スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この石たちをどうしましょうか?

  • 2008/11/28(金) 23:35:19

古屋のトトロの家にはたくさんの石があります。
まずは、地中から出てきた大谷石 ↓。こんなにたくさんどうしろと言うのでしょう。
大谷石と古瓦
写真の手前には石ではありませんが、屋根から下ろされた大量の瓦です。瓦の処分費は高いそうなので、取り敢えず取って置いてあります。この間はこの瓦の間を蛇が這っていました。


そして、これらは↓アプローチに埋められていた石です。飛び石のアプローチは風情がたっぷりで大好きでしたので、再生後も同じようにしたいと思っています。写真をクリックすると大きくなります。
一時避難中の敷石



最後に今一番問題となっている石↓。これは玄関土間に置いてある御影石です。恐らく土間から居室に上がるための上がり框的な使われ方をされていたと推察できるのですが、この石そのものもサイズが大きく、子供たち特に次男には上がり框の役割を果たしません。ですので、当初はこの石を撤去してちゃんと欅の上がり框を造作してもらう予定でした。
土間の巨大石
で、最近のこと。大工さんたちがユンボを使ってこの石を撤去しようとしたところ、ユンボごときではびくとも動かなかったそうです。推定2トンの巨大石です。上棟式の時には社長の腰掛けとして役には立ちましたが、その時にこの話が出て、「どうしましょう...」となりました。

私たち施主にとってはやはり邪魔な存在です。というかここには普通の上がり框を欲しいです。で、現在土間に穴を掘って(恐らく人力ですよね)、この石を埋めてしまうことを検討中だそうです。また余計なお金が掛かるよ(涙)。

同じ巨大石でもこちら↓は最初から外にあったので、そのまま生かされるラッキーな石。分かりづらいですが、南側広縁の外に置いてあります。広縁に腰掛けると、足を載せるのに丁度良い塩梅だと思います。
広縁の前の巨大石


田舎物件を購入すると、もれなくこんな感じの石たちが付いてきます(使えるかどうかは別として)。興味のある方は是非どうぞ。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。