スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酵素玄米を導入するか、しないか。

  • 2009/03/11(水) 08:29:19

「酵素玄米を導入するか、しないか」というタイトルで、カテゴリーが「収納」というのはとてもおかしいですね。理由はですね、正式な酵素玄米を作ろうとすると特殊な圧力鍋と業務用の大きな保温ジャーが必要となるので、つまりはそれ専用の収納スペースも必要となるからです。

「その『酵素玄米』ってそもそも何ですか?」って思ってる方も多いことでしょう。私もつい最近知りました。正式なものは「長岡式酵素玄米」と呼ばれるらしく、普及会のサイトもあります(長岡式酵素健康の会)。

でもこのサイトだけでは分からないと思うので、「酵素玄米」をキーワードに検索してみて下さい。じゃんじゃん出てきます。

私なりの理解で紹介しますと、玄米と小豆と特別な塩と塩素を除いた水で炊き上げるご飯です。準備として上述の材料を全部ボウルに入れて泡立て器で8分間右回りに混ぜ、それから特別な圧力鍋できっちり時間を計って炊き上げ、保温温度の高いジャーに移して、毎日1回天地返しをし(ご飯をひっくり返して)、3~4日目以降の発酵が進んだご飯が酵素玄米とのこと。

でもね、
「炊く過程で、釜の中が真空・高磁場状態となり、オーロラ現象が発生、瞬間1200℃で、炊くときに入れておいたサンナトリウムに含まれる光分子が電子となり有機ゲルマニウムができるのです。こういった現象は普通の圧力釜ではおこりません。酵素玄米は永久に腐ったりしません。」
こういった文章を読むと、私は一歩引くどころか「ありえな~い!」と1000歩ぐらい引いてしまうのですよ。

おまけに、正式な酵素玄米の炊き方を学ぶ講習会があり、そこで用具一式を7万だか8万円で購入するのだそうです。「それってねずみ講じゃない。大丈夫?」と思わず知人に叫んだ私です。ちなみにその後私が知った限りにおいてはねずみ講ではないです。でも8万円出すかい?、自分よ。

その一方で、この酵素玄米をたまたま教えてくれたその知人が「おいしいし、身体にもいいよ」って言っていたし、何より消化が良いという点が気に入りました。普通の玄米ご飯って栄養価は高くてもあまり消化に良くないと聞きます。そして、目下の私の課題は頻繁に夜遅く帰宅する夫の食事なのです。夫は0時近くに帰宅すると、胃がもたれるからと食事をとりません。職場や帰りがけに何か軽く食べてくる時もありますが、時間が勿体ないのか、それは滅多にありません。ですので、消化の良い酵素玄米だったら夜中食にもOKなのかなと考えている次第。

作り方は神がかっていますが、お味や効果は確かなようなので、普段こういった類いのものには近寄らない私にしては珍しく悩んでいます。

そして、あちらこちらに専用の圧力鍋ではなく玄米炊き用の炊飯器で炊いている人、普通の圧力鍋で炊いている人のサイトを見付け、それらはなんちゃって酵素玄米ではあるし、そのゲルマニウムだか酵素の働きも本家に比べると弱いようだが、ただの玄米ご飯ではなく酵素玄米のていをなすもののようなので、そのなんちゃってを試してみようかなと思うこの頃です。

それでもやはり業務用の保温ジャーはあった方が良いらしいのだけれど、この業務用の保温ジャーと言うのが旅館の朝食コーナーでよく見かける茶色の大きいジャーで、要するにひどく格好の悪い代物なのです。おまけにジャンボ(2升用です)。あんなにたくさんの情熱とお金を注いだキッチンにこれが置かれることを想像すると、やはり導入に二の足を踏んでしまう妻です。

どうしようかなあ、ホントに。精米機を購入して3分づきぐらいの白米を食べるぐらいにしようかなあ。この家づくりの集まりで酵素玄米のことを知っている人っているんでしょうか? どなたか評判などを知っていたら教えて下さい。私にイエスかノーかの判断をつけさせる情報をくださいませ。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。アクセス数増加を目指して更新を頑張っています。なぜかですね、ランキング上位を目指してみたい気分なのです。ご協力のクリックを是非お願いします。または興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。