スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根工事に着手されていました

  • 2008/11/27(木) 14:09:00

工務店との打ち合わせも兼ねて、26日(水)にちょっくら現場に出掛けてきました。進入路には大きな搬送トラックが止まっていて駐車できなかったので、近くの神社に車を止めました。

その搬送トラックは屋根断熱に使うスタイロフォームを持ってきてくれていました。大工さんが必要な大きさにカットしています ↓。
屋根断熱材


そして、工事の方はと言いますと・・・、垂木の上に軒天が据えられ始めていました ↓。垂木は柿渋で、軒天は柿渋&黒ベンガラで着色したものです。そうです、私たちが苦労して塗装したものです! とうとう取り付けられました。感無量。
垂木と軒天 2008年11月26日


スタイロフォームを入れるところまでは見ること叶いませんでしたが、こうして出来上がっていくんですね。あ、でも今はまだ北側改築部分の下屋です。母屋の寄せ棟はいつ始まるのかなあ。明日また現場に行く予定なので、どんな風になっているのか楽しみです。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

収納講座とムンバイのテロ事件

  • 2008/11/27(木) 23:43:16

今日は本来であれば整理収納アドバイザー芳賀さん宅での収納講座を受ける日でした。が、いろいろな事情があって泣く泣くキャンセルさせて頂きました。一番の事情は2歳半の次男のこと。当初は一緒に連れて行くつもりで、芳賀さんの了解も戴いていたものの、やはり皆さん真剣に受講されているところを騒ぎ出す次男は迷惑以外の何者でもないと考え直し、託児所に預けることに。その託児所に突然1日預けるよりは2~3時間ずつ慣らしを・・・と計画していたのですが、11月中は本当に忙しく、そういう半端な時間だけ次男を預けることがとうとうできなかったのです。で、無理をしないということでキャンセルしました。

収納講座は朝の10時スタートで、今の住まいからですら長男(幼稚園の早朝預かり)と次男を順番に預けていくとぎりぎりの到着です。トトロの家に引っ越してからは絶対に無理な時間なので、引っ越す前に収納講座を受けたいのです。以前芳賀さんたちから収納についてのアドバイスを戴き、新居では収納のソフト面での充実を図るべくこの講座を楽しみにしていたんですけど・・・。まあ、いずれチャンスはあることと信じます。

さて、そんな27日でしたが、ショッキングなニュースが飛び込んできました。インドのムンバイでのテロ事件です。しかも日本人男性1名が犠牲になってしまいました。とても他人事ではありませんでした。

実は整理収納アドバイザーの芳賀さんはムンバイに駐在されていたことがあります。私はムンバイではありませんが、インドの首都デリーで暮らしたことがありました。そんなつながりがある芳賀さんの講座を受けていた筈の日に、こんな事件が起きるなんて・・・。

マモ家も日本暮らしを始めて3年近く経ち、すっかり平和ボケしてしまいましたが、以前のあの少しぴりぴりとした緊張感が蘇りました。今の千葉での暮らしを始める前は10年間海外を転々としていたのです。

結婚して最初に暮らした国ウズベキスタンでも、大統領を狙った爆弾テロが起き、その時丁度近くを通りかかった日本人の方から生々しい音の話などを聞きました。その次のイエメンではイギリス大使館やアメリカ大使館を狙った銃撃や手榴弾投げ込み事件がありましたが、それよりも、イエメン滞在中にあの9.11が起きたことの衝撃の方が強いです。反米意識が強烈な国だとは感じていたものの、あのテロ事件に対する反応でそれを思い知らされました。町中でVサインをする人たちや、「よくやった」とテロリストたちを褒める人たち・・・。

ムンバイを訪ねることは滞印中には叶いませんでしたが、あのテレビに何度も映し出されているタージマハルホテルは、ムンバイの象徴とも言える建物です。その建物からあのように煙が上がってくるとは・・・。同じように襲撃されたオベロイホテルやトライデントホテルはデリーにもあり、私たちにとっては洒落た息抜きの場となっていました。ちょっとした時間や場所のいたずらで同じことが私たちの身にも起こったかもしれないと思うと、全く他人事とは感じられないのでした。ましてや、今回犠牲になられた男性には2人の小学生のお子さんがいらっしゃるそうです。同じ家族としても本当に胸が締め付けられ、胃が痛くなる思いです。

日本でも私が子供の頃からは考えられない事件が多発しています。それでもそういった怪奇な事件を別にすれば、日本はまだまだ安全な国なのだと実感させられました。久し振りに日本以外のことをじっくりと考えた一日でした。全く嫌な出来事がきっかけではありますが・・・。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。