スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男のお昼寝の場所は・・・?

  • 2010/08/05(木) 15:09:47

男は隣家のおばあちゃんが大好き♡ 「隣家」と言いますか、位置的には我が家の進入路に沿って立っているお宅なので、「前の家のTさん」と私たちは呼んでいます。蛇足ながら、我が家は四方の隣人が全員Tさんという同じ名字なので、「前のTさん」「裏のTさん」「斜め前のTさん」と場所で呼び分けているのです。

前の家のTさん宅には84歳のおばあちゃんがいらっしゃいまして、朝の時間や夕方になると進入路脇にある納屋の下によく座っています。そこにお邪魔することを、最近の次男は楽しみとして覚えたのです。

「4歳児と84歳のおばあちゃんとの会話ってどんなものよ?」と不思議に思っていたところ、長男からの報告によると、「おばあちゃんはどうして歯がないの?」「おばあちゃんの髪と目はどうして白いの?」(いや、確かにおばあちゃんは軽い白内障を患っています)とかなり失礼と言いますか、単刀直入な質問をぶつけている模様。

あと、前の家のTさん宅のお母さん(おばあちゃんにとっては息子の嫁)によりますと、しりとりもしてもらっているようで、「次郎君は何でも知っているねえ」と感心していましたよ~とのこと。小生意気なことを連発しているのだろうと親はヒヤヒヤものです。


日夕方になるといそいそと「おばあちゃんがいるか見てくるね~」と出掛けることが日課になりつつある次男。

ところが、今日はまだ昼過ぎだというのに「おばあちゃんいるか見てくる」と恐竜の本を持って出掛けました。その本を見せるのかい? しばらくしても戻ってこないし、話し声も少し聞こえたので放っておいたのですが、30分後に様子を見に行ったところ・・・。

↓あの赤い自転車脇の物体は、ひょっとして・・・
進入路で寝る次男


↓信じられないことに、本を枕に寝入っている次男でした。
進入路で寝る次男2
いくら日陰とはいえ、午後2時半の酷暑の最中です。でも次男は「風が気持ちいいの・・・」と、もにょもにょ。先ほど声が聞こえたおじいちゃんは、暑いから先に家に戻ったのでしょうね。その後次男は一人遊びをしながら眠くなってしまった様子。


や~、逞しく育ってくれて嬉しいよ、母ちゃんは。ご近所の皆さんに見守られながら、毎日を送っている子供たちです。



にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。