スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具の紹介2 書院&床の間

  • 2009/06/12(金) 10:15:15

本日は一番手が掛かっていると思われる書院の建具です。百聞は一見にしかずですね。早速写真をお見せしましょう。

↓書院脇の明かり取りです。上の千本格子の欄間にも明かり取りにも裏にはすりガラスがはめてあります。
書院(09/06/09)
床の間の正面にはまだ和紙が貼られていません。一応墨色の手漉き和紙を貼る予定にしていますが、果たしてちゃんと合うでしょうか? それとも他の色が良いのだろうか・・・。悩みます。

↓見事な細工の明かり取りにずいずいっと近寄ると・・・
書院の建具
この部屋の角も随分と雨漏りがひどく、床の間の地板は使えないほどでしたが、建具は幸いほとんど無傷で残っていました。

ところで、この書院の建具も今だからこうして有り難がっていますが、正直に言いますと、昔は全然興味を持っていませんでした。いや、こういった建具は好きでしたよ。でもまさかこのトトロの家に素敵なものが残っているとは想像していなかったのです。

というのも、当時のこの有様↓をご覧頂ければ少しは私の気持ちを理解して頂けるかと・・・。
2008年6月14日(おぉ、ほぼ1年前ではないですか)の書院の裏側の様子です。
書院脇の広縁
広縁や畳の上には埃のみならず落ち葉が積もっているし、得体の知れない建具などが立てかけられていて、近寄って観察する気も起きなかったんです。しかもこの写真はフラッシュを焚いて撮影しています。とにかく暗かったのですよ~。

漆喰がきれいに塗られて、雨戸もきちんと片付けられて陽の光が燦々と降り込むと、こんなに美しい場所になるのかと正直とても驚きました。ホント、あのお化け屋敷がこんなになるなんて。


最後に、書院の隣りの床脇を紹介します。
↓物入れ(と言いますか?)の襖もはめ込まれていました。
床脇の戸襖
金箔の紙が意外にちゃんと残っていました。紙が浮いているのが気になるけれど、使えないほどではないので、紙を張り替えるとしても、まだ後でいいかなと思っています。


それにしましても、床の間の和紙選びに大いに悩みますし、床の間および床脇に飾るものの選択にも多大なプレッシャーがかかります。下手な物を置くよりは無にしておく方が無難かなあと。


次は板戸でも紹介しようかと思案中です。お楽しみに。


↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。