は仮の場所なので、いつでも撤去できる/移動できるようにと、こういう形になりました。

物置小屋の中の様子も撮影しましたが、最近それまでなかった草刈り機を購入し、それがどーんといれてあるので、いつものように整然とした様子でなく、これを紹介するのは夫にとっては本望でなかろうと、割愛させて頂きます。

ご存知の方は「別に・・・」という感想を持つのでしょうが、私が個人的に感心したのが、下の写真のアイディア↓。
棒を渡しただけの道具掛け
棒を2本渡して、その棒をまたぐように道具をひっかける方式となっています。

写真のように(写っているものは自転車の空気入れと後付け自転車用子供シート)、先端が膨らんでいてその後きゅーっとしぼんでいる形のもの、例えばスコップなども、ここに引っ掛けることができます。ものを引っ掛けるには壁にフックがついていなくてはダメと思い込んでいた私には目から鱗の工夫なのでした。


作すると便利なことは、構造を理解しているため自分で解体も簡単にできるということです。
実際のところ、薪置き小屋は最初は敷地の東側に並べていたのですが、そこにクヌギの苗木を植えることにし、夫は小屋を解体して、それらを北側でまた組み立て直したのでした。

我が家はまだ庭の構想が固まっておらず、薪運びの動線も考え直すうちに、またまた小屋のお引っ越しもあることでしょう。夫、頑張ってくれたまえ。夫曰く、小屋の解体と再組み立てはそんなに大変じゃないんですって。中身の薪の積んだり下ろしたり、そして運搬が一仕事なんだそうです。確かにね。←ってあくまで他人事の妻なのでした。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

台風が去るのをじっと待つのみ・・・

  • 2011/07/22(金) 11:05:45

超大型台風として九州や近畿で災害をもたらした台風6号は、徳島に一旦上陸した後は太平洋へと逸れていってくれました。我が家のある外房地域では風が強くなったぐらいで、雨も大したことなく済みました。


人間は雨戸をきっちり閉めて暗い家の中で過ごしていましたが、外出の折にふと足元を見ると・・・・。

↓ 蛙とセミが雨宿りしていました。
雨宿りする蛙とセミ
玄関の外にある柱の足元です。

昨日は太陽が顔を出さなかったこともあり、結構冷えまして、私は長袖のTシャツの上に薄手のカーディガンを羽織っていました(子供たちからは「お母さんって寒がりだねえ」と言われましたが)。この蛙とセミも想定外の寒さのために、動くに動けなくなった感じです。ひたすらじっとしていました。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

ただいま治療中&勉強中。

  • 2011/07/23(土) 08:38:41

月にアップした記事は今までのところたったの2つ。これがようやく3つ目。でも家とは全然関係ないし~。

何に時間を取られているかと言いますと、「通院」と「勉学」であります。


「通院」・・・定期的に通っているのは整形外科と内科(漢方も扱っているところ)です。整形外科では椎間板症と診断されたので、腰の牽引と痛みを取るための注射を受けに週3日のペースで通っています。4月頃から脛の皮膚がしびれ始め、最初は皮膚病かと思っていたのだけれど、全然病変が現れないし、そうこうする内に踵にまでしびれが広がってきたので、「これは整形外科だな」と思い至った次第です。

内科へは鉄分補給の点滴を受けに、これまた週3日通っています。6月30日に人間ドックを受けたところ、重度の貧血と診断されました(涙)。骨密度も低いと指摘され、運動も必要なんだけど、「ここまでひどい貧血だと運動しても疲れるだけだから、まずは貧血を治して下さい」と言われるほど。お母ちゃん、身体ボロボロやん。

確かに疲れやすいなあとは日頃から感じてはいたけれど、それは年齢のせいだと思っていました(苦笑)。貧血状態も慢性化すると、あまり自覚できないそうですね。「輸血しても良いレベルですよ」とも言われました。

以前から冷えも気になっていたので、貧血と冷えを両方ケアしてもらえ!と、漢方にも詳しい内科医にかかっています。点滴は12回受けると正常値に戻る計算と言われ、これまでのところ5回終えました。漢方も2種類を朝晩服用しています。劇的にすぐには変わらないのだろうけれど、ぼちぼち自分の身体と向き合っていかなくてはなりませんね。


「勉学」・・・この秋から冬にかけて、TOEICと英検準1級と独検準1級を受験します。正確に言うと、夫からの命令で受けることになりました。最初にTOEICが9月11日にあるので、英単語を暗記する日々を送っています。

そもそもの発端は、私個人の生き方を考えて、子供たちも小学2年生と幼稚園年中になり、自宅でだったら何かできるかなあと思い、英語とドイツ語の塾のようなものの開設を考えたことです。公文の先生の説明会にも行ってみました。何をどのようにするかという最終的な結論はまだ出ていないのですが、その方向(つまり誰かに語学を教える)で進むつもりならば、やはり明記できる資格があった方がよかろうということで、夫から「ちゃんと何かを取りなさい」と言われたのでした。

その話の後たまたまおもちゃ(仮面ライダー・オーズのベルトですよ)とパソコンを買いに秋葉原のヨドバシカメラに出掛けた時に、あそこには大きな書店も入っているんですね、その書店の語学コーナーに連行され、それぞれの過去問題集などをバンバンバンと積み重ねられて、「はい、レジに行っておいで」となりました。

英語検定とドイツ語検定での最終目標はそれぞれ1級ではありますが、さすがに最初から1級はハードルが高いので、まずは準1級。それにしても、きちんと勉強するのは何年ぶりでしょう? ドイツ語は結婚後に4週間のコースをドイツに受けに行っていて、ドイツ語漬けの生活の中ですでに死にかけていたドイツ語脳をなんとか復活させたことがありましたが、英語はねぇ・・・。受験英語の遠い遠い記憶を掘り起こしつつ、42歳の脳みそに鞭打っているところです。

* ドイツ語学校体験記は、私の別のサイト「世界僻地自慢」に載っています。ドイツ語学習者で興味のある方はこちらの記事をどうぞ!


上のような状況なので、ブログの記事作成の時間がなかなか取れずにいる次第です。おまけに子供たちも夏休みに入り、ますます一人の時間なんてないし!! ま、こちらも折りをみてボチボチといった感じでいきたいと思います。


後に、タイトルとは全然関係のない写真を載せておきます。写真がないとちょっとつまんない感じがするので。

↓7月のとある日の昼下がりの様子です。この日も猛暑で、みんな裸族かそれに近い格好です(撮影してる私も)。
夏の昼下がり(2011年7月17日)

縁側って本当に良いですよ~。写真でお分かり頂けるかと思いますが、日差しが入っても縁側までなので、部屋に直射日光が入りません。畳が焼ける心配もありません。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

緑のカーテンは失敗?!

  • 2011/07/25(月) 21:01:43

年は日本全国で緑のカーテンが大ブームとなっていますね。我が家も尻馬に乗りました。

が、green thumb(緑の親指:園芸の才能を持っている人)ならぬ、devil thumb(悪魔の指。ハイ、最近 brown thumb から devil thumb に格上げされました)の持ち主の私が片棒を担いでいますから、やはりうまくはいきませんでした(涙)。

7月24日現在の2カ所のグリーンカーテンの様子を恥を忍んで紹介します。
↓南側。居間への日差しを遮り、葉っぱの蒸散作用での涼を期待していたんですが・・・。なんじゃこりゃ!
緑のカーテン リビング前 2011年7月24日


↓向かって左から種植えの千成ひょうたん、ゴーヤ、苗植えのひょうたんです。
ひょうたんやゴーヤ 2011年7月24日
自分でもなぜこういう風にしかならないのか不思議です。決して遅い時期に植えたわけではないのに。息子はひょうたんを収穫することをとても楽しみにしていたところ、最初にいくつか花をつけた時に、さらなる生長を促すために花を摘んでいたんですね(って本に書いてあったし、人からも言われた)。でも、その後花をつけなくなってしまい、「ひょうたんができなくなる」って半泣き状態です。私も泣きたいよ。

ゴーヤは種類の選定を誤ったようで、葉っぱが小さいこと。実もひょっとするとピクルスに使うキュウリぐらいの大きさにしかならない気がしています。いや、そもそも実がなるのか??


↓そして2カ所目のデッキのグリーンカーテン(のつもり)。
緑のカーテン デッキ 2011年7月24日
ここには朝顔とフウセンカズラを種植えしました。フウセンカズラはまあまあ育っていますが、期待していたほど茂ってくれません。

朝顔はまだ本葉が2~3段目の状態です。なぜ? ご近所さんではわんさかと茂って花もたくさん咲かせているというのに。

デッキの上にある大きな鉢はミニトマトで、これは無事収穫できています。隣りの青い鉢には枝豆が植えてあり、長男が小学校の授業で育てていました。彼は母親の血を引いたようで、枯らしてはいないものの、薄っぺらい豆しか収穫できていません。可哀想に。

正面に開いている窓は浴室の窓で、この夏は緑のカーテン越しに気持ち良く入浴できることを目論んでいたんだけど、このざまです。なんだかなぁ。


リーンカーテンでは失敗続きですが、ひょんな所で予想外の作物を収穫できています。
↓それは、なぜか通路の敷石の間に生長する大葉です。
縁石に生える大葉
もともと庭の片隅に勝手に大葉は生えていたところ、それらのこぼれ種なのでしょう。今年はこんな場所に生えてきました。ありがたく薬味として活用しています。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

暑い夏にはインドカレー

  • 2011/07/27(水) 15:30:33

い夏にこそカレーだ!・・・という文言を最近よく目にするような。
我が家では半年前程から南インドのカレーが食卓に登場しています。

そして、この南インドのカレーはとても健康的で、しかも暑い地域のカレーですから、夏向きのメニューが多い気がします。

どのように健康的かと言いますと、
1.オイルの使用量が少ない。
日本の市販のルーを使うカレーの場合、食べ終わった後のお鍋が油でギトギトしていますが、南インドのカレーの鍋にはそんなことは起こりません。

2.野菜や豆がメインとなっている。
肉を使用するメニューも勿論ありますが、日常食べるものは豆のカレー(ダル)やその時に手に入る野菜をさっと煮込んだ感じのメニューが多いです。胃もたれしません!

3.使用するスパイスにはそれぞれ薬効がある。
例えば、使用頻度の高いクミンは、熱をとり、殺菌消毒作用も強く、夏にぴったりです。さらには、疲労回復、食欲増進、便秘の解消、利尿、解毒、駆虫という効能もあるそうです。


もそもの我が家と南インドのカレーとの出会いは、インドで暮らしていた時でした(2003年~2006年)。家の中のことを取り仕切ってくれていたお手伝いさん夫婦が南インド出身でした。奥さんのメリーさんが作る料理のどれもおいしかったこと!

ただ当時は、私が妊娠・出産・乳児の子育て中ということもあり、香辛料のきつい(と当時は認識していた)インドの食事はメインではなく、日本食がやはり中心でした。今思うと返す返すも残念なことは、料理をメリーさんから習っておかなかったことです。まあ、チャパティ(全粒粉をこねて作る薄いパン)の焼き方などは隣りで見ていたので、当時の記憶を呼び起こして、見よう見まねで作ることはできますが。

料理は習わなかったものの、それでも舌の記憶は鮮明で、日本に帰国後に訪ねるインドレストランの評価はできました。「評価」って偉そうだけど、あのメリーさんの家庭料理に近いかどうかという評価です。日本のインド料理って主に北インドのもので、なかなか南インドのさっぱりしたものがないんです。あ、東京の葛西(インド人がたくさん!)に行くと話は別ですけどね。マサラドーサ(クレープみたいな皮で炒めたジャガイモなどをくるんで食べる料理)を食べに西葛西まで足を運んだこともありました。


んな中、外房地域で私の求めている味に近い料理を出すレストランに出会いました!
インドカリーと本の店 こだまや
千葉県で唯一村として存続している長生村(ちょうせいむら)にあります。去年の千葉国体の折には天皇皇后両陛下がお見えになり、ちょっとしたフィーバーとなりました。

こだまやは日本人の手によるインドカリーなんですが、私が求めていた味のど真ん中でした。さらには、かつおだしの効いたサンバル(スープのような酸味の強いカレー)を食べた時の衝撃。子供用のカレーも用意されており、かぼちゃのマッシュが入ったダル(ひきわり豆のカレー)は我が家のチビたちの好物となっています。


はさりながら、おいしいんだけど通えば通うほど外食費が計上されるのはちょっときつい。ということで、自分で作ってみよう!となった次第です。

↓私のバイブルは以下の2冊。
(ところで、なぜ2冊目の本の画像がずれて表示されるのかが謎。見苦しくてスミマセン)

たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ (MARBLE BOOKS daily made)たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ (MARBLE BOOKS daily made)
(2008/07/30)
香取 薫

商品詳細を見る



カレーな薬膳カレーな薬膳
(2003/05/01)
渡辺 玲

商品詳細を見る


最初に買ったのは香取さんの本。「たった5つのスパイスで」という文言にひかれました。そして当時はダル(ひきわり豆のカレー)さえ作れればいいと思っていたので。が、段々と欲が出てきまして、次に購入したのが「カレーな薬膳」。使うスパイスの種類もぐっと増えますが、ここに載っている33のレシピの内12品を作りましたが、どれもおいしいです。

ここ半年は週に1回(残れば次の昼に廻されたりするので、2回の週も)がインドカレーとなっています。我が家では、私の父の癌宣告以来玄米食なのでもともとお通じは良いのですが、インドカレーに使用する豆やタマリンド(酸味の強い果実)はお通じに強力に作用するようで、家族全員快食快便であります。


↓先週のインドカレーの夕食。
ダル、サンバルなど
ダル、じゃがいものクミン炒め、きゅうりのライタ(ヨーグルト)、なすのサンバルです。カイエンペッパーを足していないので、子供も普通に食べられます。辛いものが欲しい時には、別鍋に取ってカイエンペッパーを足しています。辛いものにライタがよく合います!

ネットでスパイス類は簡単に手に入るようになりました。豆とスパイスさえ揃っていれば、あとはその時にある野菜でチャチャチャと手軽に作れることも魅力です。使うお皿の数も少ないし。健康的でおいしい南インドカレーを是非お試しあれ!




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ



ただいま治療中&勉強中・・・なんてこの間言っていたくせに、最近ブログの更新頻度が上がっています。なぜならば、次男が水疱瘡にかかっているからです。伝染病患者を連れて通院はできず、空白の時間ができています(勉強しろよ!)。鉄分の補給が切れると、なんとなく身体のだるさが増すような気がします。早く水疱瘡が終息しますように。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。