スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかがスイッチプレート、されどスイッチプレート

  • 2009/02/10(火) 16:43:04

トトロの家では先週金曜日より配線工事が始まっています。7日(土)には電気屋さん、神明建設、そして私たちと勢揃いして細かな位置指定などの打ち合わせをしました。が、いろいろと出てくるものですね。その後もぽろぽろと宿題が出てきて、さらに現場は既に電気屋さんが毎日配線工事に励んでいるものですから、結構待ったなしでの決定を迫られています。

そんな中マモ家の夫婦の頭を悩ませている目下のものがスイッチ&コンセントプレートです。どちらかというとスイッチプレートの方が目立つので大切かと思い、スイッチプレートを主に探しています。御年80歳を超えるトトロの家にはパナソニック製のパネルスイッチは合わないでしょう?

最初に希望していたものは R.C. Company という会社の「アメリカンスイッチ」なるもの。ここの製品はPSE(電気用品安全法)に準じていることが売り。予め神明建設と電気屋さんにはここの商品のコピーを渡してありました。

そして7日(土)の現場での打ち合わせにて。トトロの家には、8個の照明スイッチと玄関番のモニターおよびお風呂の給湯リモコンが取り付く予定の司令「塔」ならぬ「壁」があります。そこでの取り付きをどうしようかという話になった時、電気屋さんが「お宅から貰っていたアメリカンスイッチだと問題があるんだよね~」と切り出します。

つまり、スイッチそのものが縦長のため、幅7センチのスイッチパネル1個につき1個のスイッチ本体を組み合わせていくと、8個のスイッチでは56センチものスペースが必要となると。

これは電気屋さんの認識不足で、実際に上述の会社のサイトをご覧頂くと分かるのですが、最大で6口(ただし横並び)まで1枚のプレートに入っています。が、当時の私たちは現場でこの話題になるとは想像せずにいたため商品群がちゃんと頭に入っておらず、電気屋さんが言うとおり56センチも幅を取るようでは見栄えが悪過ぎ・・・と、おまけにその場での判断を迫られていたため、アメリカンスイッチを却下としました。

で、仕方がないので現在の住まいでも使われている、縦に2口・3口並ぶパッチンスイッチ(正式名称は何?)を使うことになりました。ま、横にずらずらと並ぶよりは、縦に3・3・2口と3つのプレートが並ぶ方が使い易そうですし、見栄えも良さそうなので、良しとしましょう。

しか~し、あのなんだか薄汚れたようなベージュ色のプレートは許せない。真っ白のものもありますが、どちらにしろただのプラスチックで趣きがない。どうしたものかとあれこれスイッチプレートをネットで探しました。が、9割近くが俗に言う「ナチュラル・テイスト」の白地にブルーの模様が入った陶器製の物など、ま、洋風なわけですよ。エッジが効いた物を見付けてもゴールドだったり微妙に私たちの希望と異なり、意外にこれだ!というものが見付からないのでした。

が、昨晩ようやくこれかな?という物に出会いました。
スイッチプレート 東京ジャケット material world というブランドの商品です。

↑この写真の商品は「Tokyo Jacket」ですが、姉妹品として「Kobe プレート」といお手頃価格商品もあります。この会社のサイトの中に「建築資材宝探し日記」というブログがあり、この中でそれぞれのプレートの実際の施行例が載せられていて、実際の取り付け具合や雰囲気が分かります。

また、このスイッチプレートをデザインされた方がスイッチプレートについて熱く語っているのですが、「全くその通り!」と膝を打って読んでしまいました。ホント、日本のデザインの物は何とかならないのでしょうか。

もう1つ AZ Mate Timbers(オージーメイト・ティンバーズ)という会社でも、輸入品の素敵なスイッチを扱っています。
AZ Mate のスイッチ
↑これこれ、私が探し求めていた物は本当はこれなの!! なんですが、PSE を取得しているかどうかが明記されておらず、照会する前に夫が先の Tokyo Jacket が良いと言ったので、それでおしまい。気になる方はご自身で会社に訊いてみて下さいね~。

話は逸れますが、以前暮らしていたドイツでのスイッチ(こんな感じ↓)も好きでした。シンプルなデザインだし大きくて押し易いんですよ。これを日本でも使えないかと画策しましたが、無理でした。同じパネルスイッチでもどうして日本の製品は垢抜けないかなあ。
ドイツのスイッチ


たかがスイッチプレート、されどスイッチプレート。参考になれば幸いです。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。自然素材カテゴリーで2位をキープ中! 本当にありがとうございます。で、今日も調子に乗ってたかだかスイッチプレートのことでこんな長文を書いてしまいました。ちょっとは参考になったと思われたら、応援のクリックをお願いします! あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

イケアのロフトベッド

  • 2009/02/13(金) 09:22:51

トトロの家にて現在「多目的室」と名付けている9畳の部屋は、将来は2つの子供部屋に分割される予定。9畳を2つに割るって、そうたったの4畳半。

その狭さを有効活用するための秘密兵器が、↓このロフトベッドです。
ロフトベッド 
(イケア船橋店で撮影)

上はベッドで(見れば分かるって)、下の空間に机や収納棚などが置けるようになっている物です。最初にこれを見た時は感心しましたね。このタイプのベッドならば、4畳半の空間でも決して狭くないはずです。あ、狭いことには変わりはないけれど、ベッド、机、本棚などが広がることで床が占領されることは避けられるはず(つまり、1カ所にまとめられるでしょと言いたいのです)。

そして先月5歳の誕生日を迎えた長男に、そろそろ独り立ちをしてもらおうとベッド購入を思い立ちました。次男も一緒に使える2段ベッドも考えましたが、最終的にこのロフトベッドに行き着くのならば買い替えは無駄と思い、このロフトベッドにしました。あ、写真とは異なる木製のものですが。

我が家のステップワゴンに箱が入り切るか心配でしたが、助手席にまで箱が届きそうな勢いで何とか収まり、その箱を分解しつつ夫が3階の部屋まで運び、夫婦で組み立てた物がこれ↓。
ロフトベッド(昂太郎)
長男が寝る時の写真なので暗いし、ピンぼけですがお許しを。部屋の散らかり具合もボケていて丁度いいかな。

これ、確かにベッドの下に潜っても頭もぶつからず(身長155センチの妻)空間が有効活用できるんですけれど、ベッドメイキングが大変という短所があります。

長男の部屋は傾斜天井になっていて、高い天井の場所は立ってシーツ交換できるんですが、天井の低い場所は四つん這いにならなくてはなりません。照明器具にもよくぶつかるし。「天井の低い」とは言っても、そこが平均的な天井高の240センチ。イケアでも展示場の壁に240センチのラインが引いてあります。でもねぇ、巨大な倉庫展示場にいると相対的な高さってピンと来ないんですよね。で、自分の家に入れてから初めて気付く落とし穴。

そこで「そういえば!」と気付く妻。トトロの家の子供部屋も240センチでは?? 慌てて神明建設に電話をして確認しました。で、ぎりぎり上げることのできる2594ミリという天井高にしてもらうことになりました。間に合って良かった~。260センチ弱あれば、ま、何とかなるでしょう。

長男も、ベッドは嬉しいけれど一人で眠るのはまだ怖い・・・という葛藤に揺れつつ、何とか一人で寝る癖がついてきました。ただし、隣りのリビングでどちらかの親が寝ているという条件付ですけどね。

皆さんも購入の時にはお気をつけ下さいね~。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。お子さんのいるご家族の参考になったでしょうか? 参考になりましたら是非応援のクリックをお願いします! または興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スイッチおよびコンセントプレートを注文する

  • 2009/03/31(火) 09:31:25

以前おしゃれなスイッチプレートを探している旨の記事(「たかがスイッチプレート、されどスイッチプレート」)を書きました。あの時点でどれを使うか決まってはいたのですが、他のことに時間を取られてしまい、最近ようやくプレートの注文ができるようになりました。

私たちの選択はこれ↓。Material World という会社の「代官山スリット」、
代官山スリット

and「KOBEプレート」↓。
KOBEプレート


トトロの家では8つのスイッチが取り付く場所があり、そこはリビングからもよく見えるのでインパクトある「代官山スリット」の3連を(写真は2連のもの)。色は夫は無難に白でしょうとは言っていますが、実は2月に会社に照会したところ、なんと特注で赤の3連プレートを工場に無理言って制作して下さったのです! もともと私はこのキリッとした赤が気に入っているのですが、インパクとあり過ぎかなあと決断をつきかねている状態。ちなみに3連もののお値段は1万円を超えます(1枚のですよ!)。ですので、当然のことながら1カ所にしか使いません。

で、残りの、でも目につく場所のスイッチやコンセントプレートは「KOBEプレート」という次第。これはシングルのプレートだったら1枚980円と手頃です。本当に目につかない棚の中や収納部屋のものにはよくあるフルカラーシリーズ(@110円程度)を使います。視界には入るんだけれども、KOBEプレートなどで対応していないマルチメディアコンセントのプレートが普通のプラスチック製になるのが残念。


ところで、このプレートも自分たちで注文することを考えなければ、「この場所のコンセントは1口か2口か?」なんてことは全然気にせずに済みます。工務店か電気屋さんにお任せ~。が、今回私たちがプレートを自分たちで買うに当たり、この細かい作業がまず必要となりました。

工務店から貰う配線図には、通常スイッチやコンセントのマークが取り付けたい場所に記入してあるだけですよね。スイッチの個数は分かります。黒丸を数えればよいのだから。問題はコンセント。今のマンションの部屋を見渡してみても、1枚のプレートに1口のコンセントのものがあれば、2口のコンセントが縦に並んでいるものもあります。この1口か2口かというのは図面には書かれていないのです。

そこで、スイッチおよびコンセントの数と場所を部屋ごとにまとめ、「コンセントの数は1口か2口か?」「このコンセントはアース付きか?(アースの分の口が必要になる)」「スイッチとコンセントを同じプレートにするのか?」などの質問を表にしてまとめて、神明建設に渡しました。そうしたら、神明建設もとても分かりやすい一覧表を作り直してくれました↓。
スイッチおよびコンセントプレート一覧表
参考になるかは不明ですが、クリックで拡大します。
向かって右が私が作成した表で、カラー版が神明建設作成。このカラー版をもとにKOBEプレートのシングル1口が6個、2口が14個、3口が3個・・・などと簡単に数え上げられるようになりました。

オーダーしたキッチンも取り付けがとても楽しみでしたが、このプレートも実際の取り付けが待ち遠しいです。

KOBEプレートは東急ハンズの渋谷店と新宿店でも販売されているとのこと。フルカラーシリーズのプレートと交換できるので、お部屋の模様替えにいかがですか?



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。現場では日々何かしらの変化があり、ブログが追いつきません。嬉しい悲鳴ではあります。そして読んで下さってありがとうございます。
興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

特注のスイッチプレートが届きました!

  • 2009/04/21(火) 08:28:45

以前紹介したように、トトロの家には Material World という会社のスイッチプレートを使います。贅沢なことにちょっとした特注までしちゃいました。で、19日(日)の夜に品物がとうとう届きました!!


↓左からKOBEプレートのアイボリー、パールホワイト、イタリアンレッド、モダンブラック(こういうカタカナってトトロの家に似合わない・・・とPC打っていて思いましたわ)。
KOBEプレート
実はこの中のアイボリーがちょっとした特注その1なのであります。もともと会社では白ではパールホワイト1色のみの展開だったのですが、Brooks Brothers という洋服屋さん(*)のために特別につくった色なのだそうで(この辺りの経緯はこちら)、私は図々しくもこの色を販売してもらえないか訊いたところ、快くOKという返事を戴けたのでした。

(*)「洋服屋さん」はくだけ過ぎですが、この表現が一番普遍的で分かり易いと思い使いました。そっち方面に詳しくない方用に補足しますと、エルメスなどとはカテゴリーが異なるけれど、世界的に有名なブランドです。

パールホワイトは漆喰壁に、アイボリーは和紙貼りの壁にと考えています。和紙にパールホワイトは白過ぎる感じがしてわがままを言ったのですが、実際にアイボリーの優しい色合いを見て、その甲斐があったとホッとしました。


そして、↓こちらが特注その2。代官山スリットという名前の商品です。
代官山スリット


この3連タイプは上に重ねるアクリル板の加工がとても難しく、最初は無理という返事だったのです(2連の商品はあります)。↓切り口が斜め45度になっているのが分かりますか? この3D加工の枠が3つ連なると、世界に誇る日本の町工場にとっても大変難しい技術なんだそうです。
アクリル板拡大


が、Material World の堀部氏と何度かメールのやり取りの間に、工場の方にもこのトトロの家再生プロジェクトの話をしたところ共感して下さったそうで、なんと特別注文で請け負って下さることになったのです!

正直なところ、素人の私には話だけでは何がどう難しいのかピンと来ていませんでした。「プロの方がそう言うのだからそうなのだろう」という認識。が、実物を見て加工の美しさに、これまでの話が腑に落ちました。ここまで極めようとすると、どれほどの熟練技が必要なのでしょうか。もう一度堀部氏から戴いたメールを読み返して、何がどう難しいのかもおさらいしました。わざわざ大変面倒なことに取り組んで下さった皆様に心からの感謝を申し上げます。


ところで、↓これはアクリル板なしの代官山スリット。アクリル板を重ねるだけで、ぐんと雰囲気が増すのですね(2枚上の写真と比較して下さい)。これを思い付くデザイナーの感覚というものにも、その類いの才能に欠ける私は驚嘆してしまいます。夫の長崎弁の「すごかね~」がつい口から出ちゃいました(語彙が貧しくてスミマセン)。
代官山スリット アクリル板なし


これらスイッチプレートがトトロの家に実際取り付けられるのは、まだ先の話になります。早く見たいよ~。でもね、これは堀部氏からも言われたことなんですけど、奮発した代官山スリット(しかもこんなに派手なイタリアンレッド!)が実際取り付けられて、「あれ~、ここだけ頑張っちゃってどうしちゃったの~?」って言われてしまう危惧が0(ゼロ)というわけではない・・・・。ま、その点も含めて、怖いもの見たさということもあり、取り付けの日を待ちわびるのでした。


ところで、今回写真の背景に一応気を遣った点に気付いてもらえました? いつもはフローリングに無造作に敷かれているゴザの上に対象物を置いて撮影しているのですが、今回は物がこんなにモダンでおしゃれなので、さすがにゴザが背景では台無しだろうと、わずかに残っているきれいポイントで撮影しました。



↓ ↓ 毎度ご訪問をありがとうございます。少しずつゴールに近付いています。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

下駄箱の天板を探す

  • 2009/05/31(日) 22:40:52

玄関土間の洗い出しも無事終わりました。地味と言えば地味なのかもしれないけれど、なかなかシックにまとまったかなと自画自賛↓。
玄関土間 洗い出し終了

写真の向こう側に見える壁には和紙を貼る予定にしていますが、その壁際には下駄箱も置かなくてはなりません。で、その下駄箱は既製品ではなく製作をしてもらう予定。とりあえず、ゲイミンカンの市川氏に頼むつもりにしていて、ラフな図面を描いてもらいました。

そして、天板にはこのトトロの家に使われていた古材を再利用したいなあというのが、私たちの希望。神明建設にどんな板が保管してあるのか30日(土)に見せてもらいました。

じゃじゃーん、何とか使えそうなものがありました↓。厚さ3センチの欅(けやき)の1枚板です。オリジナル・トトロの家では仏壇置きになっていたとか。
下駄箱の天板に使う板

扉にも古材を再利用できれば最高なのだけれど、残念ながらそこまでは残っていませんでした。

とりあえず、市川氏に質問をいくつか付記してこの欅の1枚板の写真をメールにて送りました。

はてさて、どんな下駄箱となるでしょうか? 



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。