スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEB 内覧会 by 神明建設

  • 2009/09/03(木) 10:18:42

引っ越しして早1週間以上が過ぎましたが、相変わらずただの荷物置場と化している新生トトロの家です。可哀想に。

それでも本日の朝、資源ゴミとしてペットボトルなどと一緒に、梱包材として使われていた紙や、不要となった(否、涙を流しながら不要にした)洋服などをまとめて出すことができたので、少しはスッキリしました。

土曜日には夫とともに地元のゴミ処理場に大量の不要品を自己搬入する予定なので、デッキに置かれている粗大ゴミなどがなくなるはずです。

・・・という状況なので、皆さんのようにWEB内覧会なんてできるはずもありません。他の方のブログを読んでいると、引っ越しして1週間後ぐらいには「引っ越し後の様子です~」なんて爽やかに室内を紹介されていますが、どうしてそんなことが可能なの?! こちらはまだ夫の私服を探すのに「どこだ、どこだ?」と段ボールの山を漁っているというのに・・・。


そんな中、ありがたいことに神明建設がブログで内覧会をしてくれています。しかも、ビフォアの写真付き! 施主ですら見落としていたあちらこちらをちゃんと写真に収めて下さっていたんですね。改めて感謝です。

これまで私のブログにてトトロの家の様子を見守って下さってきた方には、かなり興味深い内容となっているはずです。

  神明建設業務日誌 
  2009/08/28 「完成写真」
  2009/08/29 「完成写真2」
  2009/09/02 「完成写真3」

いつものことながら、まめに記録を残して下さる神明建設さんに感謝です。

ではでは、思いっきりずるをしていますが、今日はこの辺で。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

WEB 内覧会 「トイレ」

  • 2009/09/28(月) 20:21:39

っ越し後「あ~、片付かない、落ち着かない」とこぼしてばかりいる内に、いつの間にか引っ越しから1ヶ月が過ぎているではありませんか!! びっくりしました。

9月の5連休で一応段ボール箱はLDから追い出され、ようやく普通の生活に近付きました。まだ書棚を購入していないために、本の段ボールが20箱以上廊下や多目的室に積まれていますが。

の中を完璧(か、せめてそれに近い状態)に仕上げてから、各部屋を紹介しようと思っていましたが、それでは数年後になってしまいますので、とりあえず見苦しくはない程度になった所からぼちぼち紹介していくことにしました。

WEB 内覧会シリーズの写真は全てクリックでちょっと大きくなるようにしますので、どうぞ大きくしてご覧下さいませ。




念すべき第1回は、じゃじゃーん、トイレです。トイレは面積が狭いだけに整え終わるのも早く終わりました。

↓洗面所脇の引き戸をガラリと開けると、鎮座ましますアラウーノSが登場。
WEB 内覧会 トイレ(3)
イレットペーパー・ホルダーは子どもの手が届く所に置けるようにと、壁に取り付けるタイプではなく、置き型としました。各人に合わせてどこにでも置けるので、子どもが便座から落ちることなく紙を切り取ることができています。

いつもコメントを戴くさとこさんからはもっとスタイリッシュなデザインの置き型ホルダーを紹介してもらったのですが、床が玄昌石ということもあり、この黒のアイアン製品を選びました。

便器の選択で悩んだ話はこちらを読んで下さい。

夫はとにかく部材と部材の隙間や金具部分に汚れが溜まることが嫌いで、アラウーノには例の飛び散りが想定される範囲内にそれらの隙間などがないことが決め手となりました。で、廉価版のSを選んだ次第。

掃除そのものはとても楽です。3日おき程度に便座内の縁に手を入れてトイレクイックルで拭きますが、トルネード流水のお陰でほとんど汚れが付きません。う○ちなどが流れていく穴方面も洗剤の泡で自動洗浄されるので1ヶ月経った今もきれいなままです。

といっても、今のトイレはきっとサティスでもネオレストでも同じような感じなのだと思います。あとは使い始めてからの手入れですよね、きっと。以前の賃貸マンションのトイレは10年もので、私たちが使う前に他人が10年も使っていたかと思うと、正直なところ念入りに掃除する気が起きなかったんです。それがこのアラウーノは私たち家族が中心となって使うものですから、お掃除することに何ら抵抗もなく、このままきれいに保っていくように頑張る所存です。


↓アラウーノSの反対側はこんな具合になっています。
WEB 内覧会 トイレ(2)
しご風の飾り棚はIKEAの製品です(シェルフユニット REXBO)。

トイレ内に置かれる雑誌やペーパーなどをどうするか思案した上、とりあえずこの形になりました。半坪(1畳)の広さのトイレなので、この棚があってもなんとか窮屈にならずに済んでいます。トイレクイックルを収納するケースが今後の宿題ですね。


↓トイレ全景(のつもり)
WEB 内覧会 トイレ(1)
~あ、子供用便座だの予備のトイレットペーパーが見えると、途端に生活臭ぷんぷんですね。仕方がないことだけどさ。


モ家のトイレの仕様は次の通り。
床: 玄昌石
壁および天井: クロス(リリカラ LY19073)←これは漆喰の壁に見える色および質感です。我が家はほとんどが漆喰壁なのですが、水廻りなど気になる場所はこのクロスにしました。全く違和感がありません。
便器: アラウーノS(パナソニック)
トイレットペーパー・ホルダー: アイアン製(STOCKMAN
照明: 陶器レセプタクル(愛三電機)+エジソンのレプリカ球(後藤照明)
スイッチ/コンセントプレート: KOBE プレート(Material World


うくもう1つのトイレを忘れるところでした。
↓母屋と別棟を結ぶデッキにある外小便器。
WEB 内覧会 外トイレ
でもね、ご覧の通り、両側には囲うものが一切ないため、目下のところ長男専用となっています。つい最近まで横に洗濯機を置いていたのですが、事情により建物内へ移動。いよいよすっぽんぽんになってしまいました。

建物内トイレの例の 飛び散りを減らすために外小便器を設置したのに、これでは全く用をなしていません。早いところ壁をつけてもらいたいのですが、予算の優先順位が低くてですね・・・。


上、マモ家のトイレの紹介でした。
トイレだけでこんなに長文になるなんて、相変わらずの私だ・・・。今後も懲りずにお付き合い下さいませ。




ヶ月記念日の9月25日はちょうどと言うべきか、これまでの溜まりに溜まった疲れが風邪と相まって、ダウンの日となりました。夫はかろうじて送り出したものの、その後子どもたちのお弁当作りや幼稚園送りの気力がどうしても湧かなくて、結局子供たちを欠席させてしまいました。情けない。でも週末に夫がゆっくりさせてくれたので、本日より復活しています。

この記事を見た私の知人・友人の方がた、いらして下さっても大丈夫な状態と一応なりましたので、いつでも遊びに来て下さい。あ、私からも連絡しますが。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

WEB 内覧会 「洗面所」

  • 2009/09/29(火) 09:18:39

トイレに続いての内覧会の場所は、トイレの隣りの洗面所です。

我が家の洗面所の特徴としては、脱衣所と兼用の洗面所が多い中、専ら洗面・手洗いの場所であることが挙げられるでしょうか。面積としてはゆとりがある方だと思います。

(言い訳がましいけど)まだ完成途上の洗面所です。
WEB 内覧会 洗面所(1)
成途上の理由は、以下の通り。
1.タオル掛けがない。→洗面ボウル下部にバーをつけようとしたら、神明建設より「(バーからタオルが下がる様子が)ふんどしみたいになりませんか」と言われ、以来良い解決策が見付からない。今のところ、タオルを折り畳んで台の上に置いています。

2.ゴミ箱は前の家で使っていた物を暫定的に使用中で、今後買い替えの予定。

3.ゴミ箱横に見えるトイレットペーパーの予備は、今後はトイレ内の棚に置ける量だけとするので、ここには置かない予定。

4.収納棚上の照明器具が収納棚の扉とバッティングする。当初はこのように垂れ下がる形状の器具を計画していなかったので、こういう結果になりました。ライトが下を向くと、ちょうど顔が照らされていいんだけどなあ。今は写真のように垂直方向に向いています。明るさは足りているのですが、なんだかなあという気分。

ま、いずれも使い勝手というよりは見た目の問題ですね。トイレを使うお客様もここを利用するので、ある程度は見栄を張りたい(否、気を遣いたい)所であります。洗面台の下はいっそ布なんかで隠した方がいいのかなぁ。でも、布を垂らすとなんだかカントリー調になりそうで、私の目指す方向とは異なるし。それとも布の柄次第なんやろか。

くつか気付いた点。
1.「ダブル・ボウルは必須ではなく、シングル・ボウルでも台が広ければ良い」という意見も設計の途中で貰いました。今のところ、確かにそれは言えるのかもしれないとは思いますが、あればあったでやっぱり便利で、また今後子供たちの成長に伴って感想も変わることでしょう。

2.先端クリックの水栓は使い易い! 特に小さい子どものいる家庭にはお薦めです。身長110センチの長男は台なしで届きますし、次男も台に乗れば届くので、自分たちだけで手洗いができるようになりました。また、これまでのところ、水栓の根元に水が溜まることが一切ありません。←これって非常に優れている点と思いません?

3.無垢板の洗面台を使うにはやはりある程度の汚れの覚悟は必要。我が家ではウレタン塗装ではなくて「木肌美人」という商品を塗装しました。キッチンを制作してくれたクニナカからのお薦めです。かなりの撥水力を発揮しますが、それでもやっぱり石鹸水などが染みになります。小さいタオルを置いて、常に拭くようにはしています。


↓スウェーデンのダーラナ・ホースとコラボレートしている(←嘘)石鹸ネット。
WEB 内覧会 洗面所(2)
のネットはつい数日前に登場しました。隣りに見える無印良品の陶器製ポンプに入った液体石鹸と平行して使います。

・・・というのは、当初は勿論シンプルおしゃれを目指して陶器製ポンプだけを使っていました。が、子供たちがこの液体石鹸を台の上に垂らすんです。垂らしてもいいんですが拭かないんです。で、染みになる。私がカリカリしていたら、夫がこの案を思い付きました。

「石けんネット」で検索すると結構あるんですね。中には「ネパールの川漁師が使っている漁網と同じイラクサでできた」ネットもあるんです。400円弱。高い。そうしたら、たまたまジャスコで買った卵がこのネットに入っていて(ジャスコではこの使い道にまるで気付いていなかった)、卵を冷蔵庫にしまってから「おっ!」と小躍りしたのでした。

おしゃれ度には欠けるのですが、まあ子どもが小さい間と割り切ることにします。ただ、背の小さい次男は水栓には手が届いているのですが、この石鹸ネットには手が届かず、家族が補助するか、液体石鹸を使っています。

なみにこのダーラナ・ホース、-オレンジ色の馬の置物のことですが-、20年近くも前にスウェーデン人の友人から貰った物です。確かクリスマス・プレゼントとして送られてきた記憶があります。当時はIKEAが日本にも進出してきて、このダーラナ・ホースも珍しくなくなる日が来るとは想像もしていませんでしたねぇ。Stefan もスウェーデンのとある企業のCEO になっているしなぁ。時の流れをつくづくと感じます。


モ家の洗面所の仕様は次の通り。
床: 杉の無垢板(節あり)+クイックドライ(エシャ社)1回塗り(近い内に2回目を塗る予定)
壁: 漆喰(水がかかることが心配でしたが、全体の雰囲気を優先して漆喰風クロスではなく本物を使うことにしました)
天井: クロス(LY19073 リリカラ)
洗面台: 無垢の杉の1枚板
水栓: TKF51PR(TOTO)
収納棚: Vattern(IKEA)←現在廃盤となっていますが、類似の商品があります。
照明: BASISK(IKEA)
照明(天井): レプリカ灯(白塗装)(後藤照明)



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

WEB 内覧会 キッチン(1)

  • 2009/09/30(水) 21:22:02

が個人的に一番興味を持つ所・・・それは「キッチン」。ブログ村の新着記事に「キッチン」の文字が見えるとクリックせずにはいられない。また、それは多くの方にも当てはまるようで、これまでキッチンネタの時には訪問者数が大きく跳ね上がったものでした。

でもね、くどいようで申し訳ないですが、我が家はまだ各所が完成途上。キッチンも然り。あんまり期待しないで下さいませ。また、それぞれの箇所を整理しながらお見せするので(撮影するキャビネットの作業台上の邪魔物をしまうために、背面の収納棚が見苦しくなる・・・といった具合)、小出しになりますが、その点もどうぞご了承下さい。


置きはさておき、
↓これが引き渡し直後の美しきキッチン。美しい代わりに機能性にも欠けますね。
台所(2009/08/20)


↓あれこれ使い勝手を考え、自分たちなりに工夫をした結果がこれ。
WEB 内覧会 キッチン(1)
コンロの下に調味料を収納する引き出し式の縦型棚を作ってもらいましたが、そこには醤油やオイル類でいっぱいになり、見た目にきれいなガラス瓶のスパイス類はレンジフードの上に並べました。よく使う調味料は新たに取り付けた棚の上に載せています。


↓反対側から見るとこんな感じ。
WEB 内覧会 キッチン(2)
しの隣りのスペースには敢えて水切りかごを置いていません。代わりにタオルを敷いています。大量の洗い物がある時にはミーレの食洗機を使いますし、普段のちょこちょこ分量の洗い物にはこれで十分用をなしています。

やはり同じように水切りかごを置かずに、その代わりこの場所全体を水切り場と考えて、このスペースに洗い場へ傾斜をつけていた事例を以前雑誌で見ました。なるほどとは思いましたが、ここは水切り場としてだけでなく、隣りの冷蔵庫から取り出した食材の一時置場などにも使いたいので、傾斜がついているとコロコロ転がりそうで、逆に使いづらいかと思い直し、私たちはこの案を採用しませんでした。


にとってこのキッチンでの最大の工夫(←こんな物が工夫になるかいな?)は、この収納棚と下のバーです。
WEB 内覧会 キッチン(3)
自分が作業する目の前に使用頻度の高い道具を置いておきたかったのです。棚の上には今は大小のバットやボウル、そして毎日使う調味料(砂糖、塩、雑穀米、だし袋など)を置いてあります。一応ステンレスとガラスで統一しているつもり。

この棚もパイプの水切り棚がいいのか、それとも今のような木の棚がいいのか散々悩みました。夫は洗ってそのままさっと上に置けるように水切り棚の方が良いのではと言っていましたが、水栓廻りに垂れる水が気になりそうだったので、水切り棚はやめました。これはこれで、今は新品のステンレス台に水跡がついているのも気になるぐらいなので、正解かな。

候補だったパイプの水切り棚です。
IKEA GRUNDTAL ウォールシェルフ
ekrea 水切りパイプ棚 バック付きタイプ

木製棚はキッチン・キャビネットのウォルナットに合わせてウォルナットの集成材をサイズ指定で注文して、自分でオイル(エシャのクラフトオイル)を塗って、夫が取り付けてくれたものです。キッチンの第3の顔になりそうだったので、あんまり変な物は取り付けたくなかったんだけど、大丈夫? ちゃんとイケテルかしら? 

ちなみにキッチンの第1の顔は勿論オーダー製作のキャビネットで、第2の顔はタイルです。で、第3の棚に続いて、水栓が第4の顔になるかしら。


の下には IKEA で購入したバーを取り付けました。これも棚板の裏面に取り付けるか、今のように下部の壁に取り付けるかテストした結果、壁付けとなりました。使い勝手ってホント頭の中で考えているだけでは分からないッス。

そしてバーにはやはり IKEA で揃えたあれこれをぶら下げてあります。


後の宿題としては、スポンジ置場(スポンジそのものの選択も含む)と作業台の上に置く生ゴミ入れ容器が挙げられます。3枚目の写真に写っていますが、とりあえずいちじくが入っていたプラスチック容器にスポンジを置いています。シンクにはスポンジを置くための凸凹はありません。マーナの商品が候補となっています。

生ゴミ入れ容器も3枚目の写真にいちじくのプラスチック容器にポリ袋を入れ込んだ物で代用しています。最近のシンクのトレンドなのか、生ゴミ受け皿が浅いですよね。ですので、まな板などの上で出た生ゴミはこの容器に捨てています。シンプルなホーロー製の入れ物がないかなあと物色中です。


上、トトロの家のキッチン全体の様子を紹介しました。収納の具合やお気に入りの小物などは今後のお楽しみにしたいと思います。


トロの家の部屋としてのキッチンの仕様は次の通り。各機器類は後日紹介します。
床: 紀伊杉の無垢板(準床暖房対応品。オスモのクリアカラーで塗装済みの商品)
壁: 漆喰
タイル: ピアノザ100角、トラモント32角(いずれも名古屋モザイク工業)
天井: クロス(LY19073 リリカラ)
キャビネット: クニナカによるオーダー製作
照明(天井): 陶器製レセプタクル(愛三電機)+パルックボール60W
照明(手元): スポットライト(ASN 540 358)+レール(いずれもコイズミ)
棚板: 小郷木材



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
ここ数日間、自然素材カテゴリーで1位が続いていて、驚いています。最初はまぐれ当たりだろうと思っていたのですが、1週間ほど続いていますね。オーララ♪ クリックして下さる皆様、本当にありがとうございます。

また、個人的にはこのカテゴリーには施主ブログがメインになった方がより面白くなるのではと感じているので、建て主である私のブログを1位にして頂いてとても嬉しく思っています。イヤ、会社のブログが悪いとは言っていません。ただ、施主としての立場からすると、依頼先が決まった後は(期間もそっちの方がずっと長いし)、やはり各施主・各家のこだわりが生で詰まっている施主ブログの方が役に立つなあと感じている次第です。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

WEB 内覧会 キッチン(2)

  • 2009/10/02(金) 17:40:26

今回はキッチン本体の収納部を紹介したいと思います。

↓コンロ下の調味料入れ。2段式とか3段式など選択があるようなので、オーダーの時に迷うのも1つの楽しみかと。
キッチン コンロ下調味料収納棚


↓コンロ下の鍋収納スペース。その隣りはお盆やオーブンの天板をしまう場所です。
キッチン コンロ下鍋収納ステンレス棚
ここは敢えて扉をつけずにオープンとしました。台所に立つ以上鍋を使うのは必須で、その鍋を取り出すために扉を開けるとか、引き出しを出すという動きを減らしたかったのです。それらの行動の前には、扉を開ける/引き出しを出す分のスペースを作るため横にずれるとか後ろに下がるという動きもあるので、オープンにすれば2アクションが減ります。

オープンのままだと埃が気になるので、ゴミや埃が溜まりにくいパイプ棚にしました。2段目の下は10センチほど空けてもらっているので、掃除の際には奥までモップなどが届きます。


↓本当は見せたくないシンク下。
キッチン シンク下収納
ここは流行中の引き出し式収納にするなどの選択はあったのですが、コストダウンを狙って扉をつけただけにしました。以前の住まいで使っていた伸縮する棚をセットしていますが、もう少し何らかの工夫の余地がある気がしています。


↓取り付け工事のときの写真ですが・・・。シンク下の収納の隣りに、引き出し4段がついています。ここには特段の工夫はありません。
キッチンキャビネット その1
この写真で分かるのが、先ほどのシンク下の収納用の扉が同じ寸法でないということ。変かなと思ったのですが、「幅の異なる深い引き出しが並んでいるというようにも見えますから、同じ寸法にこだわることはないですよ」というクニナカからのアドバイスで、布巾を下げるバーを長く取りたかったので、このようになりました。

本当はもう少し長いバーを取り付けて、茶碗布巾と手拭きタオルの2枚を1本のバーに掛けられるようにしたかったのですが、扉の幅のバランスで短めのバーとなり、2枚掛けることができなくなってしまいました。それが唯一のミスでした。


今日はごくごく当たり前の、新鮮味のない内容で失礼しました~。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
ここ数日間、自然素材カテゴリーで1位が続いていて、驚いています。最初はまぐれ当たりだろうと思っていたのですが、1週間ほど続いていますね。オーララ♪ クリックして下さる皆様、本当にありがとうございます。

また、個人的にはこのカテゴリーには施主ブログがメインになった方がより面白くなるのではと感じているので、建て主である私のブログを1位にして頂いてとても嬉しく思っています。イヤ、会社のブログが悪いとは言っていません。ただ、施主としての立場からすると、依頼先が決まった後は(期間もそっちの方がずっと長いし)、やはり各施主・各家のこだわりが生で詰まっている施主ブログの方が役に立つなあと感じている次第です。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。