スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地の結論が出ました!

  • 2008/05/15(木) 00:15:28

々と引っ張ってきた土地の決定。

最初に公園と隣接していた土地に出会い、仲介不動産屋を経由して購入の意思を伝えたものの、その後3ヶ月間進展がありませんでした。相続登記に時間がかかっているということでしたが、「○○頃には契約できそうです」という連絡が反古にされることが2回程続くと、「売主は本当に売る気があるのだろうか?」と疑心暗鬼に・・・。

そんな折に、夫がたまたま古屋付きの土地を見つけました。それが4月半ばのこと。公園隣接の土地が駄目になった場合の担保的な意味合いでその土地を見に行ったのでした。ところがところが、結局その土地が本命になってしまったという次第です。


12日(月)に古屋付きの土地の問題点がクリアーになり、その夜に私たちの結論は古屋付きの土地にしようとなりました。

4月の終わりには公園隣接の土地も契約の準備が整ったとの連絡を貰っていたのですが、そちらの売主さんと不動産屋さんには大変申し訳ないものの、丁重にお断りをしました。と言っても、この嫌な役割は夫のものだったので、妻は実際のやり取りは見ていないのです。万事抜かりのない夫なので、きちんとお話ししてくれたことと思っています。

公園の土地までわざわざ見て下さった、家づくりをお願いしていた耕木社にも断りを入れなくてはなりません。夫が通勤の間に文案を作ると言っていました。


して、その翌日13日(火)に古屋付きの土地の購入申込書を提出しました。今日の夜に不動産屋より電話があり、いくつかのことをこちらに確認した後、これから売主の方とスケジュールの調整を図るという話でした。

今後の流れは以下のようになります:

進入路の拡幅メートルの決定

契約

敷地の境界確定および敷地内の片付け(不要な木や竹薮や家の中の布団など)←これは売主負担

決済



契約にこぎつける迄まだ気は抜けませんが、今度こそ大丈夫でしょう(そうあって欲しいと切実に願う妻)。

その契約が無事済んでからの話になるけれども、あの鬱蒼とした屋敷森の木の選定・伐採や家の中のお宝探し(古時計や食器なども残っているのです)が今から楽しみです。


と話し合ってこの土地にしようと決めた後、「この結論って結構な博打のようなものですよねー」と笑い合いましたが、私個人の心には「絶対いい家になる!」という確信がふつふつと湧いてきました。

私は子供の頃から、この根拠のない自信というか思い込みをよく持ち、そして不思議なことに、周りの「無理、無理」「できっこない」という言葉をよそに、ほぼその通りになるという道のりを歩いてきました。今回も資金が潤沢にあるとかではなく、いつもの根拠なしの思い込みでしかないのだけれど、きっと大丈夫。さあ、頑張るぞー!




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。問題なく(多少あってもいいけれど)契約まで進めるように一緒にお祈りして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

息子の言葉

  • 2008/05/15(木) 22:33:33

すみません、家づくりとは全然関係のない話です。今日あんまりにも面白いことを4歳の長男が言ったので、いろんな人に話したくてブログにまで書きます。


息子「お母さん、ほら見て、犬が2人いるよ」

母 「ホントだ。でもね、犬は『1人、2人』じゃなくて『1匹、2匹』だよ」

息子「でもね、オレは知ってるよ(負けず嫌いな息子です)、馬はね『1着、2着』って数えるんだよ」


以前「息子のしりとり遊び」でも書きましたが、私の父が競馬をするので、私の実家に行くたびに息子は競馬場へも連れて行かれます。じいじが大喜びしそうな間違い話です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。