スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫や小動物と共存するトトロの家

  • 2009/05/12(火) 08:28:01

トトロの家には昨日紹介した立派な欅があり、周囲は水田、おまけに床下も風が通り抜ける昔ながらの石場立て。ここは様々な虫や小動物にとって絶好な住処であることは知っていました。実際工事中には、10センチ近いアシダカグモ蛇の青大将(の死骸)などに何匹も遭遇しました。

それなりに覚悟を決めていたつもりですが、生まれ変わったきれいなトトロの家に早速蜘蛛の巣があちこちに張られているのを見ると、「おいおい、誰に許しを得たんだい?」と文句を言いたくなります。入居後のすぐの仕事として、あちらこちらの蜘蛛の巣払いをリストアップしてあります。

広縁で寝転がっていても、蟻がすぐそばを通過していくって気分的に今ひとつ・・・。それも大小の蟻。そんなに種類を揃えてくれなくともいいのに。

外壁を見回れば、屋根の下にはかたつむりが・・・↓。写真中央の小さいポツがそれ。
かたつむり


先日には雨戸にこんな↓見慣れない虫が。
ヨコヅナサシガネ


最近長男は昆虫と植物の図鑑を買ってもらい、あれこれ調べることがマイブーム。この虫もしっかり写真に収め、家で調べました。

ハンミョウかなぁと思いつつ見てみるけれど、ハンミョウとは頭の形が異なります。順番に見ている間に、アカサシガメという虫に姿が酷似していることを発見。でもこんな黒白のシマシマ模様ではない。で、次に登場するものがネット。結果、ヨコヅナサシガメであることが判明。

このサシガメという虫は、細長い口吻を獲物(虫)に刺して体液を吸うのだそうです。人間も不用意に触ると刺されると書かれていました。お~、こわ。

こんな風に子供と一緒にあれこれ調べることも楽しい作業です。花に詳しい女性って素敵だけど、昆虫に詳しい女性ってどうなんでしょう?


ところで、女性の皆様。子供の頃、虫に触るのは平気でした? 私はですね、平気どころかおもちゃにしていました。

トンボの羽を2枚むしって飛べないようにして、何匹も自分の洋服に止まらせて「トンボのブローチ!」と自慢したり、

トカゲを捕まえてきては、それを空の浴槽に放し、逃げないように蓋をしておいたところ、あとで母親が風呂の蓋を開けて絶叫するという騒ぎもありました。

極めつけは、ちょっと大きめのカエルを捕まえては、爆竹(勿論火のついた)をカエルの口に入れて放り投げる。で、爆発するカエルを見て面白がる。


え、私? 妻です、女ですよ。とんでもない悪ガキでした ;;^_^。

そんな過去を持つ私ですが、いつの間にか虫が苦手な女子となってしまいました。恐らく虫などを怖がる女性の方が可愛らしいということに気付き、ポーズとして「キャー(嘘ばっかり)」なんて言っている内に、本当に苦手になったのかもしれません。

皆さんは、子供の頃の自分と今の自分とにギャップはありますか?


閑話休題。トトロの家での生活が始まると、昔の私が甦ってくるかもしれないなあと思うこの頃です。「ゲテモノ虫の話題はおまかせ!」となることでしょう。乞うご期待。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

生き物と共生する家

  • 2009/09/19(土) 12:55:49

タイトル通り、我が家とその敷地に生息する生き物を本日は紹介致します。当初は虫を紹介する予定だったのが、ここ数日間で虫以外の動物も出没するようになり、「虫と共生」から「生き物と共生」にタイトルが変更となりました。

また、慣れていない方には気色の悪い写真もありますので、今回はサムネイルの写真サイズをいつもより小さくしておきます。大丈夫な方のみ、クリックして写真を大きくして下さいませ。



我が家の主は、人間でもマモ(飼い猫)でもありません。それはアシダカグモです。主(ぬし)と我々が呼んでいるアシダカグモは3匹います。

↓その内の1匹です。足を広げると10センチ以上あります。
アシダカグモ(階段上)

アシダカグモって無地色だと思っていたのですが、この方は縞模様なんです。
↓拡大写真を撮ってみました。ちょっとおぞましいので要注意。
アシダカグモ拡大(100:80)

この縞模様の主ではありませんが、建築途中からしょっちゅうアシダカグモは見かけていました。先住民ってわけです。それにその大きさにギョッとさせられるけれど、基本的には益虫とのこと。ゴキブリなどを食べるそう。

「アシダカグモ」と検索を掛けると数多くのサイトがヒットしますが、興味深く読んだものを紹介します。

蜘蛛好きな方のサイトです。
http://mirukashihime.cool.ne.jp/asidaka.htm

また、この蜘蛛はゴキブリを補食することで有名ですが、Wikipedia によりますと、このアシダカグモが2~3匹いると、その家庭のゴキブリは半年ほどでいなくなると言われているとか。ホントかな?



と言いますのは、そう、我が家の出没生物第2位はこのゴキブリです。
我々が住み始める前から出没していて、「えさなんかないだろうに、どこで生きているんだろう? どこから来るんだろう?」とずっと不思議に思っていたんです。

周囲に人家はありますからそこからやって来ているということも考えられますが、この間その謎が解けました。

薪に使うつもりでケヤキの根元に取っておいた廃材を、時間も手間も見付からない状況下、処分してもらったところ、廃材の更に下の落ち葉や腐葉土の山からゴキブリがぞろぞろと出てきました! そこからも家の中に侵入していたんでしょうね、きっと。

このゴキブリが並みの大きさだったらまだいいのですが、なぜかとても肥えた連中ばかり登場します。引越してきたばかりのある晩、長男が「お母さん、家の中にセミみたいなものがいるよ。でもあれ何だろう?」って言ってきました。どれどれと見に行った先には、横幅はセミ程ではないものの、体長はセミ並みの立派なゴキブリがいました。長男はそれまでゴキブリを間近に見たことがなかったので、やけに茶色いセミだなあと思ったようです。

以来、台所の生ゴミなどは出しっ放しにしていないのに、一向に減らない憎い連中で、ゴキブリホイホイを仕掛けたものの、引っかかった奴はこれまで1匹だけ。アシダカグモは本当にゴキブリを捕まえているのかな? エサとなるゴキブリがこの家にいるからアシダカグモも棲みついているのでしょうが、なんだか腑に落ちないのでした。

他にも蛾やらアリやら名前も知らない小さな虫たちが数え切れないほどいます。暑い時期は玄関外の照明を点けておくと、とんでもない数の虫たちが集まり、真っ白なはずの漆喰壁が黒のまだら模様になるほどだったので、夫には申し訳ないけれど、外照明は消したままでした。



「ま、虫はしょうがあるまい、こんな緑の多い場所だし」と諦めているのですが、2日前の朝のことです。古瓦を置いてある庭の一角に小動物の影が走りました。「んっ?!」と眺めていたら、プレーリードッグのように後ろ足で立ち上がった動物と目が合いました。茶色い毛だけど、リスとは異なる小動物だったので、ネットで検索してみたら、やはりイタチでした。本物を間近で見るのは初めてでした。

屋根裏とかに棲みつくイタチは相当迷惑らしく、ネットでは追い出す方法などがたくさん相談されていました。我が家にもこのイタチが棲みついたらどうしようと不安になったのですが、隣家のおばあさんの話では、以前からこの辺りにいるイタチとのこと。「窓なんかを開けっ放しにしない限り家の中には入らんだろう」というので、しばらく様子見です。でも親の心配に関係なく、子供たちは大喜びでした。



・・・とその2日後。つまりは昨晩なんですが、「お母さん、アゲハチョウが家のなかに入ってきたよ」と長男からの報告がありました。取り敢えず放っておかせたところ、お風呂から上がってきたら何やら黒い物体がヒラヒラと家の中を飛んでいました。

「ほらほら、さっきのアゲハチョウだ!」なんだけど、蝶にしては大きい。でも鳥にしては飛び方が蝶みたいで面白い。そして、全然壁などに止まってくれないので、姿をちゃんと確認することができないんです。

鳥だとしたら糞を室内の落とされるのはイヤなので、窓を開けて出させようとするのだけれど、ひたすらヒラヒラと室内を迂回しながら飛び回る謎の生物。15分ぐらい人間と謎の飛行体の追いかけっこが続いたでしょうか。LDの障子戸にピタッと止まりました。

↓ややっ、コウモリではありませんか! 小さくて可愛らしいと言えなくもない。
コウモリ

子供たちに「ばい菌を持っているかもしれないから、触っちゃダメだよ!」と言い残し、私は早速ネット検索(連日こんなんばっかりじゃん)。案の定、海外では狂犬病を保菌していることがあるそうです。そしてやっぱり駆除や追い出す方法があれこれ紹介されていましたが、イエコウモリという小型種だと1センチの隙間から入ってくることもあるんだそうです。そんな隙間、建具のそこら中にあるよ!

いずれにしろ、女子供では手に負えないので、コウモリはそのままにしておいて子供たちを寝かせつけました。そしてコウモリもなぜかずーっと障子戸に張り付いたまま。

1時間後に夫が帰宅したので、早速障子戸を指差したら「今度はコウモリか!」と呆れていました。さて、男の出番です。夫が捕虫網を持ってきてコウモリに上手にかぶせました。普通はバタバタと騒いで網の中に落ちそうなものですが、このコウモリはびくとも動かないのです。なんだか我が家の子供たちと同じように熟睡しているみたいで、新聞を丸めた棒で叩き落としてようやく網の中に入りました。外に放しても、井戸の脇にぼてっと墜落したらしい。変なの。



以上が、これまでトトロの家に現れた生物たちです。あ、瓦には蛇もいるはずだけど、最近姿を見ていません。

そうそう、今日はケヤキの根元に半分埋まっていた大谷石(まだあったんかい!)を夫がつるはしを使って撤去した時に、クワガタ虫の幼虫が出てきて、子供たちはまたもや大喜び。先週親のメスのクワガタムシがいたもんね~。その子どもかしら。

大概の人は、これまでの虫などの話を聞くと「うわぁ~」と引いてしまいますし、実際私も最初は気持ち悪くて仕方がありませんでした。が、人間って慣れるものですね。夜中にごそっと主(ぬし)に遭遇すると、一瞬ぎょっとさせられはしますが、「お、今日はそこですか」という感じでおしまいとなります。ゴキブリには殺虫スプレーをすかさず噴射。スプレーを取って行っている間に姿を見失うと非常に悔しいので、家の中には3カ所スプレーを常備してあります。安心して我が家に遊びにきて下さいね。

ここまでいろんな生物に遭遇すると、いっそトトロが現れてくれないかなあと願う近頃の親子です。どんぐりを地中に埋めれば、芽を出させる儀式のために現れてくれるかなあ。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

今日はヤマカガシだ!

  • 2009/09/21(月) 20:36:51

前回は「生き物と共生する家」と題して、我が家の室内と敷地に生息する虫や動物たちを紹介したばかりでした。


そして今日、新たに姿を現したものは・・・
↓蛇のヤマカガシだ!!
ヤマカガシ

以前にも蛇は何匹か見かけていたんですが、この色鮮やかな蛇は初めてです。動物図鑑が手元にないため、撮影した写真を新潟のじいじにメールで送ったところ、ヤマカガシだと教えてくれました。

ヤマカガシって毒を持っているんですって。恐ろしや~。噛まれて危ないだけでなく、首筋辺りから噴射する毒も持っているそうで、その毒が目に入るとやはり危険とのこと。子供たちには近寄らせないようにしなくてはなりません。

水田などに生息しているようで、今回はたまたま我が家が通り道だったのか、それとも我が家のどこかに棲みついているのか、非常に気になります。

やれやれ。いよいよ動物園と化してきたトトロの家とその敷地であります。昆虫と魚の図鑑は長男に買い与えてあるのですが、ここ数日間の様子では動物図鑑も必要と思われます。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

ヘビがカエルを飲み込む場面に遭遇(写真に注意)

  • 2009/10/19(月) 09:51:36

日曜日の朝、じいじへの手紙を出しがてらの散歩から戻ってきた父子3人が何やら叫んでいます。カメラを片手に外へ出てみると、

↓そこには・・・
カエルを飲み込むヘビ ←クリックで大きくなります。
うわー、テレビなどの映像では何度も見たことがありますが、ライブでは初めてだ~。


ところが、このヘビ。ギャラリーの多さに辟易したのか、この後口からカエルを吐き出すと、近くの草むらへと消えていきました。

あとには無惨なカエルの死骸が残されて・・・。
「おいおい、こんな所に気持ちの悪いカエルを残していくなよ」と夫はヘビに懇願しますが、ヘビは顎が疲れたのか、何度も口を開け閉めしながら消えていきました。

↓そう、ヘビはこんな場所でカエルを食べていたのです。玄関の目の前じゃん!
玄関先でのヘビとカエル
ピンぼけで申し訳ありません。子供たちが注視している視線の先にカエルの死骸が転がっています。


仕方なく、夫はヘビの消えた方向へカエルの死骸を投げてあげたそうです。その後ちゃんと食べたかなあ。


トトロの家で、食物連鎖を目の前で体験している子供たちです。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

虫たちの季節が到来

  • 2011/06/17(金) 12:17:48

「マモ親・父 記念樹」なるものを植えたので、それの紹介をする予定でしたが、実はメインであるしだれ桜が移植に失敗して枯れてしまったんですよ。いや、植木屋さんのせいではありません。時期が悪かったんです。「ダメかもねー」と言われていたのを決行してもらったのです。

で、枯れたものを紹介しても意味がないので、秋に別なしだれ桜を入れて頂いた時にまとめて紹介することにします。


を記事にしようかと思案のおり、昨日タイムリーな出来事がありました。「ブログネタだ!」と小躍りしました。
裏口の軒下にスズメバチが営巣していたのです。正確に言いますと、コガタスズメバチという種類のできたての巣のようです。

↓軒下から撤去された後の写真なので、形とか分かりにくいかもしれません。
コガタスズメバチの巣と女王蜂


っと、ネットでは「逆さまにした徳利」と一番多く形容されていましたが、私には(逆さまにした)「一輪挿し」に見えます。長い首が下に向かってすっと伸びていて、最初「あれ、こんな所にエアコンの排水口なんてついていたんだっけ?」と思ってしまったほど。

これはどうも怪しいとネット検索したところ、コガタスズメバチに典型的な形のようですね。まだ女王蜂が1匹で営巣している最中の巣の形とのこと。働き蜂が羽化して数が増えてくると、働き蜂たちがまず一輪挿しの細長い口の部分を齧り取って丸い形にし、それから大きい丸の形の巣へと発展させていくのだそうです。

さはさりながら、実は2~3匹働き蜂がもう成虫になっていたらどうしようという不安はあったのですが、夫が朝一番(早朝5時)に分厚いゴム手袋をはめて、ゴミ袋で巣を静か~に覆って、無事巣を取ることができました。朝早かったせいか、女王様は巣の中にいました。巣と言いますかこの一輪挿し型の覆いの中には、私たちが普通「ハチの巣」と読んでいる丸い部屋がたくさんある巣が入っていて、その中には卵と蜂の子が入っていました。

蛇足ながら、夫は捕獲後の蜂と巣を2重の袋に入れてそれでおしまいとしたのですが(彼は殺生が嫌い)、私は蜂が袋を喰い破って出てくるのではと怖かったので、熱湯を張ったボウルに袋を浸けて、蓋をしておきました。残酷ではありますが、いわば蒸し殺しですね。殺虫剤での処理も考えましたが、スプレーを入れる為の小口から蜂が出てきたら大変なので、この方法となりました。合掌。

もそもこのコガタスズメバチはスズメバチの仲間の中では攻撃性が低い種類らしいです。「頭が当たるような場所に営巣されていない限りは駆除しなくとも良い」なんて記述までありました。おまけに1つのスズメバチの巣(コロニー)があることにより、その付近のハエとか虫たちが××匹駆除されるなんていう試算まであります。無駄な殺生をしてしまった? 

でもね、大きい物で30センチぐらいになる巣から何十匹、ひょっとすると数百匹の蜂が出入りする様子を目の当たりにするのは、やっぱり嫌だし、営巣されていた場所が我々人間の出入り口ともバッティングする所なので、危険性も若干あり。人間の身勝手を許してね。

↓どの程度の大きさかを示す為に、長男に持たせてみました。自分が捕獲したわけでもないのに、なぜか自慢げ。
スズメバチの巣を誇らしげに持つ長男


れにしましても、このスズメバチに限らず、「虫の季節になったなあ」と毎日実感するこの頃です。
顕著なのは蜘蛛。害はないし、益虫だとも言われているけれど、私はとにかくあの巣というか糸が大嫌い!! 外(と言っても我が家の敷地内)を歩いていると、不意に顔に絡まってくるあの蜘蛛の糸! 木綿や絹糸みたいにさらっと落ちてくれれば良いけれど、執拗に絡み付いてくるあの不愉快さ! 「だってそうじゃないと獲物を捕獲する役目を果たさないんだから当然じゃない」とは夫の言葉だけど、嫌なんだもん!

洗濯物を取り込もうとすれば、洗濯物を足がかりにして蜘蛛の巣を張っているし、車に乗ろうとすれば、ドアミラーと近くの木の間に巣を張って、そこに私が引っかかるという始末だし、走行中に窓を開ければ、ドアミラーと車体の雨除けの小屋根の間に張ってあった巣が風で飛ばされて車内に吹き込んでくるし・・・。自転車小屋にも幾重にも蜘蛛の巣がかかり、自転車になかなか辿り着けない。自転車のハンドルとフレームの間にも蜘蛛の巣があり、すぐには乗れない。家の軒下にはそれこそ何十という蜘蛛の巣が!

蛛以外には地面を見れば、ダンゴムシナメクジ。朝早くに見てみると、ダンゴムシが百日草なんかの葉っぱをむしゃむしゃ食べていて、夜夫が帰宅時に懐中電灯で観察してみると、ゴーヤやひょうたんの葉っぱにナメクジがうじゃうじゃとたかっているではありませんか。共存共栄主義の夫は棒切れの先でぴっぴっとナメクジを葉っぱから弾き落とすだけだけど、どうせ数時間後には戻ってくるじゃん・・・。かといって私はあのナメクジたちを踏みつぶす勇気もなく・・・。昨晩読んだ柳生真吾の本によると、コーヒーの粉がらを周りにまいておくとナメクジの忌避材になるらしい。今日から実験です。

して名も知らぬ小さな虫たち。すき間だらけの家なので、リビングで寛いでいる時に床の上を小さな虫が歩いていきます。夫に見られた虫たちは幸運。そのまま何事もなく歩き続けます。私の目に留まった虫たちは不運。ティッシュにくるまれてブチッと潰されます。アリも登場するようになりました。


後に虫じゃないけれど、我が家の巨大生物の現在の様子を紹介します。

マモと次男 sleepin well on the bed

わかりますか~? 久々の登場のマモです。イエメン猫です。奥が次男で、マモは我が物顔でど真ん中で寝ています。しかもフラッシュをたいて撮影してもビクともしない。4月で11歳となりました。ばあさんマモは寝ている時間が長くなりましたし、身体も態度も肥大化しています。

我が家の子供たちの成長の尺度はマモ。マモの体重(推定11~12キロ)を超えたかどうかが1つの目安となり、最近この次男がようやくマモと並ぶ体重となりました。次郎さん、マモ越えおめでとう。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。