スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各所の決定事項が最終のものとなっています。

  • 2009/02/04(水) 23:04:06

永遠に続くかと思われた、使えなくなった材などの取り替えもようやく終わりに近付き、木工事は着々と進んでいます。床・天井・壁の下地づくりも始まり、それに伴って各部屋の仕様も確定しました。さはさりながら、トイレの床材がなかなか決まらずに、トイレの床だけぽっかり穴があいたように根太が張られていなくて「なんでですか?」と呑気に神明建設に質問をして、「床材が決まっていないので、つまり厚みが分からず根太を張ることができないんです」と言われていた始末です。

そして目下の緊急の決断と言えば、台所の壁です。以前パースを描きながら悩んでいた所です(こちらの記事)。本当は先週末までに決定しなくてはならないところをまだひっぱっています。ま、タイルの見積もりも昨日出たので、私だけが悪いんじゃないんですけどね(苦しい言い訳だわ)。

いずれ詳しく書きますが、今日もプロの意見が聞きたくて、世田谷は盧花公園にあるクニナカまで片道66キロの道のりを車で行ってきました。帰りは代々木にある名古屋モザイク工業のショールームにも寄り・・・。これでようやく心晴れて決定かと思いきや、実物がカタログの写真とは結構異なり、あまりすっきりとはしていません。でも今晩夫と最終結論を出し、明日神明建設に伝えることになっています。

2月3日付けの神明建設の業務日誌にも載っていますが、電気配線などの工事も今日から行われるそうです。配線も一部(私たちとしては)保留となっている箇所があるので、それも今晩中に夫と結論を出さなくてはなりません。照明器具の選定はまだ先でも大丈夫と聞いていますが、それでもこれも大仕事ですよね。

これら最終決定という仕事以外に、私たちの一番の関心事はこれまで掛かった経費の総括です(現在神明建設が鋭意とりまとめ中・・・のはず)。この費用の額如何で別棟の仕様が決まってきます。契約時に貰っている見積書と比べて、10個前後の追加工事が発生しているはずで、どれも必要だったとは言え、夫はかなり戦々兢々としている様子です。「申し込んだローンの金額で足りるんだろうか・・・」と昨晩つぶやいていました。

お金も心配ですし、私にとっては一番力が入っている台所の仕様や、新居での生活に影響が小さくない電気配線についての最終決定を下さなくてはならないプレッシャーはありますが、明日の現場訪問もとても楽しみです。明日は写真付きでいろいろ報告します(予定)。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。ランキングが上がるととても励みになります。ちょっとは参考になったと思われたら、応援のクリックをお願いします!あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。