スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広縁のボコボコ

  • 2010/08/02(月) 21:35:48

立の掃除機を紹介する記事の中で、掃除機をわざわざ購入したもう1つ大事な理由が漏れていました。

↓それはこれらの穴とすき間。
広縁の穴とすき間1
トトロの家には南と東にぐるっと広縁が廻っていまして、使われている材は松だとか。松の宿命だそうですが、ご覧のように虫に食われた穴が無数に広がっています。しかしながら、今となってはこのような松材での床は大変貴重だそうで、たわんでいるわけでも腐っているわけでもないので、このまま使うことになりました。

↓廊下一面に穴は存在します。
広縁の穴とすき間2


の穴とすき間では茶殻掃除をすると、当たり前ですが茶殻が入り込みます。それは分かっているんだけど、でもね、ここは外とはガラス戸1枚でしか隔てられていない場所なので、砂埃とかが多いんですね(ガラス戸を閉じていても外からの埃は入っていると思います)。そして、東側の広縁にはマモのトイレと爪研ぎが置いてあり、マモの毛とかも溜まっている場所。そうなると茶殻で掃き取るのがなかなかよい感じ。

マキタのコードレスクリーナーで掃除をして、その後雑巾掛けをすることもあるけれど、コードレスクリーナーの吸引力ではこの穴とすき間の奥深くに存在するゴミまでは取り切れていないはず。

蛇足ながら、この長い廊下を雑巾掛けするのが子供たちは大好き。「よ~いどん!」でダダダダッと行くのが快感のようです。その好きがいつまでも続いてくれると、お母ちゃんは楽できていいんだけどなあ。


ので、強力な(といってもコードレスクリーナーよりパワーがあればいい程度)掃除機が欲しかったのです! そして勿論買ってすぐにパワフルな掃除機で(いや、普通の掃除機なんですけどね。しつこく言います)広縁の掃除をしましたよ。今の掃除機って普通にヘッドを走らせるだけで拭き掃除をしたようになる機能まであるんですってね。心なしかいつもより埃っぽさが格段に少ないような。


らし始めて今月末で1年(おぉ、いつの間にか8月ですよ)。その間に子供たちがせっせと雑巾掛けをしてくれたお陰で、かさかさに乾いていた木肌に艶が出てきた気がします。夫はこの広縁が大好きで、特に夏になってからは広縁に座布団を持ち出して昼寝をしています。私は正直なところ、まだこの穴やすき間から何かが出てきそうで、寝転がる気分にまではなれません。でも、掃除機をせっせとかけて、家族全員で広縁で寝転ぶ日も近いように思えます。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。