スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年が経過した家の様子 =洗面所=

  • 2010/10/08(金) 10:31:39

日より1年が経過した家の様子を各部屋ごとに紹介したいと思います。
我が家をご覧頂ければ一目瞭然ですが、いわゆる自然素材満載の家で経年の変化を楽しめる家であります。「劣化」とは言いませんよ、「変化」です。

その一方で、漆喰や紙クロスなどには一旦汚れが付いたらなかなか取れないのではと一般的に思われているでしょうから、これから家づくりを考えている方達に参考になればと、我が家の汚れの様子もちゃんとお見せしますよ~。


1弾は洗面所です。
↓百聞は一見にしかずですね。まずは全体像からご覧下さい。本日の写真は全てクリックで拡大します。
洗面所 2010年10月
目立った汚れは見えませんよね。まあ、たかだか1年ですからね。


↓洗面台のアップ。この洗面台は神明社長からプレゼントして頂いた杉の無垢板です。キッチン製作を依頼したクニナカのアドバイスにより、木肌美人というものを保護材として塗布しています。
洗面台 2010年10月
ところどころ写真に見られるような輪染みができていますが、これらは恐らく保護材を塗る前にできてしまったもので、使用前にちゃんと木肌美人を塗布していれば防げたのではと思います。

木肌美人を塗布してしばらくは水が丸まり、いかにも弾いている~という感じでしたが、最近はぼちゃっとした状態で水が台に乗っています。だからといって染みるわけでもなく、拭き取れば大丈夫です。そろそろ塗り直す予定です。


↓陶器の洗面ボウル。
洗面ボウル 2010年10月
排水口の周りに薄緑色の輪染みができました。メラミンスポンジでも落ちません。それ以外には目立った汚れは付着していません。TOTOなどのように何とかプロテクトみたいな素材ではないので、週に1度ぐらいメラミンスポンジを使って掃除しています。

絵の具は落ちましたけど、墨汁はどうでしょう? 我が家は外のステンレスの流しで絵の具や墨汁を使った道具類を洗わせています。


は漆喰です。洗面台から10センチの高さで玄昌石が貼られ、その上に2センチの巾木が載っています。ボウルが深いせいか、普段使っている分にはほとんど漆喰壁にまでは飛沫は届きません。

↓1つの例外がこれ。子どもが絵の具のついた筆をピッピッと振ったのです(涙)。すぐに拭き取ったけれど薄く色がついてしまいました。

試しに万能選手のメラミンスポンジでこすってみたけれど、結果は写真の通り。落ちません(涙)。


後に床の様子を。
↓エシャのクイックドライというオイルを1度塗りしたんですが、薄汚れています(写真ではよく分かりませんが)。
洗面所の床 2010年10月
敗因その1は、オイルを1度しか塗っていないこと。2度ぐらい塗らないと撥水・防汚性能を発揮できないのだと思います。特に洗面所の床ってヘビーユーズされる場所ですものね。

敗因その2は、あまり言いたくないけれどちゃんと掃除をしていないこと。いや、掃除機は最低でも1日おきにかけています。髪の毛とか落ちているの嫌だし。でも拭き掃除を熱心にしていないのです。子どもたちの手洗いの時などに床に散った水滴や石鹸は、ささっと履いている靴下で拭いておしまい。いや~、ずぼらな性格がバレバレ。


回いろいろと汚れを点検でき、ついでに自分の生活の改善点も見えてきたので、今後の暮らしに活かしたいなと考えています。ま、「丁寧に暮らす」(掃除をきちんとすることも含む!)に尽きるのだとは思うのだけれど、6歳と4歳の男の子を抱えていてはねぇ・・・。いや、言い訳はだめだめ。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。