スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収納アドバイザーにお会いして、収納から人生についてまで考えました。

  • 2008/08/15(金) 10:30:18

昨日はかねてよりとても楽しみにしていた収納アドバイザーの芳賀さんとお会いする日でした。芳賀さんはパートナーである上野さんというもう一人の女性とお見えになりました。

昨日のスケジュールは、まず私の現住まいでの持ち物の具合をご覧頂き、新居のプランを見ながらあれこれ話し合い、その後古屋へ移動して、実際に即しながらアドバイスをもらうという感じで進みました。

昨日の収穫を簡単に言いますと、「収納についてコペルニクス的発想の転換を得た」&「収納ということから自分の人生のあり方についても考える機会を得た」となります。

私はそれまでは、「いかに今持っている物を新居に収めるか」ということしか考えていなかったんですね。ですから今回も現況を見てもらった上で、この我が家の所有物量に対しプラン上の収納スペースが十分かどうかを判断してもらいたいと考えていた訳です。ま、図式で表すと「物>家>人」、まず物がありきで物に生活が支配されているといったところでしょうか。

が、芳賀さんの言葉はこの私の考えとは全く逆のものでした。「人」つまり「どのように生活したいのか?」が最初に来るべきで、それに合わせた家づくりであり物の持ち方になるのだと。更に、私との会話の中で、私たち夫婦が目指したいと思っている生活ぶりについて、私自身は漠然としか、また若干の混乱を交えて捉えきれていなかった部分を芳賀さんたちは汲み取って下さり、「今ある物の多くを捨てられますか? 取捨選択が大切ですよ」とこちらの覚悟を試すような逆質問を投げかけるのでした。

どの点でというのは異なるのだけれど、工務店の社長にも「こういった家に暮らすには覚悟が必要なんですよ」と同じような内容のことを言われたことを思い出しました。そんなこんなを思い返し、この土地と家を購入すると決めた時点で、今の世間一般の家づくりとは異なる方向へ向かうのだなあと漠然とは感じていましたが、その選択がひいてはマモ家のこれからの生き方までを決める(少なくとも大きい影響を与える)という点にまでは考えが及びませんでした。というよりは、この点について考えを突き詰めることを敢えて避けていたのかもしれません。

思い出してみれば(わざわざ思い出すまでもないでしょ!と突っ込まないで下さいね)、夫は45歳で妻は39歳。妻はまだ若い気でいて(図々しくてごめんなさい)、ふわふわとスタイルを定めないまま、子育てに忙しいのを言い訳にして考えることも避けてきましたが、40歳っていい年なんですよね。それこそ、自分の生き方はこうなんだと覚悟を定めるというか現況のすべてを引き受けるぐらいの気持ちを持たないといけないんだろうなあと考えました。「四十にして惑わず」って孔子も言っていますしね。

私自身の人生の覚悟はさておき(と言いつつも私の生き方とあの家での暮らしは深くリンクするんだけど)、あの古屋で暮らすにあたっては、物をなるべく少なくシンプルに、また四季折々を肌で感じる(=暑さ寒さなどでちょっと不便かもしれない)ように暮らすという覚悟を持たなくてはならないのだと改めて思いました。というか、この際だ、「覚悟します」と宣誓! 腹を括った(くくった)ぞ!

子供は親の背中を見て育つようですが、その親が覚悟もなく事あるごとに文句をたれて生活していたら、周りのお友達と比べて変わっている生活を子供も楽しめなくなりますよね。そうでなくとも、思春期を迎える頃には格好良いものに憧れて、古屋の生活を嫌う時期が必ず来ると思うんです。

芳賀さんと上野さんのお陰で、家づくりのそもそもの根幹をきちんと考え直すことができました。これは私にとってはとても大きな収穫でした。夫にもそんなことを話したら、「以前から同じようなことをオレも言っているよ。でもやっぱりプロからじゃないと心に響かないのかね」と少し拗ねられました。スミマセンデシタ、旦那さま。

勿論、「収納」アドバイザーの名が示すように、収納についても具体的な見解などを戴き、大いに参考になりました。それは次回にでも紹介しますね。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
土地の選択にも多いに迷走したマモ家ですが、家のプランづくりにおいても迷走していました。いろいろな方の力を借りてようやくゴールが見えてきました。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

お片づけコーチングからの提案書

  • 2008/10/07(火) 14:11:33

収納アドバイザーの芳賀さんと上野さんが古屋を見て下さったのが8月でした。その時にも十分ハッとさせられるアドバイスを多く戴いたのですが(この時の様子はこちら)、先日「お片づけコーチング コンセプトシート」なるものが届きました。あ、時間が空いたのはマモ家側の理由です。芳賀さんたちはきっちり迅速にお仕事をして下さいますので、これから依頼を考えられている方、どうぞご心配なく。

そもそも古屋の収納スペースのあまりの少なさにおののき、芳賀さんたちに連絡を取ったことが始まりでした。その時には、今から見ると滑稽なぐらい収納スペースにこだわった平面図を自分で考えてみたりしていたのですが、結局は芳賀さんたちとの話し合いの中で私の考えの大転回を迫られることになったのでした。詳しくは上記の記事を読んで下さいね。

私としてはそれだけで十分という気持ちもあったのですが、今回届いたコンセプトシートには収納アドバイザーらしい細かい提案がいくつも書かれていました。それらをたくさん紹介すると著作権侵害にもあたりそうなので、1つだけ紹介します。

我が家は台所の裏(北)に裏玄関を設けます。表玄関は客人を迎える場として常にきれいにしておきたいという夫のこだわりです。
裏玄関平面図
わかりにくいのですが、キッチンに並ぶ収納は食器棚、その対面にある910幅の収納は靴収納です。そう、裏玄関に食器棚がはみ出るのです。
この図からのアドバイスは「食器棚と靴収納の面材を揃えるなど、食器と靴が同空間に置いてあることを意識させない工夫が必要です(食器棚扉はガラス製は避けるなど)」というもの。

全くおっしゃる通りですねー。今までも漠然と「食器棚が玄関にはみ出るってどうなのかなあ。でも全くのプライベート・ゾーンだからいいか」と結論付けていたものの、指摘されると途端に気になります。しかもここに置く予定の食器棚はガラスの扉(涙)。もともとは造作食器棚を希望していましたが、コスト削減のため今持っている食器棚を使うことにしたのです。どうしましょ。

フレームキッチンの対面にある階段下収納が現在ブラックボックスとなっています。そこにオーブンレンジなどを入れる予定なのですが、ひょっとすると食器も若干入るかもしれない。そんなこんなで裏玄関とキッチンを少しでもきちんと分けることができればいいなあと目論んでいるところです。

他にも、夫も「現実的なアドバイスだねえ」と感心する提案がいくつもありました。あとは暮らし方も問題となってきます。芳賀さんのところではセミナーも行っています。千葉から三鷹へ行くのは大変だけど、ソフト面でも充実を図るべく近い内に参加したいと思っています。

芳賀さんの会社はこちらです。
Studio Haga お片づけコーチング 

ブログのコラムなどを拝見すると、手厳しいことも書いてあり、耳が痛かったり痛快に思ったり。でも、他人に厳しいだけでなくご自分にも厳しく、仕事内容は本当にプロの仕事です(若輩者が偉そうですみません)。私も結構小姑根性が育っていてうるさい方だと思いますが、その私がお勧めします!!


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
アルミサッシの選定が10月20日までと言われています。その後11月10日締め切りで照明も決めなくてはなりません。収納も含めた細かい部分の決定が増えてきました。大変だけれども楽しみな作業となりそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

造作収納棚のプランニング

  • 2009/02/23(月) 17:49:58

外壁工事もゴールが見え、いよいよ内部造作工事が視野に入ってきました。先々週の土曜日に現場にて大まかな造作収納について決めてきましたが、使い勝手を向上させるためにここ数日間悩んでいるところです。

神明建設に(ということはMさんに)造作で収納をお願いするところは全部で5カ所あります。キッチン近くに集中しています↓。
キッチン周り平面図

叩き台となる取り敢えずのプランニング図↓。キッチン隣りの大収納面は食器、食材、その他いろいろ(よく想像できていませ~ん)を入れる予定で、取り敢えずは20センチ間隔で棚受けをつくってもらうことになっていますが、やはりスライド式バスケットが欲しいよなあと思ってみたり。

アトムリビンテック(株)のオンラインショップ
「引き出し金物、ワイヤーバスケット」のカテゴリーにあります。

オーダーキッチンで有名な ekrea にもオンラインショップがあります。
「closet」のカテゴリーに、ノーマルランナー・タイプとローラーランナー・タイプがあります。

ノナカ金物店には、よく炊飯器なんかを載せるスライド棚をつくるためのスライドレールが売られています。←えぇ、一応DIYも視野に入れています。


↓バスケットのサイズを把握したら、それに合わせて収納棚の幅や高さの割り振りを考えます。これが本当に面倒くさい。これって本当は工務店の仕事なのかしら? でも自分の使い勝手は自分が一番分かるだろうと思い、今のところは自分で一生懸命考えています。その内神明建設に丸投げしそうだけれど・・・。
造作収納プランニング図


我が家ではキッチン隣りの収納棚も大切だけれど、背面の階段下収納↓も重要なのです。でも柱の太さがまちまちのためなんだかちょっと面倒くさい。
階段下収納(2009年2月20日)
まあ、有効寸法の割り出しとかは神明建設がきっちりしてくれたので、それに合わせて何をどう納めるかじっくり考えます。・・・と言っても今月末が締め切りなのでした。うぅぅ、大変だよぉ。

でもきっと悩んだ分使い勝手に反映されるでしょうし(そうあって欲しい)、その悩みが形になった時の嬉しさは倍増でしょうね。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。少しは参考になりましたら、クリックを是非お願いします。または興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

造作収納棚のプラン確定

  • 2009/03/08(日) 21:42:14

「7(土)までに収納棚のプランが確定すれば、工事をスムーズに進められて3月末にゴールということも可能ですが・・・」と神明建設より煽られて?、睡眠時間を削りながら考えましたよ。で、無事5日(木)にこちらからのプランを提出し、7(土)には神明建設とも意見を交わし確定できました。何かとこちらの事情で待ったをかけることが多かったので、今回はスパッと決めるべく頑張りました。

↓手持ちの家電用品や収納ケースのサイズも伝えたので、それらも書き込まれていて分かりやすい図面を貰いました。普遍的なものではないので役には立たないけれど、クリックで大きくなります。
造作収納棚プラン


でも本当に難しいですね、将来の生活を予想しながら・・・という作業は。とりあえず持っている物や収納ケースを納めるスペースは最低限確保しつつ、今後は子供たちの物が劇的に増えることは確実なものの、でも何がどれくらいということは想像がつかない。ま、この点に関しては、去年の夏にお片づけコーチの芳賀さんたちとお会いした時点で、「収納に振り回される必要もない」という境地に達したので、なるようになるでしょうし、その時々で考えればいいやと。

・・・これでは記事になりませんね。ということで、一応マモ家の工夫などの紹介を。あ、斬新なものはありません。皆さんと同じ程度のアイディアですので、期待しないで下さい。

1.プラスティック製の収納ケースの多用。
無印良品などで購入できる引き出しタイプの収納ケースを愛用しているので、そのサイズに合わせて20個ほど入るように設計。

2.扉のないオープン棚には、いくつかの棚にスライドレールを付けてもらい、使い勝手向上を狙いました。特に最下段の棚の奥は物を取りにくそうなので。「扉のない」と断ったのは、扉がつくと扉とスライド棚が干渉して、折角のスライド棚を前に引き出せないからです。

3.余程の重量物を載せない限りは、3方で支える固定の棚板ではなく、棚受けレールを側板に付けて可動式とする。

4.引き出しを製作してもらうと高いので、ワイヤーバスケットを活用。
オーダーキッチンで有名な ekrea でも数種類のワイヤーバスケットをオンラインで販売しています。会社が信頼できるだけに、きっとこれらの品質も大丈夫なんだろうと思っています。

⇨ と思いきや、今使っているイケアの棚をそのまま下段に入れることにしました。
食器棚
この棚も本来は食器棚ではなく、私が勝手に食器棚として使用しています。で、今は既に廃盤になっている模様。この大容量の引き出し収納が役に立ち、イエメン、インド時代に引き続き愛用しています。

もともとこの食器棚3つをパントリー収納部分に置く予定にしていたのでしたが(すっかり忘れていた)、パントリー横のキッチンを優先して設計していたら3つ入る寸法が取れなくなり、仕切り直しという経緯があったのでした。で、今回改めて夫が「2つなら入るでしょ」と言い出し、その案を採用。ワイヤーバスケットなどの分を節約できます。よっしゃ。


あとは暮らしながらいろいろ工夫をしていくのだと思います。今の住まいは賃貸のマンションなので壁にフックなども取り付けられません。結構それがストレス。トトロの家ではフックや棚やいろいろつけちゃうもんね。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。更新するとちゃんとアクセス数が増えると分かりつつも、なんだかんだと忙しく更新できません。毎日更新している人って本当に偉いなあと実感。応援のクリックを是非お願いします。または興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

酵素玄米を導入するか、しないか。

  • 2009/03/11(水) 08:29:19

「酵素玄米を導入するか、しないか」というタイトルで、カテゴリーが「収納」というのはとてもおかしいですね。理由はですね、正式な酵素玄米を作ろうとすると特殊な圧力鍋と業務用の大きな保温ジャーが必要となるので、つまりはそれ専用の収納スペースも必要となるからです。

「その『酵素玄米』ってそもそも何ですか?」って思ってる方も多いことでしょう。私もつい最近知りました。正式なものは「長岡式酵素玄米」と呼ばれるらしく、普及会のサイトもあります(長岡式酵素健康の会)。

でもこのサイトだけでは分からないと思うので、「酵素玄米」をキーワードに検索してみて下さい。じゃんじゃん出てきます。

私なりの理解で紹介しますと、玄米と小豆と特別な塩と塩素を除いた水で炊き上げるご飯です。準備として上述の材料を全部ボウルに入れて泡立て器で8分間右回りに混ぜ、それから特別な圧力鍋できっちり時間を計って炊き上げ、保温温度の高いジャーに移して、毎日1回天地返しをし(ご飯をひっくり返して)、3~4日目以降の発酵が進んだご飯が酵素玄米とのこと。

でもね、
「炊く過程で、釜の中が真空・高磁場状態となり、オーロラ現象が発生、瞬間1200℃で、炊くときに入れておいたサンナトリウムに含まれる光分子が電子となり有機ゲルマニウムができるのです。こういった現象は普通の圧力釜ではおこりません。酵素玄米は永久に腐ったりしません。」
こういった文章を読むと、私は一歩引くどころか「ありえな~い!」と1000歩ぐらい引いてしまうのですよ。

おまけに、正式な酵素玄米の炊き方を学ぶ講習会があり、そこで用具一式を7万だか8万円で購入するのだそうです。「それってねずみ講じゃない。大丈夫?」と思わず知人に叫んだ私です。ちなみにその後私が知った限りにおいてはねずみ講ではないです。でも8万円出すかい?、自分よ。

その一方で、この酵素玄米をたまたま教えてくれたその知人が「おいしいし、身体にもいいよ」って言っていたし、何より消化が良いという点が気に入りました。普通の玄米ご飯って栄養価は高くてもあまり消化に良くないと聞きます。そして、目下の私の課題は頻繁に夜遅く帰宅する夫の食事なのです。夫は0時近くに帰宅すると、胃がもたれるからと食事をとりません。職場や帰りがけに何か軽く食べてくる時もありますが、時間が勿体ないのか、それは滅多にありません。ですので、消化の良い酵素玄米だったら夜中食にもOKなのかなと考えている次第。

作り方は神がかっていますが、お味や効果は確かなようなので、普段こういった類いのものには近寄らない私にしては珍しく悩んでいます。

そして、あちらこちらに専用の圧力鍋ではなく玄米炊き用の炊飯器で炊いている人、普通の圧力鍋で炊いている人のサイトを見付け、それらはなんちゃって酵素玄米ではあるし、そのゲルマニウムだか酵素の働きも本家に比べると弱いようだが、ただの玄米ご飯ではなく酵素玄米のていをなすもののようなので、そのなんちゃってを試してみようかなと思うこの頃です。

それでもやはり業務用の保温ジャーはあった方が良いらしいのだけれど、この業務用の保温ジャーと言うのが旅館の朝食コーナーでよく見かける茶色の大きいジャーで、要するにひどく格好の悪い代物なのです。おまけにジャンボ(2升用です)。あんなにたくさんの情熱とお金を注いだキッチンにこれが置かれることを想像すると、やはり導入に二の足を踏んでしまう妻です。

どうしようかなあ、ホントに。精米機を購入して3分づきぐらいの白米を食べるぐらいにしようかなあ。この家づくりの集まりで酵素玄米のことを知っている人っているんでしょうか? どなたか評判などを知っていたら教えて下さい。私にイエスかノーかの判断をつけさせる情報をくださいませ。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。アクセス数増加を目指して更新を頑張っています。なぜかですね、ランキング上位を目指してみたい気分なのです。ご協力のクリックを是非お願いします。または興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。