スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッド部分で操作する水栓のすすめ

  • 2010/08/07(土) 08:44:57

が家では水栓の選択に当たり、根元に水が溜まらないようにと頭部で操作するタイプの物ばかりを選びました。根元は常に水浸しで、水垢のみならずドロッとしたカビを歯ブラシなどで掃除することから解放されたかったのです。

使い始めて1年近く経ちますが、「これが大正解!」

「水栓はARWA社のものとTOTOのTKF-51PRをお勧めしますよ!」と叫びます。


聞は一見にしかずということで、キッチンと洗面所のそれぞれの水栓画像をどうぞご覧下さい。
敢えてピカピカに磨いていない普段の状況を写真に収めました。

↓キッチンに採用した水栓。トーヨーキッチンでは USAGI と命名されている水栓と同じものです。
台所水栓の根元

↓ズズズイッと近付いてみると、水垢っぽいものがリングの下周囲に少量見えますが、1年間使用後としては優秀でしょう。普段は寝る前に食器拭きに使っていたクロスで乾拭きするというお手入れだけです。
台所水栓根元拡大
以前のマンションでまめに掃除をしなくてはならなかった状況と比較すると雲泥の差です。


↓洗面所の水栓。TOTOのTKF-51PR(ミキシング混合栓先端開閉式)という商品名です。
洗面所水栓

↓根元に水が流れていかないので、無垢板の洗面台でも何ら問題はありません。
洗面所水栓根元拡大


て、このTOTOの先端開閉式水栓は、カタログではキッチン水栓に分類されています。それを我が家では洗面所に使っているのですが・・・。

私の考えでは、この水栓は確かに根元に水が流れていかないという点では合格なのですが、水を出すために泡や油などが付いた手で先端部分を触らなくてはならないという点が問題ではないかと。台所での作業中は手が汚れていることってしょっちゅうですよね。先端部分が汚れる度に拭き取ったり洗ったりするのって、結構ストレス。

洗面所で石鹸をつけて手を洗う時にも当然この先端部分に触れますが、でもその行為の回数って、キッチンにおける回数より遥かに低いと思われ、私個人としては許容範囲内である次第です。

その点、ARWAの水栓はレバーを肘で操作することも可能なので汚れが付かないのですよ! 素晴らしい! 値段が日本の製品に比べて2倍ほどするという点が痛いのですが、デザインの美しさといい、機能といい、私はその価値があったなととても満足しています。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。