スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梁が見えたぞ!

  • 2008/09/24(水) 15:06:04

22日(月)に工務店から「和室の天井を剥がし、隠れていた梁が見えました。リビングの天井と見え方はほぼ同じと推察され、今度の土曜日にお時間を戴けますか」という連絡を貰いました。

プランニングの当初は、リビング側の天井をなくして梁を現しにし、一部にロフトもつくるつもりでした。ところが予算の削減などの観点から、このプランを見直す可能性があがっていたのでした。結論は実際の梁を見てから・・・ということに落ち着いていたのですが、早速その機会が訪れたというわけです。

せっかちの私たちは土曜日を待たずに23日(祝日)に自分たちで見に行ってきました。81年の時間を経て現しになる梁が横たわっているはずが・・・、暗すぎて見えません。夫が雨戸を開けてくれ、ようやく見えました!
和室天井の梁

古民家再生の雑誌などに毒されている私から見ると、想像していたものよりなんだか細めの材木のように見えます。雪国の古民家ではないのだから当たり前か。

ところで、梁を現しにする場合の問題がコスト以外にもう1つあります。あまり美しくない垂木を隠すために、屋根裏を丸まる見せるのではなく、天井板を今より若干高い位置に張るそうで、そうするといくつかある梁のほんの一部しか現しにならないという点です。それじゃあ意味がないじゃん!
屋根裏立面図部分
赤の部分が新しく張る天井板となり、それより上にある梁は隠れてしまいます。その話を聞いた時は「垂木が見えたっていいじゃない」と思っていましたが、実物を見ていろいろ考え込んでしまいました。

夫と話し合った結果、敢えて梁の現しにこだわる必要はないし、ロフトのできる部分の1階天井高が2メートルと若干圧迫感を感じさせるしということで、吹き抜け&ロフト案はなしにすることとしました。ということで、古屋の現状がほぼそのままで再生されることになります。

それにしても、それまで正直なところ、いくら古いとか価値があるとは言え「建物」としか見てこなかった物が、天井を抜かれた屋根裏というか構造を初めて目の当たりにし、突然この建物をつくった人間の息吹というか存在を強く感じ、何とも形容しがたい圧迫感を感じました。家や大工さんたちのエネルギーでしょうか。なかなか得難い物に出会ったしまったんだなあと改めて思った瞬間でした。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
今日から好天がしばらくの間続きそうです。敷地整理の作業が順調に進みますように。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

物好きな方はいませんか?

  • 2008/09/24(水) 15:45:05

突然ですが、敷地整理も始まり、早ければ来週からは新しくつくり直す北側部分を取り壊す工事も始まるはずです。

その際に今残っているいろいろな物がゴミとして処分されてしまう運命にあります。私たちもできるだけゴミとして出したくなはないのですが、いかんせんそれらを上手に再生させるセンスや知恵もなく、勿体ないなあと指をくわえながら眺めるだけで終わってしまいそうです。

いくつかの古道具屋さんに引き取りなどの照会もしてみましたが、「価値なし」という返事で終わってしまいました。確かに価値としてはないのですが、引き取ってもいいという変わった方(失礼!)がひょっとしてこの世の中にはいるのでは?と思い、ブログで訊いてみることにしました。

興味を持たれた方はコメント欄で「管理人にのみ表示を許可する」にチェックを入れてご連絡ください。なお、かさばる物なので郵送などはできかねまして、ご自分で取りに来られる方に限らせて頂きます。

玄関土間の農機具
玄関土間に置いてある農機具

古時計
ねじを巻けば動き出す古時計。でも修理は必要だと思われます。

食器類
中身を完全には把握していないけれども、食器類

他にも写真には撮っていないのですが、木製や磁器の火鉢がいくつかあります。

酔狂な方(度々失礼! でも本当にがらくたなんです���G)からのご連絡をお待ちしております。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
さあ、住まいブログに参加している方、もしくはチェックをしている方の中から奇特な方は現れるのでしょうか?!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。