スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコホームズ その1

  • 2008/02/22(金) 22:11:05

今日は千葉市は蘇我にあるエコホームズ(株)に行ってきました。
エコホームズは「外断熱の地熱住宅」を扱っている工務店です。ここのサイトをご覧になれば、一目瞭然ですが、とにかく情報量が多く、なかなかに「おたく」な会社です。しかしながら、営業の末包さん(これで「すえかね」と読むんですよ、とっても珍しいお名前ですよね)を始め、しごく真っ当に誇りを持って仕事に取り組まれているプロ集団です。

さて、「地熱住宅」とはなんでしょうか? これは夏の間地下に蓄えられた熱が半年ほどのタイムラグを経て、つまり冬の時期に地表に伝わるという性質を、住宅の暖房に利用するというものです(私の理解では)。もともとはアイヌの「チセ」という住居がこの仕組みを利用し、エコホームズではこれを一般住宅に応用しているのです。

詳しい解説は上記のサイトをご覧戴いたり、社長の玉川さんが本を出版されたので、それを是非お読み下さい。

家族・住い・地球が長生きできる家―無垢の檜と外断熱で建てる地熱住宅家族・住い・地球が長生きできる家―無垢の檜と外断熱で建てる地熱住宅
(2008/01/10)
玉川 和浩

商品詳細を見る


とは言いつつ、この地熱住宅は理屈だけ読んでいては、100%理解するのはとても難しいです。そこでマモ家は2月16日(土)にこのエコホームズ主催の現場及び入居済みのお宅を訪ねるバスツアーに参加してきました。

最初はまもなく引き渡しという現場でした。外壁はほぼ完成していたため、断熱材を見ることはできませんでしたが、内壁は一部張られていなかったので、壁内の空気通路がよく観察できました(いわゆる外張り断熱です)。確かに充填断熱よりは空気の通りは良さそうで、その分構造材にはうってつけの工法なのだなあと実感できました。

2件目のお宅は既に入居済みで、暮らし始めてから1年ほど経過しているそうです。地熱利用の効果は1年後よりは3年後、3年後よりは5年後と実感できるそうで、今回は残念ながら「これが地熱効果なんだ~」とは実感できませんでした。それでも、床下や屋根裏に設置されているダクトやファンを見ることができました。

また、こういった施行例や現場見学会では、エコホームズ独特のシステムだけでなく、家を建てたい者としてやっぱり気になる間取りや、そのお宅ならではのこだわり等を知ることができるのも大きい実りですよね。

そして、本当はもう一軒見学させて頂く家があったのですが、我が家は同伴のちびっこギャングたちが限界に近かったので、そこで帰らせて頂きました。そして、床下のこと、システムのこと、シロアリ対策のことなど、未だ少し不明点が残ってしまったので、22日(金)に末包さんにお時間を取って頂き、会社でお会いしたのでした。

「エコホームズ その2」に続きます。


↓ ↓ 住まいブログのランキングなるものに登録しています。読んで下さりありがとうございます。1クリックが励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。