スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地を見つけるまで その1

  • 2008/02/18(月) 16:52:39

最初に気に入った土地はどんなところかと言いますと・・・

おおむね正方形の約107坪の広さ
南に公園と接地し、東と北に道路があります。
西側のすぐ隣と、北側に道路を挟んで家が建っています。
小学校もスーパーも徒歩10分圏内。
南の公園の向こうは田んぼが広がっています。


この広さと条件で坪単価10万円を切るのですから、千葉っていい所だなあ。あ、でもガスは通っていないのでプロパンガス使用、また下水道も通っていないので、合併浄化槽を設置しなくてはなりません。これらは私たちが土地を求めている地域全般にいえることなので、私たちにとっては特にマイナスにはなりません。ちなみに最寄りの駅からは特急を使うと東京駅まで40分です。夫の通勤にもOK。

ひとつ難点を挙げるとすれば、

以前、プランの話し合いを随分と進めていたA工務店の建築条件付き土地と道路を挟んで隣り

ということです。東側道路の向こうは空地ですけれど、その空地がなにあろう、私たちが土地代金を支払っていた(けれど、工事契約が済むまでは「預かり金」扱いなので、実際には我々の所有とはなっていなかった)因縁の土地なのです。

隣りの今の土地に決めたぐらいだから、そのA工務店の土地も立地条件は申し分ありませんでした。ただ、A工務店がねえ・・・。新興の会社だし、一流どころではないとは十分承知の上で、土地の条件と価格に惹かれ、かなり悩んだものの決めました。それからは第三者の力を借りたり、自分たちの勉強で、A工務店の難点を補おうと頑張ったのです。

ちなみに、その当時は「自然素材」、「無垢の木」とか「伝統軸組工法」なんて言葉は我が家の家づくり辞書には載っていませんでした。とにかく広めの土地に、40坪程度の平屋を我々の予算内に建てること、それだけを目指していたのです。

小さい不満をいくつかA工務店に持ちながらも、毎週末A工務店に通い、プランを煮詰めました。が、後半同じミスを繰り返すA工務店にまず私が怒りを爆発させ、更にタイミングが良いのか悪いのか、交代したばかりの設計士が「では、次の打ち合わせまでに駐車場も組み込んだ見直しプランを出します」と言っておきながら、その次の打ち合わせ時に土地すら見に行っていないことが露呈。これには夫も呆れ果て、信頼の持てない会社とこれ以上話を進めることはできないと、解約を申し出たのでした。

「近所の幼稚園まで申し込んでいたのに、一から出直しなんて・・・」と徒労感に襲われつつも、A工務店と関わっていた4ヶ月間は私たちも家のことを随分と勉強させてもらい、悪いことばかりではありませんでした。

「土地を見つけるまで その2」に続きます。



↓ ↓ 住まいブログのランキングなるものに登録してみました。1クリックが励みになります。これからよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。