スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広縁のボコボコ

  • 2010/08/02(月) 21:35:48

立の掃除機を紹介する記事の中で、掃除機をわざわざ購入したもう1つ大事な理由が漏れていました。

↓それはこれらの穴とすき間。
広縁の穴とすき間1
トトロの家には南と東にぐるっと広縁が廻っていまして、使われている材は松だとか。松の宿命だそうですが、ご覧のように虫に食われた穴が無数に広がっています。しかしながら、今となってはこのような松材での床は大変貴重だそうで、たわんでいるわけでも腐っているわけでもないので、このまま使うことになりました。

↓廊下一面に穴は存在します。
広縁の穴とすき間2


の穴とすき間では茶殻掃除をすると、当たり前ですが茶殻が入り込みます。それは分かっているんだけど、でもね、ここは外とはガラス戸1枚でしか隔てられていない場所なので、砂埃とかが多いんですね(ガラス戸を閉じていても外からの埃は入っていると思います)。そして、東側の広縁にはマモのトイレと爪研ぎが置いてあり、マモの毛とかも溜まっている場所。そうなると茶殻で掃き取るのがなかなかよい感じ。

マキタのコードレスクリーナーで掃除をして、その後雑巾掛けをすることもあるけれど、コードレスクリーナーの吸引力ではこの穴とすき間の奥深くに存在するゴミまでは取り切れていないはず。

蛇足ながら、この長い廊下を雑巾掛けするのが子供たちは大好き。「よ~いどん!」でダダダダッと行くのが快感のようです。その好きがいつまでも続いてくれると、お母ちゃんは楽できていいんだけどなあ。


ので、強力な(といってもコードレスクリーナーよりパワーがあればいい程度)掃除機が欲しかったのです! そして勿論買ってすぐにパワフルな掃除機で(いや、普通の掃除機なんですけどね。しつこく言います)広縁の掃除をしましたよ。今の掃除機って普通にヘッドを走らせるだけで拭き掃除をしたようになる機能まであるんですってね。心なしかいつもより埃っぽさが格段に少ないような。


らし始めて今月末で1年(おぉ、いつの間にか8月ですよ)。その間に子供たちがせっせと雑巾掛けをしてくれたお陰で、かさかさに乾いていた木肌に艶が出てきた気がします。夫はこの広縁が大好きで、特に夏になってからは広縁に座布団を持ち出して昼寝をしています。私は正直なところ、まだこの穴やすき間から何かが出てきそうで、寝転がる気分にまではなれません。でも、掃除機をせっせとかけて、家族全員で広縁で寝転ぶ日も近いように思えます。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

次男のお昼寝の場所は・・・?

  • 2010/08/05(木) 15:09:47

男は隣家のおばあちゃんが大好き♡ 「隣家」と言いますか、位置的には我が家の進入路に沿って立っているお宅なので、「前の家のTさん」と私たちは呼んでいます。蛇足ながら、我が家は四方の隣人が全員Tさんという同じ名字なので、「前のTさん」「裏のTさん」「斜め前のTさん」と場所で呼び分けているのです。

前の家のTさん宅には84歳のおばあちゃんがいらっしゃいまして、朝の時間や夕方になると進入路脇にある納屋の下によく座っています。そこにお邪魔することを、最近の次男は楽しみとして覚えたのです。

「4歳児と84歳のおばあちゃんとの会話ってどんなものよ?」と不思議に思っていたところ、長男からの報告によると、「おばあちゃんはどうして歯がないの?」「おばあちゃんの髪と目はどうして白いの?」(いや、確かにおばあちゃんは軽い白内障を患っています)とかなり失礼と言いますか、単刀直入な質問をぶつけている模様。

あと、前の家のTさん宅のお母さん(おばあちゃんにとっては息子の嫁)によりますと、しりとりもしてもらっているようで、「次郎君は何でも知っているねえ」と感心していましたよ~とのこと。小生意気なことを連発しているのだろうと親はヒヤヒヤものです。


日夕方になるといそいそと「おばあちゃんがいるか見てくるね~」と出掛けることが日課になりつつある次男。

ところが、今日はまだ昼過ぎだというのに「おばあちゃんいるか見てくる」と恐竜の本を持って出掛けました。その本を見せるのかい? しばらくしても戻ってこないし、話し声も少し聞こえたので放っておいたのですが、30分後に様子を見に行ったところ・・・。

↓あの赤い自転車脇の物体は、ひょっとして・・・
進入路で寝る次男


↓信じられないことに、本を枕に寝入っている次男でした。
進入路で寝る次男2
いくら日陰とはいえ、午後2時半の酷暑の最中です。でも次男は「風が気持ちいいの・・・」と、もにょもにょ。先ほど声が聞こえたおじいちゃんは、暑いから先に家に戻ったのでしょうね。その後次男は一人遊びをしながら眠くなってしまった様子。


や~、逞しく育ってくれて嬉しいよ、母ちゃんは。ご近所の皆さんに見守られながら、毎日を送っている子供たちです。



にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

ヘッド部分で操作する水栓のすすめ

  • 2010/08/07(土) 08:44:57

が家では水栓の選択に当たり、根元に水が溜まらないようにと頭部で操作するタイプの物ばかりを選びました。根元は常に水浸しで、水垢のみならずドロッとしたカビを歯ブラシなどで掃除することから解放されたかったのです。

使い始めて1年近く経ちますが、「これが大正解!」

「水栓はARWA社のものとTOTOのTKF-51PRをお勧めしますよ!」と叫びます。


聞は一見にしかずということで、キッチンと洗面所のそれぞれの水栓画像をどうぞご覧下さい。
敢えてピカピカに磨いていない普段の状況を写真に収めました。

↓キッチンに採用した水栓。トーヨーキッチンでは USAGI と命名されている水栓と同じものです。
台所水栓の根元

↓ズズズイッと近付いてみると、水垢っぽいものがリングの下周囲に少量見えますが、1年間使用後としては優秀でしょう。普段は寝る前に食器拭きに使っていたクロスで乾拭きするというお手入れだけです。
台所水栓根元拡大
以前のマンションでまめに掃除をしなくてはならなかった状況と比較すると雲泥の差です。


↓洗面所の水栓。TOTOのTKF-51PR(ミキシング混合栓先端開閉式)という商品名です。
洗面所水栓

↓根元に水が流れていかないので、無垢板の洗面台でも何ら問題はありません。
洗面所水栓根元拡大


て、このTOTOの先端開閉式水栓は、カタログではキッチン水栓に分類されています。それを我が家では洗面所に使っているのですが・・・。

私の考えでは、この水栓は確かに根元に水が流れていかないという点では合格なのですが、水を出すために泡や油などが付いた手で先端部分を触らなくてはならないという点が問題ではないかと。台所での作業中は手が汚れていることってしょっちゅうですよね。先端部分が汚れる度に拭き取ったり洗ったりするのって、結構ストレス。

洗面所で石鹸をつけて手を洗う時にも当然この先端部分に触れますが、でもその行為の回数って、キッチンにおける回数より遥かに低いと思われ、私個人としては許容範囲内である次第です。

その点、ARWAの水栓はレバーを肘で操作することも可能なので汚れが付かないのですよ! 素晴らしい! 値段が日本の製品に比べて2倍ほどするという点が痛いのですが、デザインの美しさといい、機能といい、私はその価値があったなととても満足しています。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

2階に網戸がつきました(ようやく!)。

  • 2010/08/11(水) 22:52:11

きなりですが、朝5時過ぎの寝室からの風景をご紹介。
2階の網戸越し1

2階の網戸越し2

水田の緑がまぶしく、清々しい気分で目覚めることができます。「早起きは三文の得」を実感する日々です。気持ちが良いのは朝だけでなく、ニュースで熱帯夜と伝えられる夜も、風がこの水田の上を渡ってくることにより涼しいものとなって我が家を通っていきます。


は、この風と景色を2階では最近まで堪能することができませんでした。というのも網戸がついていなかったからです。ここの網戸はちょっと高価な注文製作品。冬の間はまったく必要とされないこの網戸はずっと後回しになっていたのでした。

ガラス戸のデザインは好きなのですが、すりガラスのために外をクリアに見ることはできません。勿論ガラス戸を開け放してもいいのですが、とりわけ昼間は蜂などの危ない虫が入ってくる可能性もあるので、閉めていることがほとんどでした。でも、この網戸になってからは青々とした田んぼと星空を堪能できるようになりました。夜に布団の中で本を読めるようになったのも嬉しいことです。それまでは窓を開け放して電気をつけると、虫がワーッと集まってくるので、入眠前の読書ができなかったのです。


うやくこれで我が家には建具類全てが揃ったことになります。建具屋さんにも大変お世話になりました。ほとんどの建具が木製なので、あとはなるべく自分たちで手入れをしながら大切に使っていきます。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

もの食うマモ家

  • 2010/08/13(金) 08:40:49

イトルは辺見庸の「もの食う人々」を真似してみました。・・・って、ブログの内容はあの本のようにおどろおどろしいものではなく、食べてばっかりというマモ家を紹介するもので、単にパロディです。←本の内容と比較して不謹慎かしら。


モ家の普段の食事の場所はLDです。そこに箱膳とそれに合わせて作ってもらった小机を計4つ並べて食事をしています。

が、夏を迎えてにわかに食事の場所の選択が増えました。

↓スタートはデッキで焼肉でした。
デッキで焼き肉


↓玄関脇の縁台にてとうもろこしを食らう母子。
夕闇の中とうもろこしを食らう
美しい夕焼けを眺めながらのひと時は贅沢!


↓弟一家が来た時には庭で焼肉。
弟たちと焼き肉
普通は屋外での食事はバーベキューとなるのでしょうが、我が家はまだグリルとかを持っていません。その代わりといいますか、床下にコンセントを設置してもらったので、そこから電源を取って鉄板焼きです。これはこれで便利ですね。

弟たちが来た時は、この焼き肉の後に花火で遊んで、スイカ割りもして盛りだくさん! この家の真価を発揮したような1日でした。


休みも折り返しとなりました。さてさて今後はどんな食事を楽しめるのかな?




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

最近作ったもの

  • 2010/08/14(土) 08:17:39

を迎えるに当たり、せっせと作ったものが2つ。

↓1つは座布団カバー。
夏の座布団カバー
夏らしく白地にとんぼの柄。でもガキんちょがいる家庭での白地の使用はやはり無理があります。マモもトイレで用を済ませた直後になぜかこの座布団に来ることが多く、臭そうなシミをつけやがります。洗濯されてばかりのこのカバーはお気の毒。

お揃いの柄で赤地のものも買いました。それは冬バージョンとしてこの冬に登場させる予定です。来年の冬になったりして。


↓もう1つは子供部屋のカーテン。
子供部屋のカーテン
「カーテン」と名付けるのもおこがましい直線縫いの布を垂らしただけのものですが。

この窓枠には本当は障子戸が入る予定でした。が、予算を削る作業の中、ここはハレの場所ではないので障子戸はなしとなり、ブラインドかカーテンになりました。障子戸も既製品ではなくオーダーなので高いのです。そして、既製品のカーテンやブラインドすらも高いと思えてきて。

で、月日だけがどんどん流れ・・・。8ヶ月以上この窓は裸のまま放置されていました。というのも、この窓に面している隣地は裏のTさんの納屋。この納屋に常時人が出入りしている様子はないし、我が家の子供部屋の住人も別に年頃のお嬢さんというわけでもないから見られたところで構わなかろう、と。

しかし、夏になると引き戸を開け放つことが多くなり、子供部屋とLDとの間の引き戸を開けておくと、LDの様子が外からも若干見える状況となるので、急いでこのカーテンを作った次第です。

人間の心理って面白いですね。上述の通り、カーテンがなくて外とツーカーでもあまり気にしていないつもりだったんですが、カーテンが取り付けられてこちらの外への視線も遮られて、ちゃんと閉じられていると感じると、急に安心感が大きくなりました。やっぱり少なからず落ち着かない気分を感じていたようです。


介した2つはそもそも紹介するほどのものではないのですが、自分で作ることにより数万円は浮いたはず。それがちょっと嬉しくて、予算を削る方法として直線縫いのものは自分で作る選択もありますよ、と報告したくなったのでした。

次回はお見せするにもう少し価値のあるものを紹介したいと思います。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

栗久のおひつ

  • 2010/08/16(月) 11:34:26

「本物の材が使われた家に暮らしていると、自ずと本物のみを求めるようになるのです」・・・なんて鼻持ちならない嫌味なセリフを書いてみました。

ま、一部そういった心持ちになることは確かです。あるいは、まがい物を置くとやはり浮いてしまうので、そういったちぐはぐなことはしたくなく、それだったらいっそなしで済ませようという気持ちになります。これって、どのような種類の家にしろ、家づくりにこだわった方ならば誰もが至る心境だと思います。折角モダンな家にしたのに、カントリーチックな物は置きたくないとかね。その逆も然り。


置きが長くなりましたが、そんな心境で暮らしていると、買い物をするのに清水の舞台から飛び降りる覚悟を迫られることがたまにあります。

マモ家の清水舞台飛び降りモノ第1号はこれ↓。
栗久のおひつ
秋田の曲げわっぱの老舗である栗久(くりきゅう)のおひつです。下品な話だけど、4万円近くするんですよ! おひつ(ごとき)が!

私が購入したネットショップでもある元丸屋というお店で詳しく紹介されています(こちら)。

このおひつの何が素晴らしいか、何をもって4万円も支払ったかといいますと、元丸屋さんの解説にもありますが、内側の角がアール(丸い形状)になっている点です。ご飯粒がくっつかないんですよ。直角に突き合わせた形状のものは絶対にご飯粒が入り込んでいらいらさせられるだろうなと思っていて、それが原因でおひつの購入をためらっていたのですが、この栗久のものを見つけて「これだ!」とつい叫んでしまいました。

これしかないという物に出会ったものの、やはり値段の高さゆえに躊躇していましたが、おいしいご飯を食べたかったし、おひつを買うのだったらこれしかないと思ったので、清水の舞台から飛び降りました。


使い勝手は最高です。毎回ご飯粒をすっきり取り切れるというのはストレスゼロです。あ、1回黒米を混ぜ込んだご飯を入れていたところ、色が移ってしまいました。小豆ぐらいは色移りはしません。

味の違いはですね、正直なところ劇的な違いはわかりません。私たち夫婦は「出されたものはすべておいしいもの」としつけられてきたので、芸術的なグルメではないのです。よっぽどまずいものでなければ、大概のものはおいしく食べてしまう非食通人。とびっきり美味しいものは一応感じるけれど。

そんな私たちなので、味の感想はあてにしないで下さい。でもね、一つ言えるのは、冷えたご飯はおひつのもののほうが美味しいということ。このおひつを買ってから、冷ご飯の登場回数が増えました。朝に3合炊いて、朝食とお弁当に使った残りをおひつに入れておいて、それをそのまま晩ご飯にて美味しく戴いています。

あと、奥様的には、おかずの数が多少少なかったり、粗食に近いメニューであっても、おひつが近くにあると何となくごまかせる気がして、助かっています。おひつの存在だけで、「あら、この家庭では食事を大切にしているのね」って他人に思わせる魔力があるような・・・。


水舞台飛び降りモノ第2号も実はあるんだけど、それはまたのちほどに。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。