スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床の間に飾る物

  • 2008/12/30(火) 22:45:10

トロの家には床脇や書院までがついている本格的な床の間があります。床脇はいらなくてそこを押入れに改造しようと考えた不謹慎な妻でしたが、神明社長と夫の常識によりきちんと丸々残ることになっています。

そこで問題になるのが、その床の間に何を飾るというか置くのかということです。普通床の間には掛け軸や壷などが置かれますよね。ところが、マモ家はそんなものは一切持っていません。どうしよう・・・。立派な板と本物の網代天井が使われている本格的な床の間だけに、ちょっとした悩みとなっていました。

そんな中2週間ほど前に、片岡球子女史の絵を近所の画廊で見つけました。富士山のリトグラフですが、150万円もします。片岡女史の絵は夫婦揃って本当に好きなんですよね。年賀状代わりのカードによく片岡女史の絵カードを使用したものです。そして今回は、薪ストーブをやめればこの絵を買えるなぁと冗談で言い合っていました。


12月30日現在。夫の実家である長崎にいるのですが、昨日夫が突然「有田に行くぞ」と言い出しました。あの焼き物で有名な有田です。海外で暮らしていた頃は、お客様用の器を探しに帰国の度に夫婦で有田や唐津に出掛け、あちこちの窯を見に行ってました。でももう食器はいらないし・・・と思っていたら、夫は床の間に置く花瓶などを探しに行こうと言うのです。

それは思い付かなかったと、家族で有田に行ってきました。子供もいますし、買うものも決まっているので、柿右衛門と今右衛門に絞りました。白磁の井上萬二も好きなのですが、今回は色のついたものが欲しくて上記の2つとなりました。柿右衛門だの今右衛門だの興味のない人にはピンとこない名前だと思います。京都美商(株)という会社のサイトの中で、ごく簡単な解説を見つけましたので、参考になると思います。

最初に今右衛門に行きました。実はですね、数年前にマモ家は柿右衛門の小さな花瓶を1つ買い求めたことがあります。その当時は今右衛門はなんだか地味に思えて、華やかに映る柿右衛門に惹かれていたんですね。ところが、年を取ったからでしょうか、今回は夫ともども今右衛門に一目惚れしてしまいました。

お店の人からもいろいろな解説を受けました。今右衛門は色鍋島を継承しており、この色鍋島は伝統としては4色しか使わないのだそうです。ですので、柿右衛門のように写実的な花鳥風月ではなく、文様的な柄になるのだとか。年を重ねた夫婦には、この「限定された中での美」というものが心に響くのでしょうか。

ちびっこギャングたちが一緒でしたから、妻が作品を見ている間は夫がギャラリーの外で子供たちの相手をしてくれていました。妻は3~5万円の小さな花瓶がいいかなあ(というか金銭的にそれぐらいが限度でしょう)と思いつつ、
妻:「この花瓶は床の間に置くにはどうですか?」
お店の人:「違い棚に置くにはちょうど良いサイズですけれど、床の間にはちょっと・・・」
お金がないのがばればれじゃん!

今右衛門は橘をモチーフとして多く使っています。橘は京都御所の紫宸殿(ししんでん)に植えられているめでたい植物として扱われています(右近の橘、左近の桜)。←ついさっき調べました。

で、その橘ですが、もちろん名前は知っていたのですが、実際にどんな植物かまでは知りませんでした。妻はつい知ったかぶりで「橘って夏の木なんでしょうかねぇ」と言ってしまい、お店の方から「いや、柑橘類ですから冬じゃないでしょうか」と訂正される始末。

夫に至っては、橘の実の絵を指して「いちじくですか?」と訊いていました。妻よりひどい!! 夫婦揃って無学ぶりを露呈してしまいました。いやはや、いやはや。

結局夫も一緒に見て、いつの間にやら違い棚ではなく床の間に置けるぐらいの花瓶やお皿を一緒に吟味していました。でもねー、お値段は15~30万円。いったいどうすんねん、夫よ。そりゃあどれも本当に芸術品で、なんだか床の間だけが燦然と輝きを放ちそうです。


論を言いますとですね・・・







今回は買いませんでした。夫曰く、床の間の壁がどのような仕上げになるかまだ不明で、それによって合う柄も変わってくるだろうし、何より橘が何たるかも知らない我々に買われる今右衛門が気の毒だと。もう少しそのあたりの勉強をして、来年にでもまた来ましょうとなりました。ま、一種のリベンジですね。焼き物については少しは知っているつもりだった妻ですが、「右近の橘、左近の桜」などという類は古典の知識も入って来ますからねぇ。つらいわぁ。

その後に柿右衛門にも行ってきましたが、作品はさーっと見て(偉そうな言い方ですけど)、庭ばかり見ていました。子供たちは巨大な鯉に大騒ぎでしたし。庭には柿右衛門のもとである、見事な柿の木があるんですが、何度見ても素晴らしいですね。松の老木も見事です。

という次第で、トトロの家の床の間も床脇もしばらくは空席となりそうです。う~ん、無の美、わびさびとなるかなあ?



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。思いもかけずたくさんの方に見て頂いているのですが、ブログランキングに反映される下のボタンのクリックが多くはないようです。ぽちっとして頂けるととっても嬉しいです。面倒ではあるんだけども(苦笑)。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

床材が(ほぼ)決定!

  • 2009/01/17(土) 16:25:07

トロの家の床材は当然のことながら無垢板です。あ、和室は畳ですけれどね。で、その無垢板をどんな物にするかが大きな問題でした。というのも、床暖房対応という条件があったからです。2ヶ月近く散々悩みました。悩んだだけでなく、一旦決めたものを撤回してはまた考え直し・・・ということを繰り返し、神明建設を随分と振り回してしまいました。

結論。
LDと台所は床暖房対応品で、京都の丸嘉という材木屋さんで扱っているものにしました。
紀伊杉(上小・小節=ほとんど節のないタイプ)、オスモカラー(クリア色)仕上げです。商品名をクリックすると、会社のページへ飛びます。

これに決まるまでに、シバグリ、レッドパイン、桧などたくさんのサンプルを請求しました。住まいブログの「自然素材」で常連さんでもある前田木材さんにもお世話になりました。ありがとうございました。


モ家にとって譲れない条件は以下の3つ:

1.無垢材であること。→これまでの家づくりを振り返っても言わずもがなですな。

2.無塗装か、塗装してあっても木の質感を殺していたり呼吸を妨げていない方法でのもの。
→これが結構面倒な条件でした。というのも、床暖房のことを考えなければ、無塗装で無垢の床材はいくらでも見付かるのですが、床暖房対応品となると途端に少なくなります。更にほとんどがウレタン塗装が施された商品となるのです。あのテカテカでは無垢材を使用する意味がないと思っている私たちです。

3.国産材であること。→これもこれまでの家づくりで通してきたことですね。

桧では「皇樹(コウキ)」という商品名で、木曽桧の無垢板(蜜蝋ワックス仕上げ)が東京ガス床暖房対応品として販売されていますが、高い!! 

我が家には猫がいることもあり、神明建設からは堅いシバグリを勧められたところ、夫がどうしても木目が気になると。木目が好きじゃないんだそうです。言われてみれば、確かに私の好みでもないかもしれない・・・。これも他のサンプル品と比較して初めて気付くことなんでしょうが。おまけに国産材ではない気がしたので、却下となりました。


んなこんなの右往左往を経て、上述の紀伊杉の床材になりました。床暖房を使わない場所(廊下、北側居室など)の床材は厚さ30ミリの杉板ともともと決まっていたので、この紀伊杉にすれば廊下とLDの違いも目立たないだろう、と。

神明建設からは杉は柔らかいので傷が非常につき易い点と、痩せて木目がでこぼこする点を欠点として挙げられましたが、それらは味わいと私たちは思うので問題なし。何よりも杉のあの暖かみに魅せられている夫婦です。

また、「床暖房対応」とは謳っているけれど、実際は「準」対応と思っていた方が良いそうです。つまりはそれなりの反り・隙間は生じると。これも床暖房に無垢材を使おうと希望した時点で覚悟していたことです。実際の使用感がどうなるでしょうか。

既に述べた通り、他の部分は紀伊産ではないけれど杉材です。選択は神明建設に任せてあるので、細かいことは分かっていません。また、広縁にはもともと地松が使われているので、それを磨いて利用します。


んだのがトイレです。最終結論はまだ出ていないのですが、玄昌石にしようかと今は思っています。壁も腰あたりまでは玄昌石を貼ろうかなあと。それより上は漆喰です。武家屋敷のトイレみたいですね。トイレに玄昌石とは見たことがないのですが、吸水率が極めて低いそうですし、撥水性能を高めるワックスも別売りであるし、清掃性にも優れている気がするんですけど。

トイレの床材のもう1つの候補は、各社から出ているトイレ用の抗菌床材。トトロの家はアラウーノSを選択したので、床材もパナソニックを考えました。「NEW オーマイティフロア シグノ サニタリー用」です。これの欠点は風情がないこと。でも掃除のことなどを考慮すると、こういうものは捨て難いですよね。


週からは屋根は板金工事に入る予定で、そうなると大工さんは床に取り掛かるのかなあと勝手に想像。早くきれいな床にお目に掛かりたいです。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。少しはこの記事が役に立ったと思われたら、是非応援のクリックをお願いします。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

壁紙用和紙を捜す=川島企画=

  • 2009/02/17(火) 22:17:02

トトロの家では壁紙に和紙を使おうと考えている場所が2カ所あります。玄関の壁1枚と床の間の正面です。和紙は和紙でもべったりと1枚を貼るのではなく、50センチ四方ぐらいの和紙の隅を重ねながら貼っていく手法でと希望しています。そして、肝心の和紙も最近はクロスメーカー大手のリリカラなどからも素敵な物が出ていますが、カタログを見ても何か1つオリジナリティに欠ける気が・・・。そこで、友人でもあるクロス屋さんに相談したら、「川島企画」を紹介されました。

川島企画は「紙ism KAMISM」と称して、「常に時代の流れと空気感を取り入れたデザイン、そして日本古来の伝統技法を熟知した職人の技術力で、オリジナリティ溢れる和紙をご提供していく」主義(-ism)を掲げているのだそうです。

「おぉ素晴らしいねえ」と期待しながらサイトのカタログを見ていたのですが、いかんせんページの写真が小さ過ぎ、またこの会社では壁紙用だけでなく照明用の和紙も扱っているため、どの紙が適当なのかよくわかりません。

という次第で、次男を連れて日本橋馬喰町にあるショールームまで行ってきました。
結論:「和紙の使用を考えている皆さん、一度は川島企画を訪れる価値があります!」

応対してくれた女性もとても感じが良く、また事前の言い聞かせが功を奏したのか次男もなかなかおとなしく、無事いくつかの壁紙をピックアップできました。

まずは玄関の壁用↓。ここは赤系統を考えています。
玄関壁 和紙 候補


床の間の正面↓。淡い白の和紙も良いんだけど、墨色はどうかなあと選んでみました。
床の間背面 和紙 候補


そして、床の間の隣りにある床脇の違い棚の扉用↓。
床脇違い棚 和紙 候補
普通は金箔のような紙が貼られており、実際オリジナルのトトロの家も金箔が貼られていました。でも一部欠けているし、貼り直しの場合を考えて選んでおきました。本物の金箔はロットでウン十万円、シート1枚でもウン万円というお値段で、びっくり仰天。そこで金銀に見えるタイプを探しました。あ、下の白は床の間の正面用です。


ま、どんなことにも言えるのですが、とにかく百聞は一見にしかず。是非素敵な和紙の世界を訪れてみて下さい。でもね~、これも川島企画への苦言になりますが、ショールームは土日に開いていないのです。だから仕方なく私が平日に出掛けたのですが、本当は夫と一緒に選びたい。「土曜日だけでもオープンして下さい、川島企画さん!」



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。インテリアのヒントになりましたか? もし参考になりましたら、是非クリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

建具の打ち合わせが近くあるそうだ

  • 2009/03/01(日) 21:43:45

木製建具工事として154万円も計上されているトトロの家(アルミサッシは50万程度で済んだというのに)。近くその建具のデザインの打ち合わせがあるそうで、楽しみにしています。

CIMG2434_convert_20110628131200.jpg
基本的には既存のものをきれいにして再利用し、「既存建具清掃費」として65,000円計上されています。が、↑これらがちゃんときれいに蘇ってくるんやろうか・・・と、ちょっと心配。

やはり上の写真に見えるガラス戸の、破損したガラス交換も8万円が計上されているけれども、あのオリジナルのガラスは年代物でもう制作されていないという話だし、どいういったガラスで埋め合わせがされるのだろう・・・。

そして、既存物以外に雨戸のように作り直したり、新たな場所に必要となる戸を作成したりする部分も少なくありません。それらのデザインは凝り出せばきりがなく、その分費用もどんどんかさむという神明建設の話で、現在神明建設でもともとの予算に見合った建具のデザインを、建具屋さんと相談しながら作成してくれています。

先日これまでに掛かった費用を把握した私たち(こちらの記事)。ほとんどの建具は恐らく無垢の木での作成でしょうし、実際トトロの家にはそれが相応しいと思うので、減額は無理でしょうが、できればこれ以上の追加費用は避けたく、この154万円で気に入ったデザインを提案されるよう願うばかりです。楽しみでもあり、恐怖でもあります。

そして、何よりも吹きさらしになっている南側と東側を雨戸でいいので、早くふさいであげたいと思うのです。そういえば、中2階も建具が一切ないので同じように吹きさらしです。雨戸にデザインの多様性はないと思えるので、トトロの家のために早く決めてしまおうっと。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。目下の懸案事項は収納棚の割り振りを決めること。持ち物の把握も必要で、結構大変な作業で、ブログを更新する時間をなかなか持てません。応援のクリックを是非お願いします。または興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

木曽アルテックと香咲

  • 2009/03/26(木) 23:45:30

ちょっと前の話になりますが、22日(日)に木曽アルテックという会社のショールームへ行ってきました。木曽アルテックはもともとは木工会社のようですが、私たちはそこが出している和紙、特に漆和紙に興味を持ち、東京は外苑前にあるというショールームを訪ねたのでした。

漆和紙をどこに使うかといいますと、玄関の壁にアクセント的に使いたいな、と。この壁紙を探し求めて川島企画という会社のショールームを訪ねたことも以前この記事で紹介しました。

漆和紙は格好良かったです。漆ですからつやがあり、普通の和紙では地味だと思ってしまう妻のお気に入りとなりました。そして、木曽アルテックでは漆和紙のみならず柿渋和紙も作っていました。外壁に柿渋塗装を自分たちで施した私としては、「柿渋はもう結構」という気持ちが若干ありましたが、ショールームの壁に貼ってある「灰かぶせ」という和紙に一目惚れ。これは柿渋を塗った和紙に灰をまいたものだそうです。貼ってから5年ほど経っており、灰の下から柿渋の色がじんわりとにじみ出ていて、とても渋い美しさでした。

↓サンプルとして貰ってきた漆和紙と灰かぶせ(一番手前の紙)、そしてカタログです。
木曽アルテック 漆和紙サンプル
灰かぶせの新品は写真のように、ベージュがかった灰色一色に近いのですが、年月と共に柿渋が浮き出てくるとのこと。これを床の間に貼りたいなあと夫と意見が一致しました。

漆和紙は水に強いので、水回りにも使えるそうで、実際ショールームではミニキッチンの前壁に貼られていました。ま、あのミニキッチンが毎日じゃぶじゃぶと使われているとは思えませんがね。


      ***      ***      ***      ***

外苑前には会社員時代によく通っていた「香咲(かさ)」という名前のカフェ(お店自身では「珈琲専門店」と名乗っている)があり、今回久しぶりに行ってきました。

会社の後輩(男性)が学生時代バイトしていたという場所で、彼に連れられて行ってからお気に入りとなりました。お店の雰囲気もさることながら、ケーキがおいしいのです。ココナツ入りのバナナケーキは大好物でしたが、今もまだ定番として残っていたことが嬉しかった~。皆様も是非お試しあれ。お店のスタッフも青山という場所に似合う外見でいながらとても感じの良い人達ばかりというのもお気に入りの理由の一つでした。

なぜかデートで使ったという記憶はあまりなく、専ら女友達とよく来ていたことばかりを覚えています。中でも、1年間ほど研修生として私が働いていた会社にいたドイツ人のカロ(カロリンの愛称)と、ここでドイツ語の勉強を見てもらったことを、今回強烈に思い出しました。カロがよく座っていた場所に夫と息子たちが座り、例のバナナケーキを食べている様子を、カロにメールで送るためにデジカメにおさめたのでした。

この香咲を紹介してくれたS君がバイト時代に書いたというトイレの張り紙がまだ残っていました。S君のでかい図体に似合わない字体が特徴的で、すぐに彼が書いたと分かる物でした。彼が社会人になり、つまり香咲でのバイトを終えて何年も経つというのに「まだ貼ってあるよ」と当時はよくからかっていたのですが、更にあれから今まで15年以上という時間が過ぎています。張り紙がアンティークになりつつあります。

ベルコモンズから少し歩きますが、おいしい(らしい。私は紅茶専門なのでわかりません)珈琲とケーキを戴くことができます。落ち着いた雰囲気でもあり、個人的にはかなりお薦めです。ちょっと高いけど、これは東京価格と言えないこともない。

  香咲  東京都渋谷区神宮前3-41-1 




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。読んで下さってありがとうございます。段々とゴールに近付いています。応援のクリックを戴けますと、とても励みになります。あるいは興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。