スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想の家(長文)

  • 2008/03/03(月) 21:06:30

土地は決まらないしーーといいますか、本当は購入の意思を不動産業者に伝えてあるのに、売主の相続登記に時間が掛かっているとかで、さっぱり話が進まず、その間に他の土地にふらふらとしている状況ーー、設計・施行を工務店にまるまるお願いするのか、それとも設計は設計士に頼むのかすらも決まっていないマモ家です。

当初の予定ではもっとさくさくっと話が進んでいるはずなのにー!! そうこうする内に3月になってしまいました。「子供時代を豊かに過ごせる家」が目標なのに、こんな調子では子供たちの「子供時代」が終わってしまう! ←面と向かっては言えない夫への文句でした。

そこで今回は、現実では進んでいない私の理想の家を紹介しましょう。そして私もこのぱっとしない現実を忘れよう。ちなみに予算等は無視しています。

外見前川國男邸です。大屋根の山小屋風で、でも少しモダンで、そして障子戸。居間も本当に素敵ですよね。私の頭の中には、こんな感じの家の2階から南の公園に向けて子供たちが「やっほー」と遊んでいる姿があるのです。

LDKは続けて20畳ぐらいは欲しいところ。ところで、我が家はDにあたるダイニングはいらないと思っています。板敷きの広いリビングに大きな座卓を置いて、そこがメインの食事場所。台所のカウンターを広めにして、そこでも簡単な食事などをとることができるようにします。

リビングの一角に書斎というかパソコンコーナーを設けます。そこにすべての通信機器、書類ファイル等を見えないように収納し、リビングに物が散らからないようにするのです(そうなるはず!)。

台所は女の城ですからね。当初はトーヨーキッチンを入れるぞ!と鼻息を荒くしていたのですが、最近はそんなにこだわりがなくなりました。自由に部材を組み合わせでき、廉価なIKEAのキッチンにも心が動いたこともありました。今はすべてホーローでできているというタカラがいいかなあと思い始めています。が、ステンレス天板の造作にするかもしれません。�型といいますか、シンクやコンロがある台と平行して作業台を兼ねた食事テーブルを設置。

台所の「こだわり」と言えるのかわかりませんが、できたら台所の床は土間にして、その土間は玄関土間と続いているというもの。広い土間には薪ストーブを置いたり、収納棚には生協からの宅配物や夫の登山道具の一時置き場を設ける・・・などの工夫を凝らしたいです。

リビングに続いて6畳ほどの和室。ここの襖紙はイギリスの Farrow & Ball 社の紙を使います! 雰囲気としてはちょっとモダンな和室を目指すのです。そして畳は縁なしの琉球畳を希望。モダンな和室に合うと思いません?

脱衣所兼洗面所にはダブルボウルの洗面台を。トイレも今時のオールインワンにして、洗面台に並べて置きたいところですが、子供たちが年頃になると見られるトイレを嫌がるのでしょうね。トイレ機器はアラウーノが第1希望だけれど、予算が厳しい場合は他のメーカーのタンクレスタイプを。でもタンクレスタイプの便器は、故障した時の修理が面倒だと聞き、何事もシンプルにをモットーの家づくりにそぐわない気がして、この採用に悩んでいます。

脱衣所の隣りは、着替え室という名のWIC(ウォークインクローゼット)。家族全員の1年分の衣服類とアイロン台を収納します。下着はお風呂上がりに着けることが多いので、下着のみ脱衣所に収納します。脱衣所に洗濯機も置かれ、洗濯→(庭で干す)→アイロン→収納の動線がとても短くなる仕組みです。

主寝室にこだわりはありません。ダブルベッドを置ければそれでOK。

子供室は2階に。最初は12畳ぐらいの1室にして、個室が必要になったら、4畳ぐらいの個室に区切ります。残りのスペースは「子供用応接室」となる予定で、2階だから親の目からは一応離れつつも、個室にこもらせない策です。

2階には図書スペースも。本は全部ここに集めます。我が家の本の量は半端じゃないっス。ついでに、私のミシンコーナーもここに。いつ自由に洋裁ができるようになるのやら・・・。

そうそう、間取りばかりでなく、構造や素材も大切ですね。

構造材をはじめすべてに無垢の木を使い、内装は天井と壁は漆喰塗りとします。外装も昔の蔵や武家屋敷のように漆喰壁にしたいなあ。ただ、内装が漆喰壁だと壁に直接額を掛けられないし、子供の落書き等が心配なので、紙クロスにするとか、木の腰壁を設ける方が実際的なのかもしれません。

そして、工法は匠の技による手刻みの材木による家の組み立てです。継手や仕口(*)加工等もできればこの目で見たいなあ。そして、毎日現場に通って家が組み上がる様子を必ずこの目に焼き付けるぞ。

*同じ方向に木をつなぎ合わせるのが「継手(つぎて)」、直角でも斜めでもいいから木と木が交わるようにつなぎ合わせるのが「仕口(しぐち)」。

そうそう、その木材ですが、できれば地産地消(地元の生産物を地元で消費)ならぬ「千産千消(千葉の生産物を千葉で消費)」をめざし、山武杉を使えれば最高。

妄想がてんこもりの我が家はいかがですか? 家づくりが無事終わったあかつきには、もう一度このページを見直して、どこまで実現できたか確認するのが楽しみです。楽しみというよりは、「妄想している時が華だった・・・」と振り返ることになるかもしれないけれど。

最後に、間取り作成等にとても参考になっている本を2冊紹介します。間取りの本は本当に数多くありますが、この2冊は部分部分の作り方のヒントが満載です。

安らぐ家は「間取り」で決まる―おかしなこだわりは捨て、財産になるよい家を建てよう!安らぐ家は「間取り」で決まる―おかしなこだわりは捨て、財産になるよい家を建てよう!
(2005/09)
上田 康允

商品詳細を見る


暮らしから描く快適間取りのつくり方―おすすめプラン120暮らしから描く快適間取りのつくり方―おすすめプラン120
(1995/09)
吉田 桂二、小林 一元 他

商品詳細を見る



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。どこまで実現可能か? 皆さんからのクリックを励みに頑張ります!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

伝統軸組工法

  • 2008/03/06(木) 14:15:41

私たちは金物等になるべく頼らない伝統的な木組み工法による家づくりを希望しています。家づくりの本に「木造在来工法」という言葉が載っていますが、厳密な意味では伝統的な軸組工法とは異なるのだそうです。以下に何冊かの本から引用して、説明したいと思います。

まず、ごくごく簡単に。木造住宅の工法には、大きく分けて、柱と梁によって構成する軸組工法、厚さ2インチの数種類の枠組材と面材で構成する枠組み壁工法(ツーバイフォー工法)、そして構造をパネル化して生産性を高めた木質パネル工法などがあります。(以上、マンガで学ぶ 木の家・土の家より)

さらに、木造軸組工法は、大きく分けて2つの工法に分かれます。

一つが筋交いによる補強。これは建築基準法でも奨励されて一般的に最も普及してる工法です。

もう一つの工法が貫工法と呼ばれるものです。これは昔からある日本の伝統的な工法で、筋交いを斜めに入れるのではなく、柱の途中に穴をあけて、そこに貫(ぬき)と呼ばれる構造材を横に通し、柱と柱の間を梁や土台と平行に貫き通すもの。(大工が教えるほんとうの家づくりより)

筋交い、貫どちらを用いても、柱や梁等の軸材で構成される点では同じで、ともに軸組工法という分類に入りますが、筋交いを用いる工法をだいたいの場合において「木造在来工法」と呼んでいます。

貫を用いる伝統工法は、大工棟梁の伝承に基づく、木の粘り強さを生かした日本古来の柔構造的な工法と言え、それに対して、在来工法は日本の軸組工法でありながら、明治以降、西欧的な剛の思想を取り入れて、強度を求めた筋交い等のトラス的工法が混在する折衷的な工法なのだそうです。(「木組の家」に住みたい!―無垢の木で丈夫な家づくりより)

在来工法では多くの場合、補強金物に頼る、もしくは接続金物がないと成り立たない合理化された新しい工法となっているのが現状のようです。金属は錆びる運命にあり、木とは相性が良いとは言えません。

また、筋交いは変形に強く堅い壁を作りますが、想定した以上の力が加わると折れてしまいます。一方、貫は構造材としてしっかり組まれていれば、大きく変形しても崩れてしまうまでには至らないことが実験で分かっているそうです。

上記のような柔構造に惹かれることが理由の一つ。また、建てられた家で自分が夜寝ている場面を想像すると、一本一本の木に大工さんたちが気を張って墨を付け、手で刻み、組み合わせている様子が寝ている自分の目に浮かぶようで、その想像は形容しがたい安心感を与えてくれたり、とても贅沢な気分、また厳かな気持ちにさせてくれるのです。そんな理由で、私たちはなるべく金物に頼らない伝統軸組工法での家づくりを希望しているのです。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。