スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近作ったもの

  • 2010/08/14(土) 08:17:39

を迎えるに当たり、せっせと作ったものが2つ。

↓1つは座布団カバー。
夏の座布団カバー
夏らしく白地にとんぼの柄。でもガキんちょがいる家庭での白地の使用はやはり無理があります。マモもトイレで用を済ませた直後になぜかこの座布団に来ることが多く、臭そうなシミをつけやがります。洗濯されてばかりのこのカバーはお気の毒。

お揃いの柄で赤地のものも買いました。それは冬バージョンとしてこの冬に登場させる予定です。来年の冬になったりして。


↓もう1つは子供部屋のカーテン。
子供部屋のカーテン
「カーテン」と名付けるのもおこがましい直線縫いの布を垂らしただけのものですが。

この窓枠には本当は障子戸が入る予定でした。が、予算を削る作業の中、ここはハレの場所ではないので障子戸はなしとなり、ブラインドかカーテンになりました。障子戸も既製品ではなくオーダーなので高いのです。そして、既製品のカーテンやブラインドすらも高いと思えてきて。

で、月日だけがどんどん流れ・・・。8ヶ月以上この窓は裸のまま放置されていました。というのも、この窓に面している隣地は裏のTさんの納屋。この納屋に常時人が出入りしている様子はないし、我が家の子供部屋の住人も別に年頃のお嬢さんというわけでもないから見られたところで構わなかろう、と。

しかし、夏になると引き戸を開け放つことが多くなり、子供部屋とLDとの間の引き戸を開けておくと、LDの様子が外からも若干見える状況となるので、急いでこのカーテンを作った次第です。

人間の心理って面白いですね。上述の通り、カーテンがなくて外とツーカーでもあまり気にしていないつもりだったんですが、カーテンが取り付けられてこちらの外への視線も遮られて、ちゃんと閉じられていると感じると、急に安心感が大きくなりました。やっぱり少なからず落ち着かない気分を感じていたようです。


介した2つはそもそも紹介するほどのものではないのですが、自分で作ることにより数万円は浮いたはず。それがちょっと嬉しくて、予算を削る方法として直線縫いのものは自分で作る選択もありますよ、と報告したくなったのでした。

次回はお見せするにもう少し価値のあるものを紹介したいと思います。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。