スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエメンってこんなところ。

  • 2009/11/26(木) 15:53:52

イエメンで拉致されていた日本人技師が2日前に無事解放されました。めでたしめでたしです。

マモ家は2000年4月から2003年5月の間、イエメンで暮らしていました。当時は子供もおらず、夫婦だけで苦労をしながらも彼の地での暮らしを楽しんでおりました。

今回久しぶりにニュースなどでイエメンの映像を頻繁に目にして、懐かしい気持ちの反面、-日本での暮らしも長くなったものですから-、「よくもまあ、あそこで3年間も暮らしていたなあ」としみじみと感じたのでした。だってさぁ、洋装の人が一人も画面に登場しないし(兵士を除く)、砂っぽい景色ばっかり。


今回は、祝・真下さん(拉致されていた方です)解放ということで、イエメンの写真を紹介したいと思います。


↓NHKのニュースで頻繁に流れていたのが、首都サナアにあるこのイエメン門の前の映像でした。
イエメン Bab al Yemen
世界遺産に登録されている旧市街の入口です。いつも多くの人で賑わっています。

↓首都サナアを山の上から見るとこんな感じ。
イエメン 山の上からのサナア
えぇ、一応首都です。向こう側の山に向かって目抜き通りが走っています。この山の近くにノアの方舟が漂着したとされる山があります。軍事的理由で登れないのだけれど、下から眺めると、確かに方舟っぽい形をした物体が山頂に見えるのです。

ちなみに、サナアは標高2300メートルの所に位置し、もともと空気が薄いのですが、ご覧の通り緑もほとんどないために、酸素濃度が一般的な地上の8割程度と言われています。すぐに息が上がるとか眠りが浅いという症状に悩まされました。


↓真下さんが拉致された場所とは関係ありませんが、サナアを一歩離れると、こうした山岳部族のような集落が点在しています。
イエメン 山の上の集落
こんな所に住み続けるって、誇り高いと言うべきか、それとも頑迷と言うべきか・・・。


↓イエメンの女性は外ではみーんなこんな感じです。
イエメン 女性2
イエメン 女性1


↓食事は煮物が多いです。煮物と炒め物の中間かな。
イエメン 食事2
イエメン 食事1
下の写真の鍋料理は、「サルタ」というサナア名物の石鍋料理です。隣りに見えている緑の野菜はルッコラ。「イエメンにルッコラがあるなんて~!!」と私は大喜びでした。

サルタは牛か羊のブイヨンがベースの煮込み料理で、これにルッコラの辛みがとてもよく合います。それでも更に辛味が欲しい人はビスバスと呼ばれる青唐辛子を生で一緒にかじったり、ビスバスのみじん切りをトマトソースで和えたものをどばっとサルタに足します。

上の写真はいずれもレストランのもので、一般家庭のおもてなしでない普通の料理はもっと地味だと思われます。道なき道を3時間も走った所にある家庭で戴いた料理は、シーチキンとネギとトマトを煮込んだものでした。きっと真下さんもそんな感じの料理をずっと出されていたと推察しています。


・・・とえらい乱暴な紹介ですが、イエメンの空気を感じて頂ければ幸いです。
一言でイエメンを紹介するならば、「It's an another world!!!(別世界よ!)」となります。私は別にトラベラーではないんですが、今数え上げたら29カ国訪問しておりまして(でも中南米は未踏の地)、その中ではどこのどの国とも異なる土地と断言できます。

中東とかアラブと呼ばれる地域では、エジプト、ア首連(アラブ首長国連邦)、カタール、ヨルダンを訪れましたが、イエメンが一番アラブというものを残している気がします。

今の時代、良くも悪くもグローバル化とでも言うのか、どこの地域も画一的になっているように思えます。勿論、ヨーロッパはヨーロッパの香りや雰囲気を持っているんですが、首都に限って言えば、コカコーラの看板を掲げる高層ビルがあり、肌や目の色は異なるものの着ているものはほぼ同じ。

ところが、イエメンの首都サナアは、世界の最貧国の1つにも数え上げられるせいか、グローバル化とはほぼ無縁のままでいます。その町の様子はエキゾチックとも言えるし、とにかく別世界。「今の地球上にこんな場所があるんだ~」と誰もが思うはず。

という理由からか、イエメンはオタクな旅人に密かに人気があるようです。ありきたりの旅に飽きた方は、是非是非イエメンに行ってみて下さい。

イエメンに興味を持たれた方は、リンク先の「世界僻地自慢」を覗いてみて下さいね。

次回はこのイエメンでのマモ家の住まいを紹介したいと思います。今までの人生で一番豪邸だったかな。




↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

私自身、自分で自分の応援ポチをした後に、気になるタイトルなどをチェックしています。さすがはこだわりの注文住宅カテゴリー、何かと興味深い記事に行き当たります。コメントを残さずに読み逃げしていますが・・・。

私も興味を持ってもらえるような記事作りを頑張るぞ~。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。