スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備の紹介 =暖房 その1=

  • 2008/12/25(木) 17:11:02

回は寒い季節の現在、トトロの家の暖房についてお話したいと思います。暖房器具のみならず断熱のことなども。

以前から何度か「トトロの家は低断熱・低気密」と述べておりますが、請負工務店である神明建設の名誉のために申しますと、施工程度が悪くてそうなっているのではありません。さらに、厳密に言いますと、断熱について言えば「低」ではないかもしれません。


ずは断熱の話から始めましょう。
使用する断熱材についてもマモ家は散々悩み、意見を二転三転させてきました。結論としては、床と屋根裏にはスタイロフォーム、壁にはロックウールを使用します。当初はこのスタイロフォームとロックウールに難色を示したマモ家です。

スタイロフォームは燃性と言われていますが、燃性ではありません。また、燃えてしまった場合の毒性を憂慮しました。最近の家では、炎で焼け死ぬのではなく、室内機器や内装材などから発生する毒ガスで死ぬケースが増えているようですから。

ロックウールは湿気を吸った場合のへタレ具合と施工者への健康被害が心配でした。あ、へタレの問題は施工方法に負うところが随分と大きいようですね。ですので、神明建設においては心配無用のようです。

そこで、この両者に対する心配を解消し、またお金もそんなにかからないものはないのだろうか・・・と探し出したのが、パーフェクトバリアなるものです。雑誌のチルチンびとの記事で私たちはこの断熱材を知り、その後あちこちのサイトで評判を読みましたが、高評価が多いですね。価格もスタイロフォームでの施工よりも少し高いぐらいでした。

しかしながら、トトロの家は真壁造りで、詳しいことは理解できませんでしたが、パーフェクトバリアでは納まりなどができないことはないけれど難しいとのことでした。なんでも筋交い部分の納まりがどうのこうのらしいです。パーフェクトバリアにも筋交い用というものもあるんですけど、ちょっと違うらしい。で、その点を解消するのが吹き付けの断熱材。でも単価は高い。あーでもないこーでもないと工務店とも話し合った結果、スタイロフォームにロックウールとなったのでした。


使用される断熱材はまあ一般的なものですよね。
それではなぜ「低断熱」と自嘲気味な表現をしていたのでしょうか? 
まずはトトロの家の平面図をご覧下さい↓(クリックで大きくなります)。
1/50 1階平面図 上が北、下が南方向です。

南に面しているLD(12畳)と和室(10畳)はオリジナルのトトロの家をほぼそのままで使います。もっともLDは畳ではなくてフローリングにしますが。この一番過ごす時間の長い2つの部屋にはほとんど壁というものがありません。北側を除いてほとんど建具なのです(建具上部は真壁です)。ですので、断熱したくてもできません。しかも建具は今時のサッシではなく、ガラス戸&雨戸という組み合わせです。広縁と部屋の境は障子戸です。ちなみに床については後ほど紹介します。

↓これらが再利用するガラス戸です。雰囲気はあるけれど寒そうですよね。
ガラス戸


北側居室(9畳)は崩壊していた部屋群を取り壊し、新しくつくり直します。そして大壁としますので、この辺りは断熱にこだわりたいところです。実際、北側だけではなく台所なども新しく取り付ける窓はすべて樹脂製の窓枠(YKKのエピソード)にペアガラスとしました。そして断熱材は記述の通り、壁にはロックウールを詰めます。

このように、トトロの家は南と北とでは断熱および機密性能に非常に大きな差があるのです。そこで主に過ごすことになる南側を少しふざけて「低断熱」と称しているのです。おまけに開口部がガラス戸ですから「超低気密」でもあります。あまりに低気密で結露も生じないのではと工務店に言われる始末です。


さて床の断熱についてです。
特筆すべきは(我が家にとっての「特筆」だけども)、広縁の床下というか裏にも断熱材(スタイロフォーム)を張ってもらうことです。これは断熱のためというよりは隙間風を防ぐためですね。当初は和室にも床下の断熱なしと言われていました(予算を削るため)。厚い畳が断熱材の役割をも果たすのだそうです。当然あると思っていた妻はびっくり。いくら畳が厚いといえども・・・。でも2~3万円の増額で断熱材をプラスすることができるという話だったので、すぐに頼みました。

開口部が大きいとはいえ、一応入れられるところにはきちんと断熱材が施工されるので、そんなに低断熱ではないですよね?

・・・本当は暖房器具についても書くつもりだったのに、どうして私はいつもこう話が長くなるのでしょう・・・。暖房器具については次回とします。お付き合い下さりありがとうございました。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。思いもかけずたくさんの方に見て頂いているのですが、ブログランキングに反映される下のボタンのクリックが多くはないようです。ぽちっとして頂けるととっても嬉しいです。面倒ではあるんだけども(苦笑)。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

設備の紹介 =暖房 その2=

  • 2008/12/26(金) 09:03:35

暖房の話を1回で終わらせるつもりが、なぜか長くなり2回にわたります。今回は暖房器具の話です。

トトロの家は何度か言及していますが、薪ストーブを入れます。ヴァーモントキャスティング社のアンコール(黒)です。いいお値段ですが、最大燃焼時間は10時間、最大暖房面積は177㎡(約54坪)と謳っており、中2階も含めて約37坪のトトロの家を、たとえ低断熱・低気密と言えでも十分暖めてくれるはずです。
薪ストーブ アンコール  (写真のみ。リンクしていません。)

ところで、このアンコールという機種には「アンコール エヴァーバーン Encore Everburn」という別種もありました(この記事を書くために調べていて気付いた間抜け)。ただのアンコールが触媒で二次燃焼を起こしている仕組みに対して、エヴァーバーンは触媒を使わない独創的二次燃焼室を採用しているとのこと。最大暖房面積は46坪と若干少なくなるものの、定期的に買い替えなくてはならない触媒を使用しない、また薪ストーブ本体も10万円弱安いというのは大きな美点ですよね。う~ん、また悩んでしまいます。

さて、寒がりの妻は薪ストーブだけでは満足せずに、床暖房(ガス温水式)も導入します。この床暖房を設置する場所も二転三転し、工務店やガス屋さんに見積もりなどでご面倒をお掛けしました。リビングと台所にというのは最初から決まっていたのですが、北側の9畳の居室に入れるかどうか大いに悩みました。あれば絶対に快適になるとは分かっていましたが、その費用対効果と、9畳は2つの子供部屋になる予定なので、子供たちをそこまで甘やかすかどうかという2点でした。

費用はですね、フローリングも床暖房対応品となるために、設備と床材などの合計でプラス30万円近くになります。だったら、温水コンセントを付けておいてガスファンヒーターの方がはるかに安上がりです。

また、2番目の子供を甘やかす云々については、-これは親の価値観の問題ですが-、夫は暑い寒いのストレスに耐えられない子供が世の中のストレスに耐えていけるはずがないと、家中を敢えて全ては快適にしないという考え方の持ち主なのです。でも既に世の中のストレスに耐えてきた妻のことも考えてほしいわ。ぐちぐち…。寒ければ着ろ、暑ければ脱げというわけ。

で、結論としては9畳の床暖房はなくなりました。次はトイレに入れるかどうかも少し悩みました。というのも、以前トイレの記事にて書きましたが、ひょっとするとマモ家は暖房便座なしのトイレを設置するかもしれません。その際にはトイレルームそのものが暖かいことが前提となります。ドイツの家のトイレには暖房便座なんてなかったけれど、特に不快にも不便にも感じなかったんですね。理由を考えてみたところ、ドイツの住居は全館暖房ですので、そのバスルーム(トイレとバスタブが同じ部屋にある)の暖かさのお陰かと。ま、これも必須ではないと思い、なしとなりました。

LDも薪ストーブがあれば床暖房はいらないという話も聞きましたが、薪ストーブを点けるほどでもない寒さの時に床暖房を使いたいと思っています。寒い冬を過ごしていると、特に新潟の家にいると北側9畳の部屋にもやはり導入した方が・・・と思ってしまいますが、ガスファンヒーターを使います。来年の冬はどのような感想を持つのでしょうか。自分自身楽しみです。

そして、他の暖房器具としては浴室と脱衣所にガス式の浴室暖房乾燥機を設置します。もともと電気式よりガス式の方が強力という話をよく目にしますし、またトトロの家の浴室はシステムバスではなく在来工法となる可能性が高いので、システムバスとセットとなっているような電気式は不可となりました。ちなみに、浴室と脱衣所は別棟につくるのでまだ詳細が決まっていません。

以上がトトロの家の暖房の全てです。いかにも寒そうな家の造りと局所的な暖房設備ですが、それでいいの!(と強がっています) 千葉は新潟に比べれば随分と温暖ですし、吐く息が白い広縁というのも乙ではありませんか。家族全員で冬を実感しますね。

(2009年1月10日追記)
夫に薪ストーブのエヴァーバーンの話をしたところ、既に彼はちゃんと知っていました。な~んだ。で、夫は知っている上でただのアンコールの方を選んだんだそうです。触媒は確かに高いけれど、車に例えると触媒付きはターボエンジン付きのようなもので(と彼は理解している)、燃焼効率も暖房最大暖房面積も触媒付きの方が数値が高いと。この数値そのものも家の条件によって変わるわけで、条件が悪い部類に入るトトロの家においては、なおさらこの少しの数値の差がものを言うだろう、という話でした。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。思いもかけずたくさんの方に見て頂いているのですが、ブログランキングに反映される下のボタンのクリックが多くはないようです。ぽちっとして頂けるととっても嬉しいです。面倒ではあるんだけども(苦笑)。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

パナソニック社の「ライフィニティ」

  • 2009/01/30(金) 22:03:06


「ライフィニティ」とは何ぞや?という質問に対しては上手く答えかねますので、パナソニックのこちらのサイトをご覧下さい。文系人間の妻の理解では、宅内LAN(「ひらいてネット」が組み込まれていて2~4カ所の接続が可能)とセキュリティシステムが合体したものと思っています。この類いの機器設備は夫の分野なので、妻がこの記事を書いてもあまりよく伝わらないのではと危惧していますが、夫はこのブログとはノータッチなので仕方がない。

えっと、夫がこのライフィニティを選んだ理由は以下の1つ。

家の異常を留守時でもメールにて(パソコン・携帯ともに可)通知してくれる。

留守時の訪問が、若干の時差を生じさせるものの、登録したメールアドレス(7つまで登録可能)に通知され、また、インターフォンを押した来訪者だけでなく、外部のカメラ子機で感知した侵入者や、火災報知器もセットになっているので火災発生もメールでお知らせされるのです。

いくつかのセットプランがあり、「外からスイッチ」を利用すると外出先から照明・床暖房・エアコンのスイッチの操作ができるそうですが、トトロの家ではそこまでは必要ないので却下。

このライフィニティは、以前照明のために汐留にあるパナソニック・リビング・ショウルームに出かけた際にたまたま見付けたものでした。パンフレットを貰い夫なりに研究をして、神明建設にこのシステムの採用を考えている旨を伝えたところ、パナソニックの人が説明に来ると言うのです。

で、本日がその日で、平日は夫は仕事のため妻が代わりに夫からの質問リストを抱えて神明建設へと出掛けました。夫の来れる土曜日にしてくれよとか、時間まで勝手に指定して殿様商売だなと、夫と文句を言っていたのですが・・・。

何とこんな↓大層なプレゼンテーションが待ち受けていました。
ライフィニティ説明会


しかも説明の担当者はわざわざ汐留からいらしたそうで、神明建設のある茂原までご苦労様でした。これが私一人のためだけだと非常に恐縮ものですが、神明建設の若旦那と若夫人(設計担当)もこのシステムを目の当たりにするのは初めてということで、一緒に授業?を拝聴しました。もう一方、神明建設の設備機器卸し担当であるヨシモクさんも勉強のために参加。みんなで「へ~」「ほ~」を連発してました。

セキュリティシステムもトトロの家にとっては必要十分のものですし、内蔵されている宅内LANシステム「ひらいてネット」も4カ所まで接続可能ということで、仮に我が家で一人1台パソコンを所有したとしても間に合うので、これまた必要十分ですね。恐らく採用となることでしょう。

あまり参考にならない内容でしたが、セキュリティシステムをお考えの方に、取り敢えずこんな商品もありますよという記事でした。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。ランキングが上がるととても励みになります。ちょっとは参考になったと思われたら、応援のクリックをお願いします!あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。