スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古屋の「廃屋ぶり」を紹介します

  • 2008/06/08(日) 22:43:28

7日(土)は工務店との打ち合わせでした。打ち合わせと言っても、私たちが家づくりの要望をまとめたプランニングシートを提出できなかったので、ざっくばらんな話し合いと今までのところの疑問点についての話し合いとなりました。

それでも先週のお互いどのように間合いを取ったらいいのかわからない雰囲気ではなく、かなり打ち解けたものとなり、且つお互いを少しずつ理解できるようになっているように感じられ嬉しく思いました。

そして、西側中2階の部屋の窓が全壊しているため、養生する作業が始まっているとのこと。打ち合わせの後に早速出掛けました。そして、8日(日)も雨の中どんな様子なのか見に行ってきました。今回はその2日間で撮ってきた古屋の写真を公開します。写真をクリックすると大きくなりますので、是非大きくしてもののけぶりをご覧下さいませ。

ガラス戸 
↑ これが工務店社長と夫のお気に入りであるガラス戸です。このガラスのゆがみが良いのだそうです。ふ~ん・・・。

古時計 
↑ 室内に残っている古時計。

テレビ 
↑ テレビもいかにも年代物ですよね。

玄関土間の農機具 
↑ 玄関土間には農機具も残されています。

床下のたけのこ 
↑ 床下にはたけのこも生えてきています。竹藪からこの床下まで結構な距離があるのに、長い年月の間にここまで根を伸ばしてしまったのですね。床を突き破ってきたらどうしよう。ちなみに、ここには真竹、孟宗竹、淡竹(これで「はちく」と読む)と揃っているそうです。上手に残せば毎年たけのこ狩りを楽しめます。

蔦に浸食されている中2階 
↑ ベランダではありません。中2階の居室です。窓がなくなっているため、蔦などの植物が浸食しています。床も一部抜け落ちそうです。でも実物は雰囲気も眺めもとても良いんですよ。今回はこの部分が養生されました。これ以上雨が吹き込まなくなります。よかった。

勝手口
↑ ここは北側にあったはずの台所の勝手口と思われますが、ご覧の通り天井(天井というよりは、天井とその上に乗っていた木の根っこ)が崩れ落ち、ここを通ることができません。10日程前はここまで崩れていなくて通れたんですよ。雨が降るたびに何かが崩れる古屋です。

北側居室
↑ これが一番分かりやすい写真かなと個人的には思っています。天井のみならず床まで崩壊していて廃屋ぶりをよく伝えてくれます。手前の床がなくなっている部分に台所があったと思われます。

さて、これらの画像を見て皆さんはどんな感想を持つのでしょうか? ちなみに私の父が先週この家を見にわざわざ新潟から出てきました。そして一言の感想。「我が娘ながら変人としか言いようがない」だそうです。父は土建業の人間で、今はとある工務店の安全管理アドバイザーをしています。建築とは無関係でない父がこのように言うのですから、素人の母なんかが見たら唖然とするのでしょうねえ。

工務店より引き渡しまでの大まかなスケジュール表を貰いました。それによると先週いっぱい古屋の調査と作図に取り組んでいて、その後20日までにプランおよび概算見積もりを作成となっています。今日我が家からのプランニングシート(要望書のようなもの)をファクスで送ったので、それをもとにいろいろ考えて下さるのでしょう。楽しみです。

そうそう、昨日は工務店との打ち合わせの後に、敷地を接するご近所様3軒に挨拶回りをしてきました。20年以上も空き家だっただけに、どんな人間があそこに来るのかと皆さんの興味津々という様子がびしばし伝わってきました。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。ようやく再生プロジェクトの始動です。忙しくはなるんでしょうけど、楽しみでもあります。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。