スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古屋付きの土地の写真を撮りました

  • 2008/05/06(火) 23:19:23

連休前の宣言通り、候補となっている2カ所の土地を何度か見に行ってきたマモ家です。これまで古屋付きの土地を見に行く時は必ず雨天で、なかなか写真を撮ることができなかったのですが、今回ようやく晴れの日に当たり、不動産屋と一緒ではなかったため敷地外からですけれど、何枚かの写真を紹介します。

まずは北側で、家の裏側に当たります。クリックして拡大して見て下さい。木の間に屋根が見えるはずです。それが再生される古民家(廃屋)です。屋敷森というのか鬱蒼とした木立に囲まれていますよね。この木々も選別して、さらに残した木をちゃんと選定すれば、「鬱蒼」から「風情」に変わるはず。

CIMG2016_convert_20080508143830.jpg



そして西側から。西側は水田に面しています。側面から見ても鬱蒼とした木に囲まれて、家がほとんど見えません。ここからの眺めは私のお気に入りです。

CIMG2019_convert_20080508143934.jpg


最後に侵入口。この土地は幡竿地というのか、竿部分の両側に他の家が建っているという形状の土地です。まるで2軒の家を侍らせているようにも見え、ちょっと偉そうな土地なのです。奥に見えるのが古屋。進入路の石畳もお気に入りの一つです。この進入路の拡幅については隣家と相談してもらっているところです。

CIMG2021_convert_20080508144006.jpg



近くからの家の外見と、廃屋と呼ぶにふさわしい家屋の中をお見せできないのが残念です。もし実際にこの土地を購入することになりましたら、たっぷりお見せできますので、結果発表をお楽しみに!

それにしても、こうして写真でじっくり見てみると、本当に再生できるのか?と思ってしまいます。「マモ家も物好きねー」という反応が多いことと推察します。ちょうど今の季節と相まって、木の緑も濃さを日ごとに増し、どんどんもののけっぽい雰囲気が強まっています。

また、屋根の一部が落ちている様も見て取れると思います。家の寿命が着々と近づいているのです。再生を請け負う工務店曰く、この梅雨が限界だろうとのこと。雨が降るたびに「あの家はどうなっているんだろう」と気になるマモ家なのでした。

↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。土地については最終的かつ重要な決断の時が刻々と近づいています。悔いのないようにしたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

思わぬ出来事が!

  • 2008/05/06(火) 23:57:09

今日はGW中の話を2つアップします。これが2つ目の記事です。

さて、GW中は何度か両方の土地を見に行っては、「う~ん、どっちも捨て難い」と悩んでいたマモ家ですが、実は今日の午前中は古屋の再生を請け負う工務店と土地の仲介をする不動産屋との打ち合わせが予定されていたのです。

再生を請け負う工務店は、土地と同じ地域にあるので社長がこの古屋の隣家とも付き合いがあり、進入路の拡幅の交渉までして下さっていました。

古屋の再生にかかる費用の概算見積もりは今月いっぱいかかるという話でしたが(この話はこちら)、今日の打ち合わせでは拡幅部分の状況説明とかあるのだろうと考えていました。何か一つでもクリアーになれば、こちらの土地に大きく心が傾く材料が増えるなーとも。

ところが! 昨晩突然不動産屋から連絡があり、その工務店の社長が体調不良で入院されたとのこと。当然のことながら打ち合わせはキャンセルです。

そして、間が悪いことに、公園の土地の不動産屋からは「売主さんは準備万端で、売買契約をいつにしますか?」という電話が・・・。こういうタイミングで実に心臓に悪いっす。夫に対応してもらいました。

夫は事情の全部を明らかにはしないものの、それなりにこちらの現状況をほぼ正直に話したようです。不動産屋としては今まで私たちの意を受けて散々売主を急かしてきただけに、売主が準備万端となったこの今に待ったをかけられるのは、売主に対してバツの悪い思いをしてしまうと。本当にそうだと思います。こちらから事情を説明する手紙とかを私たちが売主に出すことも提案しましたが、その必要はないと言われました。不動産屋の石井さん、本当にごめんなさい。

本当はこの連休中に耕木社とも話し合いが持たれるはずでした(少なくとも私はそのように理解していました)。が、結局耕木社から連絡はなく、私たちから急かすのもどうかなあと思っていたのですが、公園の土地の不動産屋が耕木社ともお付き合いがあるそうで、さりげなく事情を聞いてくれました。やはり私と向こうの理解に齟齬があったようで、耕木社はこの連休明けに私たちに連絡を取るつもりでいたことが分かりました。

耕木社から前向きな言葉をもらえると、今度は公園の土地にぐんとポイントが増えます。不動産屋はとりあえずこの耕木社との話し合いまでは待ってくれる(売主に待ってもらうよう説得するということでしょう)ことになりました。

間が悪いというか、なんかもういろんなことが一度に起きたり、状況が錯綜したりで、ぐちゃぐちゃです。しかし、心惹かれる物件が2つあることは事実であり、私たちの混迷劇に巻き込んでしまった方達には誠意を持って接し、私たち自身も一生に一度の買い物ですから、やはり慎重に許される範囲内でじっくり考えたいと思います。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。土地については最終的かつ重要な決断の時が刻々と近づいています。他人への迷惑がいよいよ明白になってきましたが、悔いのないようにしたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。