スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家再生のポイント=基礎の補強=

  • 2008/06/10(火) 11:25:56

般的に古民家の欠点は3つあると言われている・・・とあちこちの本に書かれています。
その3つとは、

A.基礎の脆弱さ
B.寒さ
C.間取りの悪さ
  です。

これらをいかに解決していくかが設計者や施工者の腕の見せ所となりますし、それぞれの民家の個性を決めていく要素にもなると思われます。


A.基礎の脆弱さ
築100年以上たった民家の多くは「石場建て」で、礎石と呼ばれる自然石の上に柱を載せています。我が家の古屋もそうです。この工法は基礎コンクリートのように全体で家の荷重を受けるのではなく、それぞれの礎石に荷重されるため不同沈下を起こしやすいのが欠点です。不同沈下を起こすと、柱や土台が地中に埋もれ腐食したり、腐食のみならず家自体を歪ませて、すきま風の原因ともなるのです。

そこで、その解決策として布基礎やベタ基礎が開発されてきたわけです。ベタ基礎は不同沈下に強いだけでなく、地面からの湿気も防ぐ役割を果たしています。

古民家再生の現場においても、移築の場合は新築とほぼ同じ工事過程ですから、ベタ基礎なり布基礎を敷設して、その上に解体された構造体を組み立てることになります。現地再生の場合は、揚げ家といって床から上をジャッキアップして、家を空中に浮かしたまま基礎を敷設する方法があります(ここに解体からのかなり詳しい工程写真が載っています)。費用は相当かかるらしいです。揚げ家をする程予算はないという場合は、こんな方法あんな方法があるようです。

我が家の場合はといいますと、崩壊している北側は別として、残存している南面10畳2間の水平レベルは0、つまり不動沈下を起こしていないそうです。よっぽど固い地盤なのですね。揚げ家は我が家の予算からして無理そうなので、上述のこんな方法やあんな方法をプリントアウトして工務店に見せながら、あれこれ検討した結果、
い)80年経っても不動沈下を起こしていない
ろ)費用対効果
は)現在瓦葺きとなっている屋根をガルバリウム鋼板のものに替える(重量が半分程度になる)
という理由から、現在の石場建てのままにするということになりそうです。北側の崩壊している部分は、一旦全部撤去して新しく増築という形になりますが、建築基準法にのっとり?追加遡及されない程度の増築面積として、この新しく付け足す部分も石場立てとします。この辺りの事情は、この記事の後半に詳述してあります。


家再生の本を読むときまって古民家の基礎の弱さを指摘していることから、私は石場建てのままで大丈夫かと大いに不安だったのですが、80年問題なかったという実績とやはり費用対効果をとりました。予算が潤沢にあればそれぞれベストと思われる方法をとり、基礎も揚げ家をしてベタ基礎を敷設するのでしょうが、限られた予算の中ではひとつひとつのことに費用対効果を考え、予算のメリハリをつけなくてはなりません。

敷地は三方を水田に囲まれ、また地下水位も低くはなく(玄関脇の井戸をのぞいてみたら、水面まで1メートルありませんでした)、湿気の面では決して好条件ではないのに、土台がしっかり残っていたのは昔ながらの基礎の高さと風が十分に床下を吹き抜ける造りだったからでしょう。

ただ、床下スースーは夏には向いているのでしょうが、冬期の寒さが気になります。これは断熱材の適切な施工や床暖房などによってある程度は解消されるだろうと。基礎断熱を施した家などに比べたら熱損失は大きそうですね。


に耐震性も心配です。基礎コンクリートという「面」で家を支える構造と礎石と柱という「点」で支える構造とでは、素人でも基礎コンクリートの方が地震に強そうだと分かります。その点について興味深い記述を見つけました。基礎のみならず構法についても記述が及んでおり、少々長くなりますがそのまま引用します:

鈴木有氏(金沢工業大学・秋田県立大学名誉教授)は現代構法を、もっぱら筋交いや面材による「構造体の剛構造化」を目指したもので、地震力を力で押さえ込む『総力前線防衛型』と称し、想定以上の地震に遭遇したときは耐力を急速に失い、崩壊する危険をはらむとしている。

それに対し伝統構法は、中地震では剛性は高いが脆い土壁で耐え、壁土が壊れた後は粘り強くエネルギーを吸収する「木組みの構造」で凌ぐ。そしてそれ以上の地震には自然石の基礎の上で建物がすべり地震力をかわす簡易な免震構造でやり過ごす。さらに建物が大きく傾いても、通し貫が倒壊を防ぎ人命を守る。剛構造と柔構造と免震構造を並存させ、襲われる地震動の強さに応じて段階的に対処する『多段階防衛型』の「対震」機構を内包している。
「民家再生の技術」より)

もっとも他の本によれば、ー当たり前の話ではあるけれどーこういった究極の免震構造がきちんと機能するには、適切な仕口や継手の加工、構造体の太さなどが必要条件となるそうです。我が家は80年以上を耐え忍んだということで、この点は及第しているのでしょう。


は少しそれますが、シロアリ対策としての私のバイブルに「『床下』が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)」があります。その本の最後に生き物と住まいの共生について書かれています。著者によれば床下と天井裏は自然との緩衝区域であって、簡単に省いてはいけないところであるそうです。正直に言えば、私も虫が苦手です。けれどもこの本に書いてあるような自然との共生、土が本来持っている力などには共感するところが多いので、この床下を大切にしたいと思います。


てさて、古民家の欠点3つの内、たった1つのことでこんなに長くなってしまいました。残りの2つはまた今度にします。お読み下さりありがとうございました。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。昔の人の知恵は学べば学ぶ程奥深いものがあります。それらをこの再生プロジェクトを通して皆さんに紹介していけたらと思っています。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

古民家再生のポイント=寒さ対策=

  • 2008/06/12(木) 18:34:40

民家の弱点をいかに解決していくかという話の第2弾です。


回は
B.寒さ の解消です。
・・・といっても我が家のケーススタディはあまり役に立たないと思います。

日本の民家の造りは高温多湿の気候に合わせており、ほとんどの場合建物自体が夏向きで、つまり開口部が大きく、家が歪んでいなくとも風が通りやすい造りと言えます。開口部にガラス戸や木戸が入っていても、現在のアルミサッシのように気密性があるはずもなく、風が吹くとがたがたと音を立て、粉雪が舞い込んでくるということもあったようです(書いていても寒くなってくる~)。

そこで、再生にあたっては気密性の高いサッシに交換というケースがほとんどとなります。ものの本によれば、熱伝導性の高いアルミ製サッシではなく木製サッシが望ましいとか、ペアガラスにすればシングルのものに比べて熱損失が3分の1に減るなどと書かれていますが、これは新築の場合と同じですよね。

断熱に関しても、外張断熱派VS充填断熱派がいるようで、これはもうそれぞれの予算と好みに応じてとしか言いようがなく、これまた新築の時と全く同じですね。


てさて我が家の場合はと言えば、私は新築を考えていた時は「絶対にペアガラスサッシにする。木製が予算的に無理でも、樹脂製のサッシにはする!」と固く決めていました。古屋の再生においても、今あるぺらぺらのガラス戸を当然撤去し、代わりにペアガラス入りの木製サッシを入れるつもりでした。お金をかけるとしたら、私の中では開口部だったのです。寒さ対策もさることながら、私は結露が嫌で嫌で仕方がないのです。

ところが、既にお伝えしてあるように、夫と工務店の社長は現存するガラス戸がこの家の象徴の一つであるからそのまま残すと主張するのです。夫たちとの格闘(大袈裟?)、私自身の中での葛藤を経て、最終的にはそのままガラス戸を残すことになりそうです。


ゃあ寒さ対策は?となりますね。私なりの解決策は、断熱雨戸か断熱戸です。断熱雨戸の解説はここに丁度よいものがありますし、断熱戸なるものは初めて聞きますがこういうものとのこと。ま、これらはまだ私の中だけのアイディアなので、今後工務店と相談していきます。

また、古屋には居室とガラス戸の間に広縁があるので、そこが寒さの緩衝地帯となることを期待しています。ガラス戸と、広縁を挟んで置かれる障子戸とをペアガラスとみなし、その間の広縁地帯がペアガラス入りサッシで言うと空気層の役目を果たすのではないかと目論んでいるのです。ちょっと無理がありますか? 貧乏人の負け惜しみ的な飛躍した理論かしら?

↓画像がぼけているので分かりづらいとは思いますが、向こう側のガラス戸と手前のボロ障子戸の間に広縁があります(物が置かれている場所)。
ガラス戸と広縁 
さあ、ここが寒さのみならず暑さも和らげてくれるのでしょうか? 本来広縁はそういう役割を果たす日本人古来の知恵だったという記述もあります。私たちが生きる実験台となり、今後実際に体験しながら検証していきましょう。


が家の断熱材は、ハイ、土壁です。そりゃあ「THE 日本人の家」なのですから。と言っても、ほとんど新築のように改築される北側部分は普通の断熱材を入れますが。予算の都合から新しく土壁をつくるのは無理なのです。でも残存している南側は今の土壁を残して大切に使わせて頂きます。ちなみに土壁を含む自然素材の断熱材が「チルチンびと47号木の家の『断熱』が知りたい!」で簡潔に紹介されています。

チルチンびと 2008年 03月号 [雑誌]チルチンびと 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/02/05)

商品詳細を見る



上のことからもお分かり頂けるように、私たちは高断熱高気密の家づくりを目指していません
工務店に渡したプランニングシートにも「居住者にある程度の負荷(四季折々の寒暖や大きな段差)を与えつつも、20年後(つまり私たちが老人になる時)を見据えた設計を目指す。例:板間と畳の間の小さな段差の解消、将来は窓をサッシに交換できるようなつくりなど)」と書きました。

そんな我が家の暖房設備も悩ましい問題です。そもそもの家づくりを考え始めた当初は、高断熱・高気密の家で温水パネルヒーターの使用を理想としていました。今も温水パネルヒーターはいいなあとは思うものの、気密および断熱性能の低いこの古家では効きが悪いことでしょう。工務店からは対流式の暖房よりも輻射式の暖房設備の方が良いとアドバイスを受けました。エアコンなどの温風を吹き付ける対流式のものだと、さらにスースー感を増加させるようです。ということで、薪ストーブにする予定です。薪ストーブにも対流式と輻射式があるようですが、当然輻射式のものを選びます。

そして、古民家と言ったら吹き抜けにして古材の梁を見せるものと相場が決まっています。私たちもそのつもりで、和室2間のうちの1間を板間にして、その上を吹き抜けにしたいと考えていました。ところが、高・高でない我が家の場合、吹き抜けにすると熱が全部上がって隙間から逃げてしまうとのこと。しかも吹き抜けの高さが4メートルほどにもなるようで、シーリングファンで熱を下ろすにもどうなんだろう・・・と言われてしまいました。でも梁の見えない古民家なんて・・・。これからの課題です。

またまた長くなってしまいました。間取りの問題についてはまた次回。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。昔の人の知恵は学べば学ぶ程奥深いものがあります。それらをこの再生プロジェクトを通して皆さんに紹介していけたらと思っています。

にほんブログ村 住まいブログへ

古民家再生のポイント=間取りの変更=

  • 2008/06/13(金) 23:54:56

民家再生のポイントの3つ目は C.間取りの変更 です。
簡単に言えば、昔ながらの開放的なつくりを、プライバシーを求める現代人のニーズに合わせた間取りに変更となりますでしょうか。

最近は通風の確保や融通性の観点から、壁で個室化を図るのではなく襖などで仕切る流動的な古民家型の部屋の作り方が見直されているようですが、プライバシーを保てないという基本的な問題を抱えていることは確かでしょう。

古民家再生の実例を見ていると、和室が5つも6つもあるような大きい家もあり、当然のことながらほとんどの部屋が襖などで仕切られているだけです。そうなると確かに独立した個室を欲しくなりますよね。また廊下も家全体を囲む形で置かれていることが多く、このような大きな家では真ん中の部屋が廊下代わりに使われる事態になっています。そうすると、その廊下代わりの部屋は居室としては落ち着かないものになりますよね。

さらに、我が家の場合は関係のない話なのですが、大きい元の古民家を都市部の狭い敷地に移築する場合には、平屋建てを2階建てに変更する必要があります。物置や養蚕などに使われていた小屋裏を2階の居室にすることが一般的なようです。

その際には、小屋裏の梁が邪魔になったり、床が日常生活を送れるほどの強度がないという問題を解決しなくてはなりません。


こに我が家の古屋の現況の間取り図を載せます(本当はスキャンしたものを載せたかったのですが、スキャンが作動しなくて、デジカメで撮った画像をアップしますので見づらいです。)。
現況間取り図
北側2間が崩壊しているのですが、もともとは農家型民家によくある「田の字間取り」です。

この図は1階部分で、実際は1階の土間部分の上に土間と同じ面積程度の中2階がついています。ご覧のように大きくない家なので、今まで述べてきたような問題は我が家には当てはまりません。まあ、この手頃な大きさも購入決断の一つの理由ではあります。


取りについて我が家特有の問題は、建築基準法との兼ね合いです。私たち夫婦は再生後の間取りとして、既存2間をパブリックスペース(お客様を迎える間)とし、北側に台所や風呂の水回りをつけ、その北側水回りの上に2階をつくり個室群とするか、東側にはみ出した形で個室群をくっつけるというプランを最初に考えていました。

ところがところが、そこに建築基準法と確認申請なる壁が立ちはだかるのです。ごくごく簡単に言いますと、以下の2つです。

い)現地再生で10平方メートル以上の増築が伴う場合は確認申請が必要となる。
ろ)確認申請が必要な建築行為を行う場合は、既存建物の現行法と異なる部分について
  は、既存遡及が求められるものもある。

(ろ)に関しては分かりにくいですね。解説を引用します。
法が改定される前の基準で建てられた建物で、法に適合しないものを既存不適格建築物という。これは一応、法の適用除外としているが、現実を考慮したもので、本来は適合させたいものである。そこで、確認申請を必要とするような行為をする場合は、継続使用の意志ありとして、既存部分に対しても現行法の適用を求めるものだ。(「民家再生の技術」より)

ということで、私たちが最初に考え出したプランは増築面積が10平方メートルを超えるものだったので、確認申請が必要となるものだったのです。

そうすると何が問題か?
第一に費用がかさみます。(ろ)で指摘されているように古屋も現行法に適応させるとなると、基礎は当然石場建てではだめとなり、揚げ家なりの方法をとって基礎を作り直さなくてはなりません。中2階もロフト扱いにするには固定階段を撤去しなくてはなりません。

第二に時間がかかります。特に昨年の法改正により確認申請は2~3ヶ月かかるというのも珍しくなくなったそうで、その待ち時間の間にも古屋はどんどん傷んでいきます。許可が下りない中、屋根だけでも修復というのはできないそうです。

解決策としては、当然のことながら増築面積を10平方メートル以内に納めて、確認申請不要の方向に持っていくことになります。が、そうすると当初の計画より随分とコンパクトなものになってしまいます。私の夢だった着替え室兼クローゼットが・・・。そして2ボウルある洗面台が消えてしまいます(涙)。

お金と時間がかかっても広さを取るか、それとも現実を見てコンパクトプランを取るか、非常に悩ましいところであります。現在工務店がいくつかのプランを考えてくれている最中で、私たちは不安と楽しみの気持ちが交錯する中その結果を待っているところです。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
今回の記事、特に後半の建築基準法云々の件(くだり)は書いていいのかどうか悩みました。読み方によっては「法律を守らなくてもいいんだよ」と言っているようだからです。でも、私たちと同じように理想と現実の間で大いに悩んでいる方もきっといるはずで、その方達への実務的なヒントになればと思い、敢えて載せることにしました。
悩み深きマモ家へ応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

早ければ2009年1月に完成?

  • 2008/06/14(土) 08:57:45

そういえば、先日大まかな工事スケジュール表なるものを工務店から戴いてきました。ラフな間取りもできていない段階からスケジュール表をよこせと言う我々も大した施主ですが、我々の提示した予算との折り合いの中で、一体全体どのような工程を経ていくものなのか知りたかったのでした。

戴いたスケジュール表は私たちが期待していた細かな工程表ではなく(何も決まっていない段階ではこの程度が限度なのでしょう)、ちょっとがっかりではありましたが、これは今後の議題ということで。そして、その工程表によれば、工事期間は6~7ヶ月間で、打ち合わせやら設計やらが早く進めば来年の1月には完成とあるではありませんか! ま、多少ずれ込んでも年度のかわる4月前には引越かなと。来年の今頃にはすでにあの屋敷森の家に住んでいることになりますが、全然ピンときませんし、想像すらできません。

今頃は工務店では間取りを考え中でしょうし、先週までは古屋の調査に忙しくしていたそうです。私たちが家の様子を見に行った時も、ちょうど屋根裏にもぐったりしている人がいました。調査終了後に立面図や平面図を貰えるそうです。
古屋の調査


屋根裏だったか床下には蛇の抜け殻もあったと話していましたっけ。無人だった家にはムカデがよく出てくると聞きますが、我が家には蛇もいるのかー。大変だなあ。今の時分には庭にカエルがたくさん跳ねていて、長男はいつも大喜びで捕まえています。

それにしても何回足を運んでも、どのような家になるのか想像すらつきません。庭も荒れ放題で、この土地が整備されて見違えるようになるのか、それともお金が足りなくてこのままになるのか、具体的な数字が一つも上がってこない現在、すべてが???なのでした。それでも来年の今頃はここに住んでるんだってー。不思議な気分!


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。


にほんブログ村 住まいブログへ

プラン作成1

  • 2008/06/21(土) 01:33:11

今日といっても日付がかわったので昨日20日(金)は工務店との打ち合わせでした。待ちに待った間取り図がいくつかでき、概算見積もりも出たということでした。

間取り図は打ち合わせの2日前にメールで送られてきました。間取り図は確認申請を出さない前提で作られていました。そうなると全体の坪数が限られていて、しかもその坪数が多くないのですから、もともと私たち(もしくは私)が新築の場合で考えていた間取りのようにはいかないとは理解していたものの、やはり「え、これだけ?」という思いはぬぐい去れませんでした(なぜ全体の坪数が限られているのかという理由はこちらをお読み下さい)。

図面にはですね、台所、浴室、洗面所とトイレと収納が少しあっておしまいでした。家族全員の衣服をしまえるウォークインクローゼットはやはり贅沢としても、子供部屋すらない。当然私たち夫婦の寝室もない。この現実にはちょっとショックを受けました。
プラン1


そして肝心の見積もり。「これが概算見積書です」と手渡された時のあのドキドキ感。心臓に良くないです。おっかなびっくり金額を見たら、私たちの予算を500万円オーバーしていました。

「この金額はあの廃屋をすっかりきれいに直した場合です」という注釈は付いていました。考え方としては、あれもこれもとMAXの工程を組み入れ、個別の見積もり金額も多めに計算し、「最大限でこれですよ」という金額を提示しておき、そこから自分たちの目標額に絞り込んでいく方法を取るわけです。少なめで見積もって、あとから「あれを加えるとどうなる?」というよりはすっきるするだろう、と。

その考え方には全く賛同です。で、この金額が最大でこれ以上という可能性は低く、これからは自分たちの取捨選択次第とわかっていても、やはり予算を500万円以上オーバーという金額のショックは小さくないですね。

あ、でもこれらの他に東西南北の立面図も貰いました。大きなデザイン変更はないので、今ある古屋ほぼそのままなんですけど、なくなっている戸や窓が入れられ、きれいに板張りされている姿を見ると、じわじわと喜びが湧いてきます。夫も嬉しそうです。目指すゴールの姿を具体的に提示されると、やはり気合いがさらに入りますね。

間取り図は初めて提示されたものですから、これから工務店と意思疎通を図りながら練り上げていきます。まだまだ始まったばかりです。ショックばかり受けていないで、前向きに頑張ります。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
土地探しなどずーっと長かった不毛(?)の時を経て、ようやく家づくりの醍醐味を味わえるのですから、楽しまなくちゃ損ですよね。ようやく他の方達と同じ土俵に立てた気分です。仲間に加わったマモ家へ応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。