スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブ使用法のアドバイス

  • 2010/10/12(火) 21:04:30

日の記事の続きです。
川原さんからは煙突掃除だけでなく、煤の溜まり方などから見えてくる我が家の使用法の問題点なども教えて頂きました。


初に私たちが昨シーズン体験した怖い事象を。
バックドラフトもしくはバックファイヤと言うんですかね、炎が煙突から扉側に向かってボンッて小爆発みたいに噴いてきたことがあったんです。もう怖くてですね~。薪ストーブって他の暖房器具と異なり、スイッチ1つで消すことができないので、このままもっと大きな爆発とか起こしたらどうしようってとても不安な一夜を過ごしたことがありました。

その時は設置してもらった薪ストーブ屋さんに電話しまして対応策を訊いたところ、もっと強く焚いて下さい(=上昇気流を起こす)ということでした。確かにそれで収まりはしたんだけど、原因は煙突内に煤が溜まっているからだと。「え~、じゃあまた起こる可能性があるじゃない!」とその後もびくびく。

昨日川原さんにもその話をしたのですが、川原さんが見立てた原因は、私たちが空気を絞り過ぎたからとのことでした。とても思い当たる節があるので、あちゃちゃちゃ~という感じ。私たちは購入した薪を使っていたので、ーけちな話ですけどー、ガンガンと薪を使えなくて(燃やせなくて)、熾き火っぽくなるとすぐに空気を絞っていたんです。

空気の絞り過ぎにより(=給気口から必要量の酸素が供給されずにいた為)、小さなすき間から入ってくる空気中の酸素に向かって炎がボンッと行っていたわけ。


う1つ薪ストーブを使う際に大切なことが、温度管理ですよね。
この温度計は我が家もそうですが、よく天板の上に置かれている様子を雑誌なので見かけます。でも天板は直火が当たる場所なので、やはり高温を指し示すそうです(当たり前っちゃあ当たり前)。ですので、天板上の温度計が250度以上を示したからと空気を絞るのは早過ぎなんだそうです。

↓川原さんのアドバイスに従い、我が家も側面に温度計をくっつけました。側面と天板上とでは100度は違うそうです。
側面付けの温度計
薪ストーブユーザーの方には常識ではありますが、燃焼温度が低いと煤やタールをたくさん発生させます。
今シーズンは、この側面温度計を眺めながら、十分に高温で焚き、煤の付着量の減量に挑戦であります。


↓ところで、皆さんの煙突にはこんなねじ(赤矢印)が付いていますか?

私たちは煙突を取り付ける為のねじだと思っていて、昨シーズンは全然触りもしませんでした。

ところが、これって煙突内部にあるダンパー(空気調節板?)なんだそうです。煙突を分解した時に写真を撮ることを忘れましたが、確かに穴が数個空いた円盤が内部でくるくる廻るようになっていました。ここで上昇気流を遮断させた方が熾き火状態を長持ちさせることができると、川原さんから教えて頂きました。

ちなみに写真では、ねじが横向きになっているので、円盤が煙突内部を塞いでいる状態です。円盤には直径1センチ弱の穴が数個空いているので、上昇気流を全部通していないわけではありませんので、ご安心を。

うんうん、これで熾き火を使っての薪ストーブ料理にも今年はチャレンジです。昨シーズンは専ら天板上に鍋を置いての煮込み料理ばかりでしたが、今年はスキレットなどを使ってピザやオーブン料理にも挑戦するぞ!と鼻息を荒くしたのでした。


ラそうなことを言えば、煙突掃除を今回見学させて頂いて、自分たちでもなんとかできそうだなあとは思うのですが(夫はクライマーで、妻は煙と同じく高い所が好きな○カだし)、こうして専門家に見て頂いて、自分たちの使用法の癖や問題点を定期的に指摘してもらうことは必要だなあと感じました。

それになんと言っても、大工さんたちなどもそうですが、その道のプロの方の話は本当に面白いっす。「へ~」とか「ほ~」という話が満載で、私たち夫婦はこういう話が大好きなんです。プロの方に依頼するのは確かにちょっと贅沢なんですが、それでもたまにこういった機会を持つことは貴重だと思いました。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。