スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具のことで驚いたこと

  • 2009/06/18(木) 22:57:33

先日「え~っ!」と驚いたことがあったので、その報告です。あ、いや個人的に驚いただけで、皆さんにとってはどうでしょうねぇ。

障子戸はまだきちんと紹介していませんが、以前下の記事で写真を少し載せました。
2009年6月10日 「建具の再利用って骨が折れる作業です」

いずれも破損した障子戸でした。で、現在その破損部分を修理してくれるところを探しているようです。「探している」というのは、我が家で現在取り付けなどを行ってくれているKさんは、残念ながら建具の修理や製作はされていないからです。昔はされていたという話でしたが。

で、そのKさんによると、あの障子戸は木曽桧の赤味だけを使ったものだそうです。私のように「それだから何?」という方のために若干の解説を加えますと、普通障子戸は高級品で秋田杉が使われ、最近ではスプルースという輸入材が汎用品に使われているようです。その秋田杉より高級品かどうかは定かではありませんが、木曽桧の使用品の価格は高くなりますし、一応は一級品と言えるでしょう。

そして今回、修理の見積もりを出してもらったところ、なんと1枚あたり6万円という金額だったそうです。新規購入でなくて、修理ですよ。ちなみに木曽桧の新品だと10万円超えるそうです。

なんかさー、ちまちまと節約するのが途端に馬鹿らしくなったと言いますか、あれこれ削って庭に廻そうと苦心しているのに、障子戸2枚で12万円も飛ぶの?と脱力です。

勿論、修理ですので継ぎ足す部材を杉にするとかランクを落とす方策はあるのですが、建具屋さん曰く「建具に嘘をつきたくない」んだそうです。いやー、嘘をついていいっすよ。障子戸は役目を果たせばいいですから。・・・というわけには行かないんだろうなあと悩み中。

たまたま以前、簾戸(すど)なるもの(建具も夏に衣替えという風流ですね~)を探していた時に、新潟県新発田市(「しばた」と読みます)にある高橋建具製作所というお店を見付けていました。ここの簾戸は美しいです。是非ご覧あれ(こちらです)。

そして本日。突然この高橋建具製作所を思い出し、修理もしているかどうか問い合わせました。答えは「しています」とのこと。実物を見て見積もりも出して下さるそうです。問題はいつ実物を新潟まで持って行けるかですよね。

なぜこの高橋建具製作所かと言いますと、私が新潟出身なので地元びいきの気持ちが1つ。また母方の祖母が製作所のある新発田出身で、実際お墓も新発田ですから、帰省の際に行きやすいという理由が挙げられます。

これから夫と作戦会議です。
それにしても、「6万円」って簡単に言うなよな~と、誰にとでもなく文句を言いたくなります。良い物を使っている家の再生の落とし穴ですかね。あ、でもやっぱり本物が最初から揃っているということにはやはり感謝すべきですよね、はい。悩ましい・・・。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。