FC2ブログ

これが我が家の桁だ!

  • 2008/10/14(火) 10:09:19

皆様は3連休をいかがお過ごしでしたか? マモ家は土曜日はのんびりと過ごし、日曜日はコイズミ照明のショールームに出掛けました。予め図面などを送っておくと照明プランを作成してくれるサービスもありますが、我が家はとりあえず照明の実物を見に行ってみようと予約もなしに出掛けました。

他の照明のショールームをまだ訪ねたことがないので、比較はできませんが、コンパクトに結構な種類の照明が展示されていて、分かりやすかったです。やはり専門家の手を借りないことには、照明プランの作成は無理と実感できましたので、近い内に図面などを揃えて作成の依頼をしたいと思います。

ところで、この時は車で行ったのですが、途中の人形町でお祭りがあり、日本橋消防署がはしご車と地震体験車を出動させていました。両方とも実際に乗ることができます。「子供たちも喜びそう!」ということで、車を近くに止めて行ってみました。

はしご車は15メートル(5階と同じ)の高さまで上げてもらいました。これだけで十分の高さでしたが、50メートルまではしごは上がるとのこと。今回体験した高さの3倍以上って・・・と絶句。

はしご車に長男と乗って・・・
はしご車に乗車

おー、高い高い。
はしご車、高い高い

地震体験車も前からずっと乗りたくて、今回ようやく体験できました。おまけに地震のリクエストまでして、関東大震災を体験してきました。長男は幼稚園での訓練が身に付いているようで、揺れ出したらすぐに机の下に潜り込み、消防署の人にえらく褒められていました。

関東大震災はとても強い揺れで、当時の人々の恐怖はいかほどかと思いました。このクラスの地震が来たら、古屋はきっと倒れるか、少なくとも柱は束石から外れることでしょう。幸い敷地は270坪と広いので、ぐらっと来たらすぐに庭に逃げるようにと夫から言われ、また屋外での避難生活も送ることができるでしょう。備えさえしっかりしていれば、何とかなるのかなと認識できました。普通の家は免震構造だの耐震構造だのという話になるのに、我が家の場合は、倒れることを前提にするって・・・(苦笑)。

閑話休題。タイトルの桁の紹介です。
月曜日には古屋の様子を見に行ってきました。古屋での工事はお休みでしたが、工務店では墨付けの作業を行っているということでしたので、工務店にも出掛けました。

じゃじゃーん。我が家の木材で一番大きい物がこれです。あまりの立派さに思わず声が出ました。屋根のすぐ下の桁だそうです。墨付けを行っている大工さんの体重の10倍の重さはあるとのことです。これを据え付ける作業も大変そうですね。
上屋根の桁
ところで、桁と梁の違いを分かっていないので(どちらも水平方向に据える材ですよね)、今度社長に聞いてきます。そしてここでミニ講座をお届けできると良いのですが。

この写真には写っていませんが、柱は杉の100年物だそうです。この工務店では今までは80年物を使用し、100年物は初めて使うそうです。あの古屋のためにとても有難いことです。

それにしても毎度感じることですが、1本1本墨付けされて刻まれているのを見ると、自分たちの家が「つくられている」ということを実感できます。「つくる」といえば、来週あたりに自分たちで行う外壁の塗装作業が始まります。組み上げられる前の材の内に塗装してしまうことになっています。ちびっこどもがちょろちょろする中大変そうですが、とても楽しみでもあります。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
敷地整理も終わりに近付いています。間もなく北側増築部分の地盤調査が行われます。それが終われば、いよいよ本体工事です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

スポンサーサイト