スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歩前進のための1歩

  • 2008/09/15(月) 22:45:48

昨日の記事での予言?通り、今日は境界確定作業と工務店との打ち合わせがあり、なかなか充実した1日となりました。

境界確定は3軒いる隣人のうち、1軒とだけ済ませるという話でしたが、なんとなくぱらぱらと全員揃って終わったような気がします。「気がします」というのは、いかんせん2歳児と4歳児を連れているため、そちらの相手もしなくてはならず、また敷地が背丈程もある草ぼうぼうの230坪なので、家やブロック塀の裏手などに回られると、皆さんがどのようなことをしているのか全く未知だったのです。私も向こうに参加したいのに、子供たちがやれバッタを捕まえるのを手伝えだの、トンボを捕まえてだのとうるさくて。

立ち会って下さった工務店の専務によれば、仮杭は打たれたので、あとは家屋調査士による測量&図面作成の作業を待つばかり・・・のようですが。これらが終了すれば、ようやく土地代金の残金支払いと登記ができます。

夫は「田舎の家屋調査士というのも大変な商売だなあ」とつぶやきました。確かに都会の土地ですとほぼ整地されているのだと思いますが、我が家の場合、背丈程伸びている雑草生い茂る土地の中を蚊に刺されながら歩き回り、長く放置されていたので傾いているブロック塀の足下に杭を打つ作業もこなし、かつ整った形の土地でないためあちこちに杭を打たねばならず、重いコンクリート杭を何度も往復しながら運ぶ・・・。本当にお疲れ様です。

また、最大の懸案事項であった境界確定で揉めていた家の方とも合意書を交わしました。いくつか条項はありましたが、「現在使用されている境界と、公図の境界とが相違しているが、これは現在使用されている境界をもって境界とする」という条項が一番肝心。さはさりながら、公図とずれているのが問題なのだから、早いうちに公図を訂正する作業をしておきたいなあと考えています。お金はかかるんだけど・・・。やれやれ。

さて、工務店との打ち合わせ内容ですが、これは次回のお楽しみに。明日は朝一番の飛行機で神戸に行かなくてはならないので。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
我が家の前の家の方から、刈り取りが終わったばかりの新米を戴きました。嬉しい限りです。今まで新潟からお米を送ってもらっていましたが、来年からはご近所からの「千産千消」といきましょうか。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。